LINE「通報」機能とは? ブロックとの関係や実際に通報すると/されるとどうなるか等を解説

2018-11-09 12:31
記事タイトルとURLをコピーする

LINE「通報」機能とは? ブロックとの関係や相手にバレないか等の仕様を解説

身に覚えのないアカウントからの出会い系スパム、商品やサービスの広告スパムがLINE のメッセージで送られてくると、「自分のアカウントが悪用されるのでは」などと不安になりますよね。不快なスパムやアカウントから自分のLINEにアクションがあったら、通報機能やブロック機能を上手に使いましょう。

安全にLINEを利用するために知っておきたい通報の仕組みや方法をはじめ、通報したことが相手に知られないのか否か、実際に通報したりされたりした場合にどうなるのか、といった疑問点について解説します。

LINEにおける「通報」と「ブロック」の関係

通報とブロックの関係

「通報」は、LINEの運営側に不審なアカウントや不快なメッセージを報告する機能。「ブロック」は自分で相手をブロックすることで、ブロックした相手からの一切のコミュニケーションを遮断する機能です。

通報だけでは不快な迷惑メッセージなどが今後も届く可能性が残りますし、「ブロック」だけでは悪質なスパムや出会い系目的による被害がもっと拡大してしまう恐れがあります。

そこで、「通報した相手をブロックする」「ブロックした相手を通報する」というように、「通報」と「ブロック」を一緒におこなえば、LINE運営側への共有と相手とのコミュニケーション拒否を同時に実施でき、自分への被害と新たな被害の拡大の可能性も抑えることができるのです。

LINEで「ブロック」したら/されたらどうなるか、確認方法の最新まとめ【iPhone/Android】

どういうときに「通報」機能を使えばいい?

LINEの通報は、不審なアカウントや、出会いや金銭目的のスパム、迷惑行為をLINE運営側に直接報告できる機能です。普段から利用しているLINEだからこそ、詐欺やアカウントの悪用を防ぐために、明らかにおかしいと思うアカウントからメッセージが届いたら「通報」機能を利用しましょう。

どこに通報される?通報されたらどうなる?

「通報」ってどこに通報されるの?通報されたらどうなる?

「通報」は、押せば警察に連絡がいくといった110番的なものではありません。通報をおこなうと、当該ユーザー(通報された者)の情報に加えて、直近100件までのメッセージ、通報対象のタイムライン投稿、通報メッセージとその前後に受信した9件のメッセージのいずれかがLINE運営側に通知されます。

トーク内容や通報件数などから、宣伝や交際目的のスパム、詐欺が疑われる場合、LINE運営側がそのユーザーを「不適切だ」と判断すれば、ユーザーのLINE利用に制限がかかり、アカウント凍結といった措置がとられるものとみられます。

LINE運営側へ報告することはできますが、「通報」したからといって、すぐにアカウントの凍結が実行されるとは限りません。そのため、通報するアカウントを「ブロック」して、これ以上の被害を受けないように対策する必要があります。

LINEで「ブロック」したら/されたらどうなるか、確認方法の最新まとめ【iPhone/Android】

通報が相手に知られる可能性はある?

通報したはいいものの、自分が通報した事実が相手にバレるのは不安ですが、安心してください。通報された本人に、通報者の情報が共有されてしまうことや、通報したことが伝わることはありません。

こんなときにも「通報」は使える
友だちのアカウントが乗っ取られて、そこから迷惑メッセージが来たとき

友だちのアカウントが乗っ取られた疑いがある場合に「通報」を利用する手もあります。LINE側に乗っ取りの事実を報告することで、被害拡大の抑制が期待できます。

ただし通報する前に、LINE以外の方法(メールや電話)で本人に乗っ取りの事実を知らせてあげましょう。その際に「LINE側に通報していいか」を確認し、OKであればトークメッセージから「通報」することもできます(方法は後述)。

LINE「乗っ取り」の手口と対処/予防法まとめ──友達から電話番号等を尋ねる不審なメッセージが届いたら

LINEで「通報」する7つの方法

1:迷惑メッセージから通報(相手にのみ友だち追加されている状態)

見知らぬアカウントから急に宣伝や交際目的のメッセージが届くことがあります。

迷惑メッセージから通報する(相手にのみ友だち追加されている状態)

友だちではないアカウントからのメッセージの場合、トーク画面の上部に、[追加][ブロック][通報]が表示されます。

明らかに心当たりのないアカウントはもちろん、メッセージ上のURLは決して開かずに[ブロック]→[通報]の順に行いましょう。

まずはアカウントをブロックする

迷惑メッセージから通報する(相手にのみ友だち追加されている状態)迷惑メッセージから通報する(相手にのみ友だち追加されている状態)

