LINEの「友だち自動追加」と「友だちへの追加を許可」の違い

2016-10-06 12:48

LINEの友だち「自動追加」と「追加許可」の違い

LINEの「友だち」は、トークや音声通話などで、あなたとコミュニケーションを取ることができるユーザーのことを指します。

そして、友だちの追加には、「自動で追加する方法」と「手動で追加する方法」があります。また、あなたのアカウントが友だちに追加される場合にも同様に、「自動で追加される方法」と「手動で追加される方法」があります。

少しややこしく思えるかもしれませんが、仕組みは難しくありません。適切な設定方法を解説します。

「友だち自動追加」とは

LINEの「設定」から[友だち]をタップすると、[友だち自動追加](iOS版は[友だち追加])という項目があります。この項目をオンにすると、スマホのアドレス帳の情報(電話番号と携帯電話のメールアドレス)をLINEのサーバーに送り、アドレス帳に登録した人がLINEユーザーだった場合は自動的に「友だち」に追加されます。

LINEの友だち「自動追加」と「追加許可」の違い

Android版

LINEの友だち「自動追加」と「追加許可」の違い

iPhone版

アドレス帳には友人だけでなく、会社の上司や取引先の担当者など、プライベートではつながりたくない人を登録している場合もあるでしょう。そのようなケースでは、[友だち自動追加](iOS版は[友だち追加])はオフにしておくことをオススメします。

オフにした場合は、友だちの追加は手動のみ可能になります。手動追加の種類や実際の手順については、「LINEで友達を追加する10の方法──電話番号による自動追加と様々な手動追加」の特集で解説しています。

「友だちへの追加を許可」とは

LINEの「設定」から[友だち]へと進むと、[友だちへの追加を許可]という項目もあります。この項目をオンにすると、自動追加をオンにしているLINEユーザーがあなたの電話番号をアドレス帳に登録していた場合に、そのLINEユーザーの「友だち」として、あなたのアカウントが自動で追加されます。

あなたの電話番号は会社の上司や取引先の担当者のほか、元カレや元カノなど現在では疎遠になった人がアドレス帳に登録している場合もあります。そのような人とLINEではつながりたくない場合は、[友だちへの追加を許可]をオフにしましょう。

LINEの友だち「自動追加」と「追加許可」の違い

Android版

LINEの友だち「自動追加」と「追加許可」の違い

iPhone版

誰にも知られたくない場合にする設定

LINEの友だちを手動追加だけで増やしたい場合は、[友だち自動追加](iOS版は[友だち追加])と[友だちへの追加を許可]をオフしておきます。この設定により、自動で友だちが増えることはなくなります。

手動で友だちを追加する場合の注意点として、ID検索を利用するにはキャリア連動による年齢確認が必要なことが挙げられます。

LINEの友だち「自動追加」と「追加許可」の違い

Android版

LINEの友だち「自動追加」と「追加許可」の違い

iPhone版

LINE IDの年齢確認などについては、「LINE IDとは──設定・変更・削除の方法や年齢確認、ID検索できないケースなどを解説」の特集で詳しく解説しています。