覚えておきたい、iPhoneの通知設定を使いこなす7つのポイント

2018-07-21 9:05
記事タイトルとURLをコピーする

覚えておきたい、iPhoneの通知設定を使いこなす7つのポイント

新着のメッセージやアプリの情報などを知らせてくれる通知。iPhoneにはバッジやバナー表示、サウンド、LEDフラッシュなど様々な方法があり、アプリごとに設定して自分好みにカスタマイズできます。種類が多くわかりにくい通知ですが、設定方法は簡単で、きちんと使いこなすと大変便利です。

今回は押さえておくと便利なiPhoneの通知設定を7つピックアップし、使いこなすためのポイントを紹介します。必要以上に通知が届いてわずらわしく感じたり、重要な情報を見逃してしまいがちな人は参考にしてください。

通知のオン・オフ切り替えに便利な「おやすみモード」

大切な会議や授業中など、電話の着信やアプリの通知を一時的にオフにしたい時は「おやすみモード」が便利です。おやすみモードでは通知自体が瞬時にオフになり、通知が届いても画面表示されず、サウンドやバイブも鳴りません。届いた通知は、通知センターから後ほど確認ができます。

iphone マナーモード iphone マナーモード

おやすみモードをオンにするには、ホーム画面下端を上方向にスワイプしてコントロールセンターを開きます。

コントロールセンター中央に三日月の形をしたボタンがあり、タップするとアイコンが白色に変化しておやすみモードに切り替わります。再びタップすれば、おやすみモードはオフになります。

iphone おやすみモード iphone おやすみモード

また「設定」アプリを開いて[おやすみモード]を選択し、画面上段の[おやすみモード]をオンにしてもOK。おやすみモードの設定画面では、特定の時間帯に通知や電話が来ないように変更したり、任意の連絡先のみ通知したりするなど、使い方に合わせてカスタマイズできます。

iPhoneの電話着信とアプリ通知がゲームや睡眠の邪魔になるなら「おやすみモード」が便利、使い方と設定方法を解説

マナーモード・バイブレーションの設定

iPhoneの通知・着信には大きく分けて、通知や着信音が鳴る「着信モード」と、すべての音をオフにする「サイレントモード(マナーモード)」の2つがあります。

サイレントモードへの切り替え

iphone サイレントモード 切り替え

スイッチがサイレントモードの状態

着信音や通知音は音量調節ボタンからは消音に設定できないため、サイレントモードにしたい時はiPhone側面にある「着信/サイレントスイッチ」を操作して切り替えます。

「着信/サイレントスイッチ」を本体の背面側にスライドするとサイレントモードに、液晶画面側に戻すと着信モードになります。

iphone サイレントモード 切り替え iphone サイレントモード 切り替え

左:サイレントモード画面右:着信モード画面

モードを切り替えると画面にベルのマークが数秒表示され、サイレントモードでは着信音が鳴らず、振動(バイブレーション)することで通知や着信を知らせます。

iPhoneでサイレントモード(マナーモード)を設定/解除する方法、即座に着信音を消音するテクニックや「おやすみモード」も解説

バイブレーションの設定を変更する

また「設定」アプリの[サウンド]から、バイブレーションの設定を変更できます。バイブレーションは着信モードでもサイレントモードでもオン・オフ可能です。

iphone バイブレーション 切り替え iphone バイブレーション 切り替え

着信音が鳴る「着信モード」でのみバイブが鳴るようにしたい場合は、[サウンド]画面上段にある[バイブレーション]で[着信スイッチ選択時]のみオンにすると、着信音とともにバイブが鳴ります。

反対に、[サイレントスイッチ選択時]だけオンにした場合は、サイレントモードにしているときにのみバイブが鳴ります。

iPhoneでバイブレーションを設定・変更・作成する方法

通知時にライト(LEDフラッシュ)を点滅させるには

電話や通知を受け取った際、iPhoneの背面にあるライト(LEDフラッシュ)を点滅させることができます。ただしライト(LEDフラッシュ)が点滅するのは、iPhoneがスリープ(ロック)状態の時のみです。

