【2018年版】LINEでブロックされたか確認する4つの方法 「スタンプのプレゼント」だけじゃない、自分向きのやり方とは

2018-11-03 7:22
記事タイトルとURLをコピーする

【2018年版】LINEでブロックされたか確認する4つの方法 「スタンプのプレゼント」だけじゃない、タイプ別おすすめワザとは

LINEで相手にブロックされているのか否かーー。メッセージに既読がつかない状況が長く続くと不安になってしまう人も多いでしょう。

そこで本記事では、こっそり調べたい慎重派におすすめの方法や今すぐ白黒つけたい直球勝負派にぴったりの方法など4つのLINEブロック確認方法を紹介します。相手との人間関係や状況に合わせて、自分に合ったブロック確認方法を試してみてください。

どれが自分向き? LINEでブロックされているか確認できる4つの方法

LINEブロック 4つの方法

2018年現在、LINEで相手にブロックされているかを調べる方法は少なくとも4つ存在します。

4つのブロック確認方法
  1. LINEスタンプ/着せかえ/絵文字のプレゼントを試みる
  2. 無料通話をかけてみる(Android版限定)
  3. 複数人トークを作成してメッセージを送信してみる(協力者が必要)
  4. ブロックされた兆候を総合判断

では、どの方法を選べばいいのか。結論から言えば、自分の性格や自分と相手との関係によってベストの選択肢が変わってきます。

ここでポイントになるのは、難易度(確認する際の手軽さ)と確実性(ブロックされていることを確認できる可能性)、そして相手にブロック確認行動がバレてしまう可能性の有無の3点です。

  • 難易度
  • 確実性
  • 相手にブロック確認行動がバレてしまう可能性の有無

とくに3点目の「相手にブロック確認行動がバレてしまう可能性の有無」が気になる人は多いはず。試してみる方法によっては、相手側のLINEに着信履歴が残ったり、通知やメッセージが届いたりすることがあります。それに伴って相手とのコミュニケーションが発生するおそれがあるので、そのリスクを避けたいのであれば確実にバレることがない方法を選択する必要があります。

これら3つの観点から編集部がおすすめするブロック確認ワザは以下のとおり。Android版LINEとiPhone版LINEに分けて紹介します。

Android版LINEなら「LINEの無料通話」か「スタンプのプレゼント」

Android版LINEなら「LINEの無料通話」か「スタンプのプレゼント」

Android版LINEのブロック確認方法
ブロック確認ワザ 難易度 確実性 相手にバレる可能性
無料LINEスタンプをプレゼントする ふつう ほぼ確実 なし
有料LINEスタンプをプレゼントする ふつう ほぼ確実 なし
LINEの無料通話 かんたん 確実 あり
複数人トークを作成してメッセージを送信する ふつう 確実 あり
総合判断 むずかしい 不確実 なし

相手にバレても構わない場合

確実にブロックの有無がわかる方法は、「LINEの無料通話」「複数人トークを作成してメッセージを送信する」の2つです。

もっとも簡単に確認できるのは「LINEの無料通話」。難点は相手がブロックしていなかったら相手に着信してしまうこと。もちろん着信履歴も残ります。

いっぽうの「複数人トークを作成してメッセージを送信する」は、第三者(友だち)の協力が必要になるので少し面倒です。また、ブロックされていなかったら、相手にメッセージが届いてしまいます。

どちらも難しくはなく確実にブロックの有無がわかる方法なので、相手と気軽に連絡を取り合える仲なのであれば、これらのやり方をおすすめします。

絶対、相手にバレたくない場合

こちらのブロック確認行動がバレると気まずくなりそうな相手なら、スタンプ/着せかえ/絵文字(有料でも無料でもOK)を複数プレゼントする方法がおすすめです。少し面倒な手順になりますが、相手にバレずに、こっそり確認ができます。

iPhone版LINEなら「複数人トーク」か「スタンプのプレゼント」

iPhone版LINEなら「複数人トーク」か「スタンプのプレゼント」

iPhone版LINEのブロック確認方法
ブロック確認ワザ 難易度 確実性 相手にバレる可能性
無料LINEスタンプをプレゼントする ふつう ほぼ確実 なし
有料LINEスタンプをプレゼントする(LINE STORE経由) むずかしい ほぼ確実 なし
複数人トークを作成してメッセージを送信する ふつう 確実 あり
総合判断 むずかしい 不確実 なし

