「iPhone XR」をXSやXS Maxと比較レビュー、新iPhoneはどのモデルを選ぶべきか

ディスプレイやカメラには少なくない差も
2018-10-29 22:46
記事タイトルとURLをコピーする

「iPhone XR」をXSやXS Maxと比較レビュー、新iPhoneの選び方が丸わかり

新型iPhoneが3モデル発表され、発売時期が遅く設定されていた「iPhone XR」もついに登場したので、詳しくレビューします。特にiPhone XSやiPhone XS Maxとの選択に迷っているユーザーにもわかりやすく、その違いについて解説していきます。

iPhone XRは、iPhone XSシリーズと同様に額縁を削り込んでフレームレスにした新世代のiPhoneです。iPhone 8シリーズまでとは異なり、細長い画面となっています。見るからに斬新なこのiPhone XRはどんな点が魅力で、またiPhone XSシリーズと比較してどこがマイナスなのでしょうか。

iPhone XSに買い替えるべき人は? iPhone 8や7など旧モデルと比較してiPhone XS徹底レビュー

実際のサイズ感はiPhone XS Maxに近い

iPhone XRは、6.1インチのディスプレイを採用しています。iPhone XSとiPhone XS Maxのちょうど中間的なサイズになります。まずは、大きさをチェックしましょう。ここでは小さな順に並べます。

ディスプレイ サイズ 重量
iPhone XS 5.8インチ 143.6×70.9×7.7ミリ 177グラム
iPhone XR 6.1インチ 150.9×75.7×8.3ミリ 194グラム
iPhone XS Max 6.5インチ 157.5×77.4×7.7ミリ 208グラム

iPhone XSと比べると、相当に大きいことがわかります。長さはほぼ7ミリずつの差と均一ですが、幅はiPhone XSより5.7ミリ広く、iPhone XS Maxより1.7ミリ細いだけです。つまり、長さは順当ですが、実はかなり幅が広いのです。また、厚みもiPhone XSシリーズが共通で7.7ミリなのに対して、8.3ミリと厚くなっています。

iPhone XSとiPhone XS Maxの中間的なサイズだと思っている人が少なくありませんが、実際にはかなりiPhone XS Maxに近いと考えたほうがよいでしょう。実際に手にしても、iPhone XSと比べるとかなり大きく感じます。逆に、iPhone XS Maxと比べると「さほど違わないな」という印象です。厚みが大きいこともあって、手の小さな人には少々持ちづらいかもしれません。

iPhone XS Maxに近い根拠として、表示の拡大が利用できるのもポイントです。情報量を減らしてコンテンツを大きく表示する「拡大」が選択できます。

iPhone XR レビュー

iPhone XRはちょっとボテッとした印象を受けるのは、厚みがあるからだ

iPhone XR レビュー

3モデルを比べた。中央のiPhone XRは、iPhone XSよりiPhone XS Maxに近いサイズだ

iPhone XR レビュー

左のiPhone XRは拡大モードが利用できるが、iPhone XSは使えない

ディスプレイには大きな差がある

iPhone XRのディスプレイは、従来からおなじみの液晶ですが、非常に明るく美しいために、ひと目見てハッとするかもしれません。ところが、iPhone XSシリーズと比べると、ずいぶんと違いがあります。

まず気になるのが、縁(フチ)の太さです。両モデルともにフレームレスデザインを採用していますが、iPhone XRは周囲に太めのフチが残っています。iPhone XSと並べて比べると、その差は歴然です。同じくフレームレスデザインのZenFone 5とも比べてみましたが、フチは太めです。せっかくなので、もっとフチを細くしてほしかったところです。

また、とても残念なのが解像度です。iPhone XRは高価な最新モデルとしては、とても解像度が低いのです。

ディスプレイ 解像度 最大輝度
iPhone XS 5.8インチ 2436×1125ドット(458ppi) 625cd/m2
iPhone XR 6.1インチ 1792×828ドット(326ppi) 625cd/m2
iPhone XS Max 6.5インチ 2588×1242ドット(458ppi) 625cd/m2

ppiとは「ピクセルパーインチ」の頭文字を取った値で、画素密度を示しています。つまり、解像度が高くても画面が大きくなれば、密度は低くなるので統一して判断するための指標です。数値が高いほど緻密です。

iPhone XSとXS Maxは同じppiで、とてもこだわりを感じます。画面サイズが異なっても、見え方は同じになるわけです。すなわち、写真の美しさや文字のキレは変わらないということです。

