iPhoneのタイマーをセットする3つの方法 イヤホンのみでアラーム音を鳴らせるアプリも紹介

2017-11-28 16:29

iPhoneのタイマーをセットする3つの方法 イヤホンのみでアラーム音を鳴らせるアプリも紹介

飯ごうで米を炊くときや、鍋でパスタをゆでるときやレトルトパウチ食品を温めるときなど、料理にはクッキングタイマーが不可欠です。そのほか、タイマーは日常の至るところで活躍するアイテムのひとつでしょう。iPhoneユーザーであれば、もっとも身近にあるiPhoneのタイマー機能を愛用している人は多いのではないでしょか。

そこで今回は、iPhoneのタイマーの使い方を網羅的に紹介。タイマーをセットする3つの方法と停止方法、サウンドや音量を変更する方法のほか、イヤホンのみでアラーム音を鳴らす方法を解説します。

iPhoneでアラーム(目覚まし時計)を設定/オフ/編集/削除する方法

検証端末:iPhone 7/iPhone X(iOS 11.1.2)

iPhoneのタイマーをセットする3つの方法

iPhoneでタイマーをセットする方法は3つあります。

「時計」アプリでセットする

基本となるのは、「時計」アプリからタイマーを開始する方法です。

iPhone:時計アプリからタイマーを使うiPhone:時計アプリからタイマーを使う

左:時間をセットして[開始]右:[キャンセル]と[一時停止]も可能

「時計」アプリを起動して、[タイマー]タブを選択したら、時間(時/分/秒)をセットして[開始]ボタンをタップします。これでカウントダウンが始まります。タイマーの残り時間は、「時計」アプリ内だけでなくロック画面でも確認できます。

コントロールセンターでセットする

iPhone:コントロールセンターからタイマーを使う

コントロールセンターのタイマーボタンをプレスして、スライダーを上下にドラッグして時間を設定し、[開始]する

iOS 11以降では、コントロールセンターからタイマー機能を使いやすくなりました。タイマーのアイコンを押し込む(3D Touch非対応機種は長押し)と、最短1分から最長2時間のあいだで時間をセットして、その場でカウントを開始できるようになっています。

【iOS 11】コントロールセンターの使い方 完全ガイド

Siriにセットしてもらう

iPhone:Siriからタイマーを使う

「Hey Siri、3分後に教えて」と言うだけで、3分タイマーが利用可能。作業しながらタイマーを使いたいときは、この方法が一番だ

自宅でタイマー機能を使うなら、おすすめはSiriです。「”Hey Siri”を聞き取る」機能(iOS 10以前では「”Hey Siri”を許可」機能)も、ぜひ有効にしておきましょう。

「Hey Siri、3分後に教えて」などと話しかけることで、音声だけでタイマーを操作できます。料理の最中にタイマーを使いたいときなど、手が放せないような状況でとくに便利です。いつでもどこでSiriを呼び出して、タイマーを活用できます。

なお、注意点が一つ。タイマーを停止するときは、音声操作ができません。指で「停止」ボタンをタップする必要があります。

【iPhone】Siriのオススメ機能 10選──はじめての設定から基本的な使い方、オフにする方法まで徹底解説

タイマーを停止する方法

iPhone:時計アプリからタイマーを使うiPhone:時計アプリからタイマーを使う

左:ロック解除時は通知バナーが表示される右:ロック時はロック画面上でタイムアップを知らせてくる

設定した時間が経過するとサウンドが再生されます。

通知バナー上かロック画面上で[停止]ボタンをタップして終了します。通知バナーをタップすることでもタイマーを終了できます。

[繰り返し]を選択すると、先ほど設定した時間で再びカウントダウンが開始します。

タイマーのサウンド/音量を変更する方法

タイマーのサウンドや音量は変更できます。

サウンドを変更する

iPhone:タイマーのサウンドを変更する

[タイマー終了時]でサウンドをカスタマイズできる

タイマー音を変更するには、[タイマー終了時]をタップします。

iPhone:タイマーのサウンドを変更する

[再生停止]を使うと、再生中の音楽を停止する使い方もできる

「タイマー終了時」画面に移動するので、好みのサウンドを選び、[設定]をタップします。

初期状態の「レーダー」以外にも、さまざまなサウンドが用意されています。それらの中でも特徴的なのは一番下にある[再生停止]。ミュージックアプリなどで再生中の曲を停止し、ロック画面を表示できます。音楽を聴きながら寝る習慣がある人は、おやすみタイマーとして活用すると便利です。

音量を調節する

タイマーの音量は、電話の着信や通知時、アラーム再生時などに鳴る「着信/通知音量」の大きさと連動しています。

よって、端末左側面の音量ボタンか「設定」アプリ→[サウンド]→「着信音と通知音」のスライダーを調整することで、タイマーの音量を変えることができます。

全部知ってる? iPhoneで音量を調節する3つの基本テクニック ボリュームを固定・記憶させる小技アリ

イヤホンのみでアラーム音を鳴らす方法

タイマーのアラーム音は、端末の内蔵スピーカーから再生されるのが基本的な動作です。

この動作は、EarPodsやAirPodsなどのイヤホンを接続している場合でも変わりません。つまり、電車や深夜バス、図書館などで周囲に迷惑をかけないようにイヤホンだけからタイマーの音を鳴らそうと考え、iPhoneにイヤホンを接続していても、内蔵スピーカーから音が出てしまうわけです。しかも、アラーム音をイヤホンのみで鳴らす設定方法がiOS標準機能として用意されていないのが厄介な点です。

もっとも、この問題への対処法は存在します。イヤホンのみからアラーム音を鳴らせるタイマーアプリが複数リリースされているからです。たとえば、以下の「アラーム & タイマー」アプリを使ってタイマーをセットすれば、内蔵スピーカーから音を出さずにイヤホンだけでアラーム音を鳴らすことを実現できます。一度試してみるとよいでしょう。

アプリ「アラーム & タイマー」をダウンロード
アラーム & タイマー