相手にバレても構わない場合

距離感が近い相手なら、第三者(友だち)に協力してもらい、複数人トークを作って確かめる方法が簡単かつ確実なのでおすすめです。ただし、相手がブロックしていない場合、メッセージ通知が届くリスクが伴います。

絶対、相手にバレたくない場合

無料の「隠しスタンプ」をプレゼントする方法なら相手にバレることはありませんが、同じスタンプを持っていると、ブロックされているかどうか断定ができなくなるので100%は保証できません。

LINEブロック確認方法(1):LINEスタンプ/着せかえ/絵文字のプレゼントを試みる

LINEブロック確認方法(1):LINEスタンプ/着せかえのプレゼントを試みる

ブロック確認をしているかが絶対に相手にバレない方法が、「LINEのスタンプ/着せかえ/絵文字のプレゼントを試みる」ことです(以下、とくに断りがない限り、着せかえ・絵文字に関する説明は省略)。メッセージや通知が相手に届くといった痕跡が残らないので、水面下でこっそり調べたい場合には最も有効だと言えるでしょう。

この確認方法の仕組みはかんたん。LINEスタンプなどをプレゼントしようとしても、ブロックされている相手に贈ることができなくなることから、「プレゼントできない≒ブロックされている」と判断できるのです。ただし、プレゼントしたものと同じスタンプを相手がすでに持っていると、ブロックされているときと同様にプレゼントできなくなる現象が起きるため、プレゼントしたときの挙動だけでは断定できません。

そのため、"相手がおそらく持っていないであろう"スタンプを使ってプレゼントを試みるのが、ブロックを確認するうえで重要なポイントとなります。

Android版LINEの場合iPhone版LINEの場合とでは最適な方法が異なるため、以下では個別に解説していきます。あわせてLINEストアを利用したブロック確認テクも説明します。

【参考】LINEスタンプの購入・プレゼントの可否
有料スタンプ 無料スタンプ
購入 プレゼント ダウンロード プレゼント
Android版LINE
iPhone版LINE × △ ※
LINEストア
※ ダウンロード条件が「無条件」、かつ、配信元がLINEではない場合はプレゼントできる

Android版LINE:LINEスタンプのプレゼントでブロックされたか確認する方法

Android版LINEであれば有料か無料かを問わず、"相手がおそらく持っていないであろう"スタンプを何種類かプレゼントしてみることで、ぼぼ確実にブロック確認ができるでしょう。

"相手がおそらく持っていないであろう"スタンプとして利用するのにおすすめなのがクリエイターズスタンプです。というのも、クリエイターズスタンプは膨大な種類のスタンプが配信されているため、マイナーなスタンプや相手の趣味とはベクトルの違うスタンプを簡単に見つけられからです。

1「スタンプ情報」画面で[プレゼントする]をタップする

 
LINEブロック確認方法(1):LINEスタンプ/着せかえのプレゼントを試みる Android版

LINEの「ウォレット」タブから[スタンプショップ]に移動します。相手なら絶対に選ばないだろうな、と思うスタンプを選んでください。「スタンプ情報」画面で[プレゼントする]をタップします。

2確認したい相手を選ぶ

LINEブロック確認方法(1):LINEスタンプ/着せかえのプレゼントを試みる Android版

次にブロックされているか確認したい相手を選んでタップし、[選択]してください。

3表示画面の内容を確認する

LINEブロック確認方法(1):LINEスタンプ/着せかえのプレゼントを試みる Android版LINEブロック確認方法(1):LINEスタンプ/着せかえのプレゼントを試みる Android版

左:ブロックされていないときの画面表示右:ブロックされている可能性が高いときの画面表示

左の画像のようにプレゼント確認画面へ移動した場合は、ブロックされておらず、かつ、相手がスタンプを持っていない状態を意味します。

逆に右の画像のように「◯◯はこのスタンプを持っているためプレゼントできません。」と表示されれば、ブロックされている可能性が高い状況です。

もっとも、贈ったスタンプを相手が所持している場合も同じ文言が表示されます。したがって「◯◯はこのスタンプを持っているためプレゼントできません。」と表示されたとしても、何回かプレゼントを実行してみないことには高い精度でブロックの有無を判断できません。何度か挑戦してみた結果、すべて「プレゼントできません。」と出てしまったら、ほぼ確実にブロックされていると認めざるを得ないでしょう。

