【iPhone】入力したテキストをドラッグ・アンド・ドロップで移動させる方法

2018-01-17 7:28

【iPhone】入力したテキストをドラッグ・アンド・ドロップで移動する方法

iPhoneでメールやメモを書いているとき、入力した文章を別の場所へ移動したいーー。従来、iPhoneで文章を移動させるには、テキストを選択してからカット&ペーストをおこなう必要がありました。画面を何度もタップしなければならないので、PCと比べてとてもストレスの溜まる作業だったはずです。

しかしiOS 11では、この文章の移動が快適になっています。ドラッグ&ドロップで文章を移動できるようになったのです。新しいテキスト移動の方法を覚えれば、画面をタップする回数が劇的に減ります。iPhoneで文章を書くことが多いなら、マスターすべきテクニックです。

そこで今回は、iPhoneで入力したテキストをドラッグ&ドロップで移動させる方法を解説します。

検証端末:iPhone 7(iOS 11.0.3)

iPhoneで入力したテキストをドラッグ&ドロップで移動させる方法

操作はいたって簡単。選択状態にしたテキストを長押しして動かすだけです。

iPhone:テキストをドラッグ&ドロップ

iOS 11での新しい方法:選択部分を移動先にドラッグ&ドロップするだけ

メールアプリやメモアプリなどを開いて、テキストを編集できる状態にしたら、移動させたいテキストを範囲選択します。あとは選択したテキストを長押ししてドラッグ操作をするだけで、好きな場所へ移動できます。

iPhone:テキストをドラッグ&ドロップ

従来からの方法

従来からの方法と比べてみましょう。iOS 10以前ではテキストを選択し、メニューを表示して「カット」。このあと移動先でメニューから「ペースト」する手順が必須でした。試すと分かりますが、画面を何回もタップしなければならなかったのです。

【iPhone】コツをつかめば簡単? テキストを範囲選択してコピペする方法を徹底解説

テキストをカットできない場合はドラッグ&ドロップもできない

標準アプリ以外のアプリで試したところ、LINEやTwitter、Google Keepなどさまざまなサードパーティ製アプリでも、ドラッグ&ドロップ機能を利用できました。

しかし、「カット」操作ができない場合は、ドラッグでテキストを移動させられません。たとえば「ウェブページのテキストを選択し、アドレスバーにドラッグ&ドロップする」といった使い方は利用できないわけです。頭の片隅に入れておくとよいでしょう。