iPhoneでサイレントモード(マナーモード)を設定/解除する方法、即座に着信音を消音するテクニックや「おやすみモード」も解説

2016-09-06 18:52

iPhoneでサイレントモード(マナーモード)を設定/解除する方法、即座に着信音を消音するテクニックや「おやすみモード」も解説

iPhoneの音量調節ボタンでは着信音を無音にできません。そこで、iPhoneでサイレントモード(マナーモード)にする方法を紹介します。

iPhoneでバイブレーションを設定・変更・作成する方法

検証端末:iPhone 6s(iOS 9.3.3)

「着信モード」と「サイレントモード(マナーモード)」を切り替える

電話の着信音やメールの通知音などを消音(サイレント)にしたいときは、音量調節ボタンではなく、「着信/サイレントスイッチ」を使います。音楽やムービーのサウンド音量と違って、着信音や通知音を音量調節ボタンからは消音に設定できないためです。

全部知ってる? iPhoneで音量を調節する3つの基本テクニック ボリュームを固定・記憶させる小技アリ

サイレントモードにすると、着信音や通知音のほか、キーボードのクリック音やロック時の音も鳴らなくなります。

着信モードとサイレントモード(マナーモード)は、本体側面にある「着信/サイレントスイッチ」で切り替えます。「着信/サイレントスイッチ」を本体の背面側にスライドするとサイレントモードになり、逆に戻すと着信モードになります。

iPhone:着信/サイレントスイッチ

着信/サイレントスイッチ

サイレントモードに切り替えると赤い帯が現れ、本体が振動します。画面には斜線付きのベルのアイコンが表示されます。サイレントモードでは、iPhoneの着信音や通知音などが鳴らなくなります。

iPhone:サイレントモード

サイレントモード

スイッチを着信モードに切り替えると、画面にベルのアイコンが表示されます。着信モードではiPhoneのすべての音が鳴ります。

iPhone:着信モード

着信モード

なお、サイレントモード中でも音量調節ボタンを押せば、着信音量を変更できます。また、アラームやゲームなどのサウンド再生、カメラのシャッター音などはスピーカーから再生されます。

【iPhone】覚えてる? iOS 9からiOS 10でキーボードのクリック音と画面ロック音はどう変わったのか──設定で操作音を消す方法も解説

応用:着信時に消音する

着信モードになっていると、電話がかかってきたときに着信音が鳴ります。すぐに出られないときは、「スリープ/スリープ解除」ボタンを押せば、即座に消音できます。

消音中も通信は切断されず、相手には呼び出し音が鳴り続けます。「拒否」ボタンを押さなくても着信音を一発で消音できるので、覚えておくと便利です。

応用:「おやすみモード」を利用する

「おやすみモード」を利用すると、iPhoneがロックされている間は着信音や通知音が鳴りません。おやすみモードの設定を変更すれば、オン/オフを時間帯で自動的に切り替えることができるので、常時サイレントモードにしたくないときなどにもおすすめです。また、通知が煩わしい時にセットしておけば、通知によるバイブレーションや通知バナーの表示もシャットアウトできます。

1「コントロールセンター」で三日月アイコンをタップする

まず、画面下端から上方向にスワイプし「コントロールセンター」を表示し、上部にある三日月のアイコンをタップします。

iPhone:おやすみモード

コントロールセンター

2おやすみモードに切り替わる

おやすみモードに切り替わります。ステータスバーに三日月のアイコンが表示されます。

iPhone:おやすみモード

三日月アイコン

おやすみモードの設定を変更するには、「設定」アプリを起動して[おやすみモード]を開きます。

iPhone:おやすみモード

おやすみモード

[時間指定]をオンにして、開始時間と終了時間を設定しておくと、時間帯でオン/オフを自動切り替えできます。ここでは着信や通知を知らせる条件も変更できます。

おやすみモードのより詳しい設定は下記記事で解説しています。

iPhoneの電話着信とアプリ通知がゲームや睡眠の邪魔になるなら「おやすみモード」が便利、使い方と設定方法を解説