ブロックの有無・スタンプ所有の有無によって、スタンプをプレゼントしようとしたときの画面表示は異なる
相手にブロックされているか
ブロックされている ブロックされていない
相手が同じスタンプを持っているか 持っている プレゼントできません プレゼントできません
持っていない プレゼントできません プレゼントを購入する
プレゼントしますか?
※ すでに第三者にスタンプをプレゼントされているが相手が未だダウンロードをしていないときも「プレゼントできません」と表示される

着せかえ/絵文字のプレゼントでブロック確認

着せかえや絵文字でも、スタンプの場合と同じ手順でブロックされているか確認できます。

LINEブロック確認方法(1):LINEスタンプ/着せかえのプレゼントを試みる Android版LINEブロック確認方法(1):LINEスタンプ/着せかえのプレゼントを試みる Android版

相手が持っていないであろう着せかえのプレゼントの場合、相手にブロックされていると、「◯◯はこの着せかえを持っているためプレゼントできません」と表示されます。絵文字の場合だと「◯◯はこの絵文字を持っているためプレゼントできません。」と表示されます。

LINEで着せ替えをプレゼントする方法、プレゼント(購入)できない理由も解説

LINEで絵文字をプレゼントする方法、プレゼントできないケース・理由も解説

iPhone版LINE:LINEスタンプのプレゼントでブロックされたか確認する方法

iPhone版LINEの場合は有料スタンプをプレゼントできません。そのためブロック確認には無料スタンプを利用しますウェブのLINEストアでは有料スタンプもプレゼント可能)。しかも後述するように、利用できる無料スタンプは無条件でゲットできるものに限られます。

無料スタンプが配布されている場所は、おなじみの「スタンプショップ」です。「ウォレット」タブ→[スタンプショップ]→[イベント]で見つけるのが一般的なルートでしょう。

LINEブロック確認方法(1):LINEスタンプ/着せかえのプレゼントを試みる iPhone版LINEブロック確認方法(1):LINEスタンプ/着せかえのプレゼントを試みる iPhone版

条件付きのスタンプを選ぶと、条件クリアによって自分はダウンロードできるが、相手にプレゼントできるボタンが出てこない

ここで困るのは、スタンプ名の下に「条件クリアでスタンプGET!」や「友だち追加でスタンプGET!」と書かれている無料スタンプを友だちプレゼントできないこと。他方、無条件で配布されているスタンプであれば、友だちにプレゼントすることができます。 

この無条件でダウンロードできる無料スタンプは、LINEアプリ内のスタンプショップではなかなか見つけられません。なぜなら無条件でダウンロードできる無料スタンプは、いわゆる「隠しスタンプ」と呼ばれる、スタンプショップに登場しないスタンプであることが大半です。「隠しスタンプ」探しには、無料スタンプのまとめ(隠しスタンプ含む)を紹介しているアプリオの記事(毎週更新)をぜひ活用してください。

「隠しスタンプ」はブロック確認に適した存在

「隠しスタンプ」のダウンロードページには、スタンプショップやLINEストアからの動線が用意されていません。よって、通常の無料スタンプよりも相手が所持している確率は低いと考えられるため、ブロックされているかの確認に役立ちます。

1隠しスタンプから[無条件クリア]の無料スタンプを選択する

LINEブロック確認方法(1):LINEスタンプ/着せかえのプレゼントを試みる iPhone版LINEブロック確認方法(1):LINEスタンプ/着せかえのプレゼントを試みる iPhone版

初めに下記記事にアクセスします(SafariやChromeを使っているのであれば新しいタブでリンク先ページを開きましょう。本記事と下記記事をタブ切り替えで表示できるので便利です)。

【LINE】無料スタンプおすすめランキング・隠しスタンプまとめ

「LINE隠しスタンプまとめ」の一覧で「無条件でゲット」できるスタンプを見つけたら[スタンプを確認]をタップします。見つからなかった場合は、LINEストア経由でプレゼントを試す必要があります。

移動先のページで[無料ダウンロード]をタップすると、LINEアプリが起動して「スタンプ情報」ページが開きます。ここから相手にスタンプをプレゼントできます。

配信元が「LINE」の無条件クリアの無料スタンプは、友だちにプレゼントできない!?