ライトの点滅をオンにする方法

iphone ライト オン iphone ライト オン

まず、ホーム画面の「設定」から[一般]→[アクセシビリティ]→[LEDフラッシュ通知]を選択し、LEDフラッシュ通知をオンにします。

iphone LEDフラッシュ オン

サイレントモード(マナーモード)時にもLEDフラッシュ通知を利用したい場合は、[消音時に点滅]をオンにしてください。

LEDフラッシュが点滅しない時は?

iphone LEDフラッシュ オン
なおLEDフラッシュは、アプリごとの通知スタイルで「ロック画面に表示」「履歴に表示」が有効になっていないと光りません。

LEDフラッシュ通知をオンにしたのに特定のアプリからの通知は点滅しないといった場合は、「設定」アプリで[通知]へと進んで、そのアプリを選択。通知スタイルで[ロック画面に表示][履歴に表示]がオンになっているかを確認してみましょう。

アプリのアイコンに通知件数を表示させる方法(バッジ)

iphone アプリ 通知

アプリアイコンの右上に出る赤い数字を「バッジ」といい、未読やお知らせなどの通知件数を表しています。

iphone アプリ 通知 iphone アプリ 通知

アプリアイコンにバッジを表示させるには、「設定」アプリから[通知]を選択。通知機能を利用できるアプリが一覧表示されるので、バッジを表示したいアプリを選んで[Appアイコンにバッジを表示]をオンにすれば完了です。

iPhoneでアプリアイコン右上の赤いバッジ(数字)を消す方法

ロック画面で通知履歴やプレビューを見る方法

iphone 通知 ロック画面 iphone 通知 ロック画面

受け取った通知をロック画面で確認することもできます。

「設定」アプリで[通知]に進み、表示したいアプリを選択して[ロック画面に表示]をオンにすると、ロック画面にプッシュ通知が表示されるようになります。

通知履歴を見る

iphone 通知 ロック画面

ロック画面を開き、画面中央を上方向にスワイプすると通知が表示され、通知履歴の確認ができます。

通知プレビューを見る

iphone 通知 ロック画面 iphone 通知 ロック画面

通知を左方向にスライドさせ、[表示]をタップすることで通知内容のプレビューを見ることができます。

また、表示された通知自体をタップするとそのアプリに飛ぶので、手早く内容を確認できて便利です。

通知の「履歴に表示」とは

iOS11では、通知を表示する「通知センター」とロック時の「ロック画面」が統合され、「履歴に表示」になりました。

iphone 通知 履歴に表示 iphone 通知 履歴に表示

履歴表示の切り替え方

「設定」アプリで[通知]へと進み、変更したいアプリを選択します。各アプリで[履歴に表示]をオン/オフすることで設定の変更が可能です。

[履歴に表示]をオフにしておくと、ホーム画面上端を下にスワイプすることで開く通知の履歴画面と、ロック状態の画面中央から上にスワイプすることで表示される「今日/昨日」などの画面の両方で、設定したアプリの新着情報が通知されなくなります。

iphone 通知 履歴に表示

逆に[履歴に表示]をオンにすると、ホーム画面上端を下にスワイプした際に表示される履歴画面で通知を確認できるようになります。

【iPhone】通知の内容を隠したい?「通知プレビュー」の表示は3パターン 設定方法とアプリごとの切り替えテクを解説

バナー通知がいつまでも消えない時は?

iphone 通知 バナー 消えない

通知が来て、バナーを上にスワイプしないといつまでも消えない場合があります。

iphone 通知 バナー

このバナー表示時間を短くしたい時は、「設定」アプリの[通知]から変更したいアプリを選択し、[バナーとして表示]の項目を[持続的]から[一時的]に変更すると、一定時間でバナーが消えるようになります。

反対に、バナー表示を「持続的」に設定しておくと、バナーをタップしたり上方向にスワイプしないと表示が消えないので、重要な通知を見逃したくない場合などはうまく使い分けるとよいでしょう。

iPhoneで邪魔な通知を事前に消す(非表示にする)方法【アプリごと/一部機能ごとにオフ】

構成・文:吉成早紀

編集:アプリオ編集部

EDITED BY SORA