iPhoneで画面の明るさ・表示を変更する3つの基本ワザ

2017-03-01 11:54

iPhone:画面の明るさ

iPhoneの画面は、明るすぎても暗すぎても見づらくなります。明るさの設定を適宜変更すれば、画面が見やすくなるだけでなく、バッテリーの不要な消耗を抑えることもできます。

そもそもiPhoneには、周囲の環境に応じて画面の明るさを自動で調節する機能が備わっており、明るい場所では明るく、暗い場所では暗くすることで、画面を見やすくしてくれます。他方、この自動調節機能に頼らず、明るさを手動で調整できるように設定する余地も残されています。

また、「Night Shift」と呼ばれるモードに切り替えることで、画面の色を寒色系から暖色系へと変化させられます。画面の色温度が自動的に調整されることで、目の疲れや睡眠障害などの原因になるといわれる「ブルーライト」を軽減する効果があり、夜間に操作するときや、昼間に暗い場所で操作するときなどにピッタリです。

この記事では、これらの基本的な機能を利用して、iPhoneの画面の明るさ・表示を変更する方法を解説します。

検証端末:iPhone 7(iOS 10.2.1)

1. 画面の明るさを手動調整で固定する

画面の明るさはかんたんに調整できます。画面の下端を上にスワイプしてコントロールセンターを表示し、明るさ調節スライダを左右にドラッグするだけです。

iPhone:コントロールセンターの明るさ調節スライダで明るさ変更

コントロールセンターで明るさを変更

あとは適当な明るさになるまで微調整を繰り返します。これで画面の明るさを自分の思い通りに固定できます。ただし、そのためには明るさの自動調節機能を無効化しておく必要があります。

2. 画面の明るさを自動調節する

上記の方法で明るさを手動調整しても、明るさが勝手に変わってしまう場合があります。というのも、初期設定では画面の明るさが自動で調節されるようになっているからです。

自動調節機能が有効になっていると、周囲の環境が明るいと画面の輝度が高くなり、暗ければ輝度を落とします。そして、自動調節中に手動で明るさを変えても、周囲の環境が変われば再び自動調節が機能して、明るさを再調整してくれます。わざわざ手動で変更せずとも、適度な明るさに調整されるので便利であるだけでなく、周囲が暗いときに画面を暗くしてくれるので一定のバッテリー節約効果を見込めます。

iPhoneのバッテリーを置き方ひとつで長持ちさせる方法──通知によるディスプレイの電池消費をゼロにする

もちろん、手動調整によって画面の明るさを一定に保ちたければ、自動調節を無効にするとよいでしょう。

1「設定」アプリを開く

ホーム画面で「設定」アプリをタップします。iPhone:設定アプリ

2[画面表示と明るさ]をタップする

「設定」画面で[画面表示と明るさ]をタップします。

iPhone:設定

3[明るさの自動調節]を有効にする

[明るさの自動調節]がオフになっているときは、タップして有効にします。反対にオンになっているときは、タップして無効にできます。

iPhone:画面表示と明るさ

【iOS 10】iPhoneを持ち上げるだけで勝手にスリープ解除してしまう? 設定をオフ(無効)にする方法

3. 画面表示を目に優しい「Night Shift」モードに切り替える

iPhone:Night Shift

Night Shift

スマートフォンなどのディスプレイには、ブルーライトが多く含まれています。明るい画面を長時間見ることは、目の疲れや痛み、さらには睡眠障害や肥満といった体内への影響があることが知られています。

Night Shiftは、このブルーライトを軽減する機能です。画面の色温度を黄味がかった暖色系に変化させることで、目への刺激を減らします。Appleは、Night Shiftを使うことにより「夜よく眠るのに役立つ可能性があります」と説明しています。

1コントロールセンターで[Night Shift: オフ]をタップする

iPhone:Night Shift

画面下端を上にスワイプしてコントロールセンターを表示し、[Night Shift: オフ]をタップします。

2動作条件を選ぶ

初めて[Night Shift: オフ]をタップすると、以下のようなアラートが表示されます。

iPhone:Night Shift

[7:00までオン]をタップすると、ただちにNight Shiftモードに切り替わり、朝7時まで有効になります。

[スケジュール設定]をタップした場合は、「設定」アプリ→[画面表示と明るさ]にある「Night Shift」画面が開きます。

iPhone:Night Shift

[時間指定]のオプションがオンになり、Night Shiftの開始時間と終了時間を設定できます(「設定」アプリ→[プライバシー]で[位置情報サービス]がオンになっていれば、現地の日の出/日の入りの時間を指定可能)。手動ですぐにNight Shiftを有効化することも可能です。

また、色温度のスライダをドラッグすることで、画面の色温度を調節できます。「冷たく」にすると寒色系になり、「暖かく」では暖色系になります。

なお、[時間指定]を有効にすると、コントロールセンターにスケジュールが表示されます。

iPhone:Night Shift

コントロールセンターにスケジュールが表示される