iPhoneをWi-Fi(無線LAN)に接続する設定方法

2017-07-01 6:57

iPhoneをWi-Fi(無線LAN)に接続する設定方法

自宅や会社でiPhoneを使うのであれば、モバイルデータ通信量を節約するためにWi-Fi(無線LAN)に接続するに越したことはありません。そこで今回は、iPhoneでWi-Fiに接続する方法を解説します。

失敗しない、Wi-Fiルーター(無線LAN親機)の選び方 おすすめ機種も紹介

検証端末:iPhone 7(iOS 10.3.1)

iPhoneでWi-Fiに接続する方法

1「設定」アプリを開く

iPhone:設定アプリホーム画面で「設定」アプリをタップします。

2「Wi-Fi」をタップする

iPhone:設定

「設定」画面で[Wi-Fi]をタップします。

3「Wi-Fi」をオンにする

iPhone:Wi-Fi

「Wi-Fi」画面に移動するので、[Wi-Fi]がオフになっているならば、これをオンにします。

4接続するWi-Fiネットワークを選ぶ

iPhone:ネットワークID(SSID)の選択

Wi-Fi機能が有効化されていれば、近くにあるネットワークの一覧が表示されるので、接続したいネットワーク名(SSID)をタップします。

5パスワードを入力する

iPhone:Wi-Fiネットワークのパスワードを入力

つづけてWi-Fi接続に必要なパスワードを入力します。

さくっと自宅Wi-Fi(無線LAN)のパスワードを確認できる4つの方法

基本的にパスワードを入力するのは初回だけです。2回目からは、ネットワークの接続エリアに入るだけで自動で接続されます。

6接続が完了する

iPhone:Wi-Fiネットワークに接続

接続が完了しました。接続しているネットワークのSSIDの表示が[Wi-Fi]の下に移動し、左横にチェックマークが付きます。

iPhone:ステータスバーのWi-Fiアイコン

ステータスバーのアイコンは、4G/LTE/3GなどからWi-Fiのアイコンに変わる

Wi-Fiルーターのステルス機能がオンになっているとSSIDが一覧に表示されません。このようなときは、手順4の画面で[その他…]をタップして、SSIDを手動で入力します。

iPhone:ネットワークID(SSID)の選択iPhone:Wi-FiネットワークのSSID/セキュリティの入力

セキュリティの種類を選択し、パスワードを入力したら、[接続]をタップしてネットワークに接続します。

iPhoneのWi-Fi接続を切る方法

Wi-Fi接続中にモバイル通信に切り替えたいときは、Wi-Fiを無効にします。Wi-Fi機能を無効化しておけば、外を移動中、不必要にフリーWi-Fiに接続されることを防止できます。

iPhone:コントロールセンターでWi-Fiアイコンをタップ

Wi-Fiを無効にするには、コントロールセンターを開いて、Wi-Fiボタン[]をタップするのが最も手軽です。タップするたびに、オン・オフを手早く切り替えられます。

「設定」アプリ→[Wi-Fi]→[Wi-Fi]でも、スイッチをオン・オフできます。

スマホで無料Wi-Fiスポットを使い倒す方法、便利アプリの活用術も【カフェ・マクドナルド・コンビニ、ドコモ/au/ソフトバンクなど】

iPhoneのウザくて邪魔な「ワイヤレスネットワークを選択」アラートを非表示にする方法