LINEブロック確認方法(1):LINEスタンプ/着せかえのプレゼントを試みる iPhone版LINEブロック確認方法(1):LINEスタンプ/着せかえのプレゼントを試みる iPhone版

無条件でゲットできるスタンプの場合、上の2つのパターンがあります。左の「ヤクルトマン vol.2」の場合、[プレゼントする]の項目がありますが、右のスタンプは無条件なもののプレゼント画面はなく、ダウンロードボタンのみが表示されています。スタンプの配信元が「LINE」であると、プレゼントができないようです。

2[プレゼントする]をタップする

無条件ゲットできる無料スタンプをプレゼントする

[プレゼントをする]をタップします。

3確認したい相手を選ぶ

LINEブロック確認方法(1):LINEスタンプ/着せかえのプレゼントを試みる iPhone版

ブロックされているか確認したい相手を選び、右上の[OK]をタップしてください。

4表示画面を確認する

LINEブロック確認方法(1):LINEスタンプ/着せかえのプレゼントを試みる iPhone版LINEブロック確認方法(1):LINEスタンプ/着せかえのプレゼントを試みる iPhone版

左:ブロックされていないときの画面表示右:ブロックされている可能性が高いときの画面表示

左の画像のようにプレゼント確認画面へ移動した場合は、ブロックされておらず、かつ、相手がスタンプを持っていない状態を意味します。

右の画像のように「この友だちにはスタンプをプレゼントできません。ほかの友だちを選択してください。」と表示されれば、ブロックされている可能性が高くなります。

もっとも、贈ったスタンプを相手が所持している場合も同じ文言が表示されます。したがって「この友だちにはスタンプをプレゼントできません。ほかの友だちを選択してください。」と表示されたとしても、何回かプレゼントを実行してみないことには高い精度でブロックの有無を判断できません。何度か挑戦してみた結果、すべて「プレゼントできません」と出てしまったら、ほぼ確実にブロックされていると判断できます。

ブロックの有無・スタンプ所有の有無によって、スタンプをプレゼントしようとしたときの画面表示は異なる
相手にブロックされているか
ブロックされている ブロックされていない
相手が同じスタンプを持っているか 持っている プレゼントできません プレゼントできません
持っていない プレゼントできません プレゼントを購入する
プレゼントしますか?
※ すでに第三者にスタンプをプレゼントされているが相手が未だダウンロードをしていないときも「プレゼントできません」と表示される

LINEストア版:LINEスタンプのプレゼントでブロックされたか確認する方法

LINEスタンプはLINEアプリ内のスタンプショップだけでなく、ウェブのLINEストアでも購入・ダウンロード・プレゼントが可能です。

ブロック確認の場面でLINEストアを重宝するのは、iPhoneユーザーの皆さんです。iPhone版LINEアプリ内のスタンプショップでは有料スタンプをプレゼントできないのに対して、LINEストアからだとiPhoneユーザーでも有料スタンプをプレゼントできるからです。

無料スタンプでの検証だけでは不十分だと感じるiPhoneユーザーの皆さんは、LINEストアから有料スタンプをプレゼントする方法を利用して、相手にブロックされているかを確かめるといいでしょう。

iPhoneでLINEのスタンプをプレゼントする方法──プレゼントできない原因や、ポイント・コイン利用上の注意点も解説

1ブラウザから「LINE STORE」にログインする

LINEブロック確認方法(1):LINEスタンプ/着せかえのプレゼントを試みる iPhone版

LINEストアはSafariやChromeなどのブラウザから開く必要があります。ログインなどに多少の手間はかかりますが、相手が持っていなさそうなマイナーな有料クリエイターズスタンプを使ってブロック確認ができるので、相手にブロックされているかをぼぼ確実に判別できるでしょう。

LINEストア(LINE STORE)の使い方 超入門──ログイン・チャージの方法、プリペイドカードによるスタンプ・絵文字の買い方など

2クリエイターズスタンプを選んで[プレゼントする]をタップする

LINEブロック確認方法(1):LINEスタンプ/着せかえのプレゼントを試みる iPhone版

クリエイターズスタンプを決めたら、[プレゼントする]をタップしてください。

3確認したい相手を選ぶ

LINEブロック確認方法(1):LINEスタンプ/着せかえのプレゼントを試みる iPhone版

次に確認したい相手を選択し、右上の[OK]をタップします。

4画面表示を確認する

LINEブロック確認方法(1):LINEスタンプ/着せかえのプレゼントを試みる iPhone版LINEブロック確認方法(1):LINEスタンプ/着せかえのプレゼントを試みる iPhone版