どちらも「ブロック」した状態。[ブロック解除]と出ていれば、ブロックしていることになる。また、ブロックすると、メッセージ入力欄にも「ブロック中」と表示され、文字が打てなくなった

[ブロック]をタップすると、ブロックのボタンが[ブロック解除]へと変化し、メニュータブでも右上のブロックアイコンが[ブロック解除]になります。同時に、メッセージ欄も「ブロック中」となります。

ブロック後、通報する

迷惑メッセージから通報する(相手にのみ友だち追加されている状態)

ブロックの状態で、右上の[通報]タップします。

迷惑メッセージから通報する(相手にのみ友だち追加されている状態)迷惑メッセージから通報する(相手にのみ友だち追加されている状態)

通報理由を通報する理由を、(1)スパム/宣伝目的、(2)異性交際/出会い目的、(3)迷惑行為、(4)その他 から選び、[同意して送信]で通報が完了します。

ブロックをしておけばメッセージのやりとりは物理的に不可能ですが、「通報のみ」だとメッセージは送られてきてしまいます。間違ってもメッセージを送らないためにも、まずは「ブロック」をしておきましょう。

迷惑メッセージ対策!
知らないアカウントからの迷惑メッセージをLINE設定で阻止する方法

「友だち」に追加していないアカウントからのメッセージを一切受信しないようにする設定があります。この設定をしておけば、宣伝目的や出会い目的などの迷惑メッセージが届くことがなくなります。

「友だち」追加していないアカウントからメッセージを受信しない方法「友だち」追加していないアカウントからメッセージを受信しない方法

「友だち」タブの左上にある設定アイコン[]から設定画面へ進みます。設定の[プライバシー管理]→[メッセージ受信拒否]をオンにして完了です。

あなたが「友だち追加」していない限り、相手からメッセージが届くことはありません。

LINEに知らない人から届く迷惑トーク・電話への対策まとめ

2:トークから通報(友だちになっている状態)

すでに友だちになっている場合、トーク画面からも通報ができます。しつこく着信がかかってくる、交際目的のメッセージが送られ続けるなど、明らかに不快だと感じた場合、ブロックはもちろん通報をおこなってください。

トークから通報する(友だちになっている状態)

該当の友だちのトーク画面から、メニューを引き出します。右下の[設定]から進みます。

トークから通報する(友だちになっている状態)トークから通報する(友だちになっている状態)

設定画面の下の項目に[通報]とあるので、タップしましょう。通報理由を選択して、[同意して送信]で通報が完了です。

トークから通報する(友だちになっている状態)

通報完了の際、まだ相手をブロックしていないと、上画像のように「◯◯をブロックしますか?」と表示されるので[ブロック]を選びます。

トークから通報する(友だちになっている状態)

再度メニュー画面を見てみると、右上のブロックボタンが[ブロック解除]となっており、ブロック中であることがわかりました(メッセージ入力欄にも「ブロック中」と表示されます)。通報の前にブロックをしても手順は変わりません。

3:特定のメッセージ・クリエイターズスタンプから通報(iPhone限定)

1つのメッセージ・クリエイターズスタンプに断定して、通報をおこなうことができます。iPhone版LINEのみで使える機能です。

3:特定のメッセージ・クリエイターズスタンプから(iPhone限定)3:特定のメッセージ・クリエイターズスタンプから(iPhone限定)

左:特定のメッセージを長押ししている右:特定のクリエイターズスタンプを長押ししている

通報したいメッセージ、またはクリエイターズスタンプを長押しすると、メニューが展開されます。公式スタンプを通報することはできません。右側の[通報]をタップしましょう。

3:特定のメッセージ・クリエイターズスタンプから(iPhone限定)3:特定のメッセージ・クリエイターズスタンプから(iPhone限定)

通報理由を選び、[同意して送信]で通報が完了します。相手をまだブロックしていないと、「◯◯をブロックしますか?」と表示されます。

特定のメッセージ・スタンプを通報すると、LINE運営側にはユーザー情報と、該当のメッセージ・スタンプとその前後9件までのトークメッセージが送信されるようです。

4:相手のアカウントプロフィールから

「友だち」にすでになっている場合、相手のプロフィールから通報が可能です。

4:相手のアカウントプロフィールから通報する

「友だち」タブより、相手のプロフィールをタップします。プロフィール右上のメニューボタン[]を押します。

4:相手のアカウントプロフィールから通報する4:相手のアカウントプロフィールから通報する

[通報]をタップ後、4つの選択肢から通報理由を選んで[同意して送信]で通報が完了します。

ただし、プロフィール画面の通報設定で、ブロックまでを同時に行うことはできません。「友だち」タブを開いた状態で、プロフィールを左にスライドさせるか、相手のトーク画面からブロックしてください。

