iPhoneの電源の入れ方と切り方、オン/オフで再起動する方法

2017-01-10 10:18

iPhone:電源オフ

本記事では、iPhoneiPad)の電源の入れ方と切り方、電源のオン/オフで再起動の方法を解説します。

検証端末:iPhone 6s(iOS 9.3.2)

iPhoneの電源の入れ方(オンにする)

iPhoneの電源を入れます。iPadでも同様の操作手順です。

1スリープ/スリープ解除ボタン(電源ボタン)を長押しする

iPhone:スリープ/スリープ解除ボタン(電源ボタン)

iPhone 6s

iPhone 5:スリープ/スリープ解除ボタン(電源ボタン)

iPhone 5

iPhoneの電源を入れるには、電源が切れている状態でスリープ/スリープ解除ボタン(電源ボタン)を長押しします。

電源ボタンの位置