左:ブロックされていないときの画面表示右:ブロックされている可能性が高いときの画面表示

左の画像のようにプレゼント確認画面へ移動した場合は、ブロックされておらず、かつ、相手がスタンプを持っていないということです。

右の画像のように「◯◯はすでにこのアイテムを持っているためプレゼントできません。」と表示されれば、ブロックされている可能性が高いことを意味します。プレゼントしたスタンプを相手が持っている可能性もあるため、他の複数のスタンプでも試してみてください。その結果、すべてプレゼントできない場合、ブロックされているとみて間違いないでしょう。

ブロックの有無・スタンプ所有の有無によって、スタンプをプレゼントしようとしたときの画面表示は異なる
相手にブロックされているか
ブロックされている ブロックされていない
相手が同じスタンプを持っているか 持っている プレゼントできません プレゼントできません
持っていない プレゼントできません プレゼントを購入する
プレゼントしますか?
※ すでに第三者にスタンプをプレゼントされているが相手が未だダウンロードをしていないときも「プレゼントできません」と表示される

LINEブロック確認方法(2):無料通話をかけてみる(Android版限定)

Android版LINEでは、相手に無料通話をかけつづけて応答がなかったときの強制終了メッセージの違いによって、ブロックの有無を100%確実に判断できます。また、自分が相手にブロックされているのであれば、相手側で着信することはありません。

LINE通話の「応答なし」「キャンセル」「不在着信」表示の意味と違い、「ブロック」との関係性とは

iPhone版LINEではブロックの有無に関係なく強制終了メッセージが同じになるため、Android版LINEでのみ使える方法です。

Android版LINEで無料通話をかけてブロックの有無を確認する手順

LINEブロック確認方法(2):無料通話をかけてみる(Android版限定)

手順は簡単です。ブロックされているかどうか知りたい相手に、LINEの無料通話をコールし続けるだけ。強制終了(相手がずっと応答せずシステム的に発信が終了する状態)したのちの表示メッセージが、ブロックされているかどうかの判断材料となります。

LINE「無料通話」の使い方まとめ──仕組みから通知の見方、録音、着信音変更(着うた)、通話できない時の対処法まで

LINEブロック確認方法(2):無料通話をかけてみる(Android版限定)LINEブロック確認方法(2):無料通話をかけてみる(Android版限定)

左:ブロックされていないときの画面表示右:ブロックされているときの画面表示

ブロックされていない場合は、左の画像のように3つのオプションが現れます。もう一度無料通話をかけるか、ボイスメッセージをラインで送るか、それとも電話をかけるのをやめるかです。

残念ながらブロックされている場合は、右の画像のように「応答がありません。(62)」と表示されます(2018年11月現在)。ここ数年来、このバグ(?)のような現象は修正されていません。いずれiPhone版LINEと同様に、ブロックされていないときと同じ画面表示で誤魔化される日がやってくるかもしれません。

【注意】ブロックされていなかったら相手に着信してしまう

相手にブロックされていない場合、無料通話をかけたことで必ず着信履歴は残りますし、相手が電話に出てしまうことも考えられます。そういったリスクがあるため、この確認方法は通話することになっても構わない相手に限定して利用したほうがよいでしょう。

LINEブロック確認方法(3):複数人トークを作成してメッセージを送信してみる(協力者が必要)

身近に協力者がいるならば、複数人トークを利用してブロックされているかどうか調べる方法があります。複数人トーク内の「メンバー数」からブロックを間違いなく判断できる上に、自分が相手にブロックされているのであれば相手に通知がいく心配もありません。

複数人トークを作成してメッセージを送信し、ブロックの有無を確認する手順

1相手とのトークに協力者を招待する

LINEブロック確認方法(3):複数人トークを作成してメッセージを送信してみる(協力者が必要)LINEブロック確認方法(3):複数人トークを作成してメッセージを送信してみる(協力者が必要)

左:ブロックされているかもしれない相手(さゆこ)とのトークルーム右:自分(亜歩りお)が協力者(あぷ子)を招待して複数人トークを作成した

まずはじめに、自分(亜歩りお)と相手(さゆこ)とのトークルームに、協力者(あぷ子)を招待して複数人トークを作ります。自分・相手・協力者の3人の複数人トークが作成された時点では、相手と協力者は複数人トークのトークルームを表示できません。

