Facebookでおすすめのプライバシー設定方法、“近くにいる友達”の設定も【iPhone/Android】

2016-06-24 17:30

スマートフォン プライバシー設定

Facebookの投稿内容を見ることができる人を制限したり、自分のタイムラインを検索結果に表示させたくない場合は、プライバシー設定を確認しておいたほうがよさそうです。アプリ(iOS/Android)からの変更方法をまとめました。

プライバシー設定の中でも、おすすめしたい「投稿内容の公開範囲を変更して制限」「知らない人からの連絡を制限」「自分のページを検索させない」「近くにいる友達」の設定について紹介します。

プライバシー設定変更の基本

Facebook iPhone プライバシー設定

プライバシー設定を変更するには、iPhoneの場合はFacebookのアプリを起動し、画面下にある[その他]をタップして[設定]→[アカウント設定]と選択します。

Facebook Android プライバシー設定

Androidスマートフォンの場合はメニューを開き、画面上部の[≡]から[アカウント設定]を選択します。

Facebook iPhone プライバシー設定

設定の画面に移行したら、[プライバシー]の項目をタップします。

Facebook iPhone プライバシー設定

すると、「つながりの設定」の画面が出現します。ここにある各項目で、プライバシー設定を変更することができます。

投稿内容の公開範囲を変更して制限する方法

Facebook iPhone プライバシー設定

自分の投稿(コンテンツ)を見ることができる人を制限したい場合は、[今後の投稿の共有範囲]をタップします。

Facebook iPhone プライバシー設定

コンテンツをシェアする範囲は、投稿時の共有範囲設定で管理できます。今後の投稿の共有範囲を「公開」「友達」「自分のみ」から選んでタップすれば設定完了です。

この設定を変更しない限り、自動的に次の投稿にも適用されるので、設定しておけば安心です。

Facebook iPhone プライバシー設定

タイムラインで共有したコンテンツの共有範囲を「友達の友達またはすべてのユーザー」から「友達」に変更したい場合は、この項目をタップします。

Facebook iPhone プライバシー設定

この画面では、[共有範囲を変更]をタップします。

Facebook iPhone プライバシー設定

その後、承認を選択すれば、タイムラインに掲載されている過去の投稿の共有範囲を一括で変更できます。

この一括変更は元に戻すことができないので、後で元に戻したくなった場合は投稿の共有範囲を個別に変更する必要があります。

知らない人からの連絡を制限する方法

Facebook iPhone プライバシー設定

知らない人から友達リクエストやメッセージを受け取りたくないという人もいるはずです。その場合は、上の写真で赤く囲んだ[私に友達リクエストを送信できる人]をタップします。

Facebook iPhone プライバシー設定

自分に友達リクエストを送信できる人を制限したい場合は、「友達の友達」を選ぶことで解決できます。

Facebook iPhone プライバシー設定

受信箱にメッセージを送ることができる人も制限できます。[受信箱にメッセージを受け取る相手]をタップします。

Facebook iPhone プライバシー設定

通常は主に友達または知り合いかもしれないユーザーからのメッセージを表示する「基本フィルタ」が選択されていますが、「絞り込み」を選ぶことで、主に友達からのメッセージを表示するように変更することができます。

この設定では、連絡を取りたいユーザーからのメッセージは他のフォルダに届く可能性があるので注意が必要です。

自分のページを検索させない方法

Facebook iPhone プライバシー設定

メールアドレスを使って検索できる人を制限したい場合は、[メールアドレスを使って私を検索できる人]をタップします。

Facebook iPhone プライバシー設定

メールアドレスから自分を見つけることができる人を「全員」「友達の友達」「友達」から選ぶことができます。Facebookに登録したメールアドレスを仕事で使っているなどして、いろいろな人とつながるのを避けたい人にとっては重宝する機能です。

Facebook iPhone プライバシー設定

電話番号による検索を制限したい場合は、[電話番号を使って私を検索できる人]をタップします。

Facebook iPhone プライバシー設定

電話番号から自分を見つけることができる人を「全員」「友達の友達」「友達」から選ぶことができます。こちらも、仕事で電話番号を教えていたり、Facebookではつながりたくない知人がいる場合に、設定しておきたい機能だといえます。

Facebook iPhone プライバシー設定

Google検索やYahoo!検索などで、自分のタイムラインを表示させたくない場合は、こちらの設定で「一般検索を無効」にしておきましょう。この設定をしておくことで、知らない人が検索経由で自分のページを訪問するのを防ぐことができます。

Facebook iPhone プライバシー設定

外部検索エンジンから自分のタイムラインへのリンクを無効にする場合は、[その他の検索エンジンをタイムラインにリンクさせる]をタップします。有効になっている場合は、上の写真のようにチェックマークがついています。

Facebook iPhone プライバシー設定

一般検索を無効にする場合は、ここで承認を選択します。

Facebook iPhone プライバシー設定

上の写真のように、「外部検索エンジンから私のタイムラインへのリンク」という項目が「いいえ」になっていれば、設定完了です。

「近くにいる友達」とは、オン・オフなどの設定方法

近くにいる友達 Facebook

Facebookでは、位置情報を利用して友達同士で居場所を確認できる新機能「近くにいる友達」が2015年10月より国内でも利用できるようになりました。この設定を有効にすると、Facebook上の友達がユーザーの近くにいると、プッシュ通知が届くようになります。

「近くにいる友達」はオン・オフの切り替えが可能なほか、自分の位置情報の通知を受け取れる人を「友達」「親しい友達」などから選択できます。ただし、位置情報を共有するには自分と相手が互いに「近くにいる友達」機能をオンにし、相手が共有相手として自分を選択している必要があります。

近くにいる友達 Facebook

この機能は、初期設定ではオフになっています。共有相手を指定するというステップを踏むため、知らないうちに居場所がバレるということはありませんが、プライバシーの観点からは設定をオフにしておくほうが望ましいでしょう。

設定は、Facebookアプリの[≡]から[近くにいる友達]をタップして確認、オンまたはオフの切り替えがおこなえます。