ところがiPhone XRは解像度が低く、ppiの値もかなり低くなっています。実際に文字を見比べてみると明らかに差がありますし、写真の美しさも違います。iPhone XSシリーズは黒の締まりがよい有機EL(OLED)を採用しているために、さらに差が開きます。

iPhone XR レビュー

左のZenFone 5と比べてもフチの太さは歴然

iPhone XR レビュー

上のiPhone XSのほうがフチが細いことがよくわかる

iPhone XR レビュー

iPhone XS、XS Max、XRの3台で比較。中央のiPhone XRは斜めから見るとやや暗い

iPhone XR レビュー

文字をよく見ると、奥のiPhone XRはややぼんやりしている。手前のiPhone XSは明るすぎて、やや白飛びするほどだ

有機ELではないが液晶としては明るい

iPhone XRのディスプレイは解像度が低いのが弱点ですが、明るさが素晴らしい点にも言及しておきましょう。

iPhone XSシリーズは上述のように有機ELを採用し、非常に明るくキレのあるディスプレイです。一方のiPhone XRも解像度こそ低いものの、液晶の中ではかなり明るい点が評価できます。たとえば、有機ELを採用したHUAWEI P20 Proと比べても明るさでは上回っています。

筆者としては、iPhone XSシリーズと比較するなら、このディスプレイの差で迷わずiPhone XSを選びます。ただし他のスマホと比べると、解像度こそ低いものの、美しさ、明るさでは勝っているケースも多いのです。

iPhone XR レビュー

左からZenFone 5、iPhone XR、iPhone XS、HUAWEI P20 Pro。最も明るいのはiPhone XSで、次はiPhone XRだ

iPhone XR レビュー

斜めから見るとその差はさらに広がる。iPhone XRは液晶としては上々だ

ガラスとアルミのボディが美しい

iPhone XRは、背面がガラスでフレームがアルミとなっています。iPhone XSシリーズは、ガラスの背面にステンレスのフレームです。

高級感はiPhone XSシリーズのほうが間違いなく上回っていますが、iPhone XRも美しい仕上がりです。アルミはiPhoneシリーズでこれまでにも使われてきた固い素材で、酸化皮膜処理によって色を付けています。塗装とは違って、剥がれるようなことはまずありません。ただし、傷は付くので大切に使いたいものです。

ガラスの背面は傷にも強く、透明感のある美しい仕上がりです。こちらは7層の着色プロセスで色を付けたとされています。少しレトロな印象を受ける、とても美しいカラーです。

なお、iPhone XRはワイヤレス充電に対応し、充電端子は従来同様のLightningとなっています。

iPhone XR レビュー

背面のガラスパネルの色合いは引き込まれそうな美しさ

iPhone XR レビュー

フレームはアルミでツヤを抑えた仕上がり

iPhone XR レビュー

充電用の端子はおなじみのLightningだ

iPhone XRのカメラはシングル(撮影比較)

iPhone XSのカメラはシングルです。最近はデュアルカメラが当たり前になっているので、ちょっと古めかしく感じるかもしれません。しかし、あらためて見ると、デザインはシングルのほうが落ち着いています。

iPhone XR レビュー

iPhone XRはシングルカメラだ

また、iPhone XSと写真を撮り比べてもほぼ同様でした。iPhone XSのカメラは、最近のスマホの中でも1、2を争うほど美しく撮影できます。これなら、一般的には文句なく使えるはずです。

ただし違いもあります。iPhone XSシリーズは光学の2倍ズームに対応しています。その上で、最大10倍までのズーム撮影が可能です。ところが、iPhone XRは最大5倍のデジタルズームしかできません。つまり、普通の写真を拡大表示しているのと同じなのです。iPhone XSは2倍ズームなら写真は粗くなりませんが、iPhone XRは若干ながら粗くなってしまうわけです。

ポートレート撮影にも差があります。iPhone XSはいろいろな被写体に対応しますが、iPhone XRは人物を認識しないと背景をぼかすことができません。料理なども背景をぼかして取りたい人、運動会などでズーム撮影をしたい人にはiPhone XSシリーズがおすすめです。逆に、普通のスナップ写真だけ撮れればよいなら、iPhone XRで不満はないはずです。

通常撮影

iPhone XRiPhone XR レビュー
iPhone XSiPhone XR レビュー

普通に撮った写真はまったく違いがない

近接撮影

iPhone XRiPhone XR レビュー
iPhone XSiPhone XR レビュー

花をアップで撮っても同様

暗所撮影

iPhone XRiPhone XR レビュー
iPhone XSiPhone XR レビュー

暗い室内で撮ってもほぼ同じだった

ズーム撮影

iPhone XR レビューiPhone XR レビュー

左:iPhone XRの最大ズームはこの程度右:iPhone XSで調べると、ほぼ5倍相当だ

iPhone XR レビュー

iPhone XSでは10倍ズームも可能だ

まとめ

iPhone XRとiPhone XSシリーズは同じA12 Bionicチップを採用し、最新最速のiPhoneとなっています。とはいえ、ディスプレイとカメラには少なくない差があります。ガジェット好きなユーザー、高機能な製品に興味のある人は価格差に妥協せず、iPhone XSシリーズを手に入れることをおすすめします。

反対に、最新のiPhoneをファッショナブルに持ち歩きたい人は、iPhone XRを選んでほしいと思います。カバーなどを付けずに、ピンクや黄色、水色など美しいカラーのiPhone XRを持ちこなすことができたなら、それはとても素敵なことでしょう。

iPhone XR レビュー

6色展開のiPhone XR

構成・文:戸田覚

編集:アプリオ編集部