2メッセージを送信して、協力者の複数人トーク画面を確認する

LINEブロック確認方法(3):複数人トークを作成してメッセージを送信してみる(協力者が必要)LINEブロック確認方法(3):複数人トークを作成してメッセージを送信してみる(協力者が必要)

左:自分側(亜歩りお)の画面。トークルームには3人存在する右:協力者側(あぷ子)の画面。3人いるはずが、2人だ

次に作成した複数人トークのトークルームで当たり障りのないメッセージを送信します。この時点で相手と協力者に通知が飛び、複数人トークのトークルームを表示できるようになります。

協力者側のトークルーム(右の画像)では、参加人数が「2人」になっていることがわかるでしょうか。本来は参加人数が「3人」のトークルームなはずなのに、何か異変が起きているようです。

3協力者のトークメンバーリストを確認する

LINEブロック確認方法(3):複数人トークを作成してメッセージを送信してみる(協力者が必要)LINEブロック確認方法(3):複数人トークを作成してメッセージを送信してみる(協力者が必要)

トークメンバーを見ると、自分側(亜歩りお)のトークルームには確かに「3人」いることになっていますが、協力者側(あぷ子)のトークルームにはやはり「2人」しか存在しません。これが相手にブロックされている証拠となります。

なぜブロックされている証拠となるのか。ブロックの有無によって以下の違いが生じるからです。

トークメンバーリストの人数
自分の画面 協力者の画面 相手の画面
相手が自分をブロックしているか ブロックしている 3人 2人 -
ブロックしていない 3人 3人 3人

自分のことを相手がブロックしていないのであれば、相手がメッセージを送受信したか否かに関係なく、協力者側のトークルームのトークメンバーリストには「3人」全員が表示されます。反対に相手がブロックしているのであれば、協力者側のトークルームのトークメンバーリストには、相手が含まれません(「2人」と表示されます)。自分側のトークルームのトークメンバーリストでは、相手にブロックされていてもいなくても「3人」全員が表示されます。

今回は上記仕様によって、自分(亜歩りお)は相手(さゆこ)にブロックされていることがわかりました。複数人トークの通知やメッセージなどが相手(さゆこ=ブロックした人)に送信されることはありません。

【注意】ブロックされていなかったら相手にメッセージが届いてしまう

もし相手がブロックしていなかった場合、相手に通知やメッセージが届いてしまい、不自然な複数人トークルームが作成される結果となります。複数人トークに誘われた相手方は「なぜ誘われたのか」と疑念を抱くかもしれません。

したがって「複数人トークを作成してメッセージを送信してみる」というブロック確認方法は、相手にメッセージが届いてしまったとしても問題にならないような状況でのみ活用したいところです。

LINEブロック確認方法(4):ブロックされた兆候を総合判断

以下の4つの兆候が多く当てはまるほど、ブロックされている可能性が高いといえます。ただ、あくまでもブロックされた兆候に過ぎないので、100%確実な判断は下せません。

ブロックされた兆候
  1. トークが既読にならない
  2. 既読はつかないのにステータスメッセージやプロフィール画像が更新されている
  3. グループトークでは既読になるのに、1対1のトークは未読のまま
  4. 全体公開の投稿が相手のホーム画面では見られるのに自分のタイムラインでは見られない

以下に示した「ブロックされている可能性」は客観的なデータに基づいていません。あくまでも筆者の判断を数値化したもので、一つの目安、参考値として捉えてください。

ブロックされた兆候1:トークが既読にならない

  • ブロックされている可能性:10%

トークの既読がつかない

「既読」がつかない場合、「単純にスマホを見ていないだけ」「寝てしまっただけ」「返事するのを忘れている」「未読スルーしている」「無視している」など、いろいろな理由が考えられます。

かなり長いあいだ既読がつかないときや、何度もメッセージを送っているのに既読がつく気配がないなら、ブロックされている可能性が無きにしもあらず。しかし、既読がつかいないだけで、ブロックされたと判断するにはまだ早い気がします。