ブロックできない? LINEで相手をブロックする9つの方法【iPhone/Android/PC】

5:タイムライン投稿から通報

タイムラインでは友だちの投稿はもちろん、友だちがシェアしたり、「いいね」をした"友だちの友だち”の投稿も見ることができてしまいます(全体公開の投稿に限る)。不適切な投稿がある場合、タイムライン上から「通報」をすることが可能です。

実は見られてる? LINE「タイムライン」の公開範囲(公開/非公開)の確認と、意図しない勝手な投稿を避ける方法

5:タイムライン投稿から

「タイムライン」タブを開き、投稿の右上にあるメニューボタン[…]をタップ後、選択肢の一番下にある[通報]を選択してください。

5:タイムライン投稿から

通報理由を選んで[同意して送信]で通報完了です。タイムラインを通報すると、対象のユーザー情報と、通報するタイムラインがLINE運営側に送信されるようです。

6:「知り合いかも?」から通報

「知り合いかも?」はLINEの「友だち」タブに存在する項目です。

6:「知り合いかも?」から通報する

「知り合いかも」に表示される条件

以下のいずれかの条件に当てはまると、「知り合いかも?」に相手のアカウントが表示される仕組みになっています。

  • 相手が自分の電話番号を保有している(自分は相手の番号を保有していない)
  • 自分のIDを相手が検索して友だち追加した
  • グループや複数人トークに一緒に参加していて、そこから相手が友だち追加した
  • 自分の友だちが連絡先をトーク内で相手に教えて、相手が友だち追加した
  • 招待メールに記載のURLや自分のQRコードから相手が友だち追加した

LINEの「知り合いかも?」とは──表示される条件、消す方法、友だち追加時の通知の有無など

「知り合いかも?」をタップすると、一覧が表示されます。明らかに不審なアカウントなどがある場合、そのプロフィールから通報が可能です。

6:「知り合いかも?」から通報する

通報したいアカウントをタップすると、[通報][ブロック][追加]の3つの選択肢が表示されるので、[通報]を選択します。

6:「知り合いかも?」から通報する6:「知り合いかも?」から通報する

通報理由を決定し[同意して送信]をタップします。通報前にブロックしていない場合、相手をブロックするかどうか問われるので、[ブロック]しておきましょう。

7:グループ・複数人トークから通報

不審なアカウントから勝手に複数人トークに追加されていたり、参加しているグループで不快な行動があったりする場合は、グループ・複数人トークから直接「通報」することが可能です。

複数人トークから通報する

7:グループ・複数人トークから通報する

トークのメニューから、[設定]を開きます。

7:グループ・複数人トークから通報する

トーク設定画面の一番下にある[通報]をタップしてください。

7:グループ・複数人トークから通報する7:グループ・複数人トークから通報する

通報理由を選択→[同意して送信]すれば通報が完了します。

7:グループ・複数人トークから通報する

心当たりのない複数人トークの場合は、トーク画面にもどってメニューの[トーク退出]から脱退しておけば、メンバーリストにアカウントが表示されてしまうのを防ぐことができます。

参加しているグループから通報する

グループ内で明らかに不快なやり取りが発生した場合は、[通報]→[グループ退会]の順で動きましょう。先にグループを退会してしまうと、グループ自体が自分のLINE上から消滅するため、後から「通報」ができません。

参加しているグループから通報する

グループのメニューから[設定]をタップします。

参加しているグループから通報する参加しているグループから通報する

iPhone版LINEでは通報の下に[グループを退会]が表示されるが、Android版では[通報]のみが表示される仕様だ

トーク設定の下の[通報]を選びましょう。通報理由を選択後、[同意して送信]で完了です。[通報]が完了したら、グループを退会するといいでしょう。

LINEでグループを退会する/させるとどうなる? 通知や名前履歴でバレないか、後で復帰できるのか、削除せず非表示にする方法など

通報の「取り消し」「キャンセル」はできる?

通報の取り消しはできる?

「通報」を誤って押してしまった、後々考えると通報するほどでもなかった、など通報を取り消したい場面に直面することもあるでしょう。しかし、通報ボタンを押した後、「取り消し画面」や「元に戻す」といった選択肢はなく、通報の取り消しはできないようです。

ただ、1回の通報で相手のアカウントがすぐに凍結される、削除されることは基本的にはない(1回の通報でLINE運営側がそう判断する可能性は低い)と考えられます。言い換えれば、通報後すぐに措置が取られるわけではないため、ブロックやグループの退出など、そのアカウントやグループから離れる対策を取りましょう。

LINEで「ブロック」したら/されたらどうなるか、確認方法の最新まとめ【iPhone/Android】
LINEでグループを退会する/させるとどうなる? 通知や名前履歴でバレないか、後で復帰できるのか、削除せず非表示にする方法など

検証したLINEのバージョン:iOS版8.16.1
             :Android版8.16.2

EDITED BY BOTAN