未読スルー? LINEで既読にならない6つの理由

【2018年版】LINEで「既読」をつけずに読む7つの方法【iPhone/Android/PC対応】

ブロックされた兆候2:既読はつかないのにステータスメッセージやプロフィール画像が更新されている

  • ブロックされている可能性:20%

一言コメントが更新されている

プロフィールやひとことが更新されていると、アイコンの右上付近に緑色のドットがつく。また、「最近更新されたプロフィール」枠に表示される

プロフィール画像やプロフィールのステータスメッセージ(ひとこと)は、ブロックの有無に関係なく反映されます。まったく既読がつかないのに、プロフィール画像が変わっていたり、ステータスメッセージが更新されたりしているのであれば、相手はLINEを使っているのに自分とのトークルームを開いていないということになります。

相手の動きが見えてしまった分、ブロックされているかもと不安になりますが、3Dタッチやプッシュ通知などを活用して内容を把握したきり返事を忘れているだけかもしれません。

LINEの「最近更新されたプロフィール」枠とは、非表示にする方法やブロックとの関係も

ブロックされた兆候3:グループトークでは既読になるのに、1対1のトークは未読のまま

  • ブロックされている可能性:30%

グループトークでは既読がつくのに、1対1のトークは未読のまま

グループ「アプリオ家族」は3人が参加している。既読数は「2」となっており、自分を除いたメンバー数と一致するため、全員が読んだことになる

同じグループの中のメンバーにブロックされていたとしても、ブロックされていないときと何ら変わらずにグループトークでやり取りできます。メッセージに既読もつきます。

グループトークでの相手は普通にメッセージを送信している。グループトークでの相手もメッセージを送信しない無言状態だが、自分以外のグループメンバーの人数分の既読がつく(=相手が既読をつけている事実が確定する)。それなのに、自分とのトークルームでは既読を全然つけてくれない……。

この場合、事態はより深刻です。自分との1対1トークで判断するかぎりではLINEを使っていなさそうな雰囲気だったり(兆候1)、LINEでプロフィール設定を変更しただけだったり(兆候2)する場合は、既読がつかなくても仕方がないとも思えます。しかし、グループトークで活動しているのに、自分とのトークでは既読をつけないのは、いささか不自然でしょう。

グループ通話機能ではブロックの有無はわからない

グループ通話でブロックされたかどうかはわからないグループ通話でブロックされたかどうかはわからないグループ通話でブロックされたかどうかはわからない

もともとグループ/複数人のトークに参加していた状態で、途中でブロックされたとしても、グループ通話の通知は全員に届くため、ブロックされているかどうかの判断はできません。そもそもブロックされていた状態でグループが作られた場合、ブロックした人間にはグループの存在も通知もいきません。

LINEの無料グループ通話のやり方まとめ【iPhone/Android/PC対応】

ブロックされた兆候4:全体公開の投稿が相手のホーム画面では見られるのに自分のタイムラインでは見られない

  • ブロックされている可能性:90%

全体公開の投稿が、相手のホーム画面では見られるのに、タイムラインでは見られない全体公開の投稿が、相手のホーム画面では見られるのに、タイムラインでは見られない

左:相手のホーム画面からの投稿。「友だち」タブ→相手のプロフィール→[投稿]より確認できる右:[タイムライン]でみると、左の投稿は見当たらなかった

全体公開設定で相手が投稿したタイムライン投稿が、自分の「タイムライン」タブでは見られないのに、相手のホーム画面では見られるとしたら、かなりの高確率で相手にブロックされていると判断できます。

【LINE】タイムライン投稿が見られない原因は? 公開範囲(非公開)やブロック、投稿の削除・非表示との関係

全体公開の投稿は、左下に「地球マーク」があるものです。この投稿が「タイムライン」には反映されていないのに(右の画像)、相手のホーム画面の[投稿]から閲覧できる(左の画像)という場合、ほぼブロックされていると考えてよいでしょう。自分のタイムライン設定で相手を「タイムライン非表示リスト」に追加していたり、単に相手の投稿を見逃していたりする可能性もあるので、「ブロックされた」と早合点する前に設定やタイムラインを見直してみましょう。

なお、投稿した後に相手がブロックを「解除」していたとしても、当該投稿がさかのぼってタイムラインに表示されることはありません。

【LINE】ブロックした相手にも確実にバレてしまう4つの行動

検証したLINEのバージョン:iOS版8.16.1
             :Android版8.16.2

EDITED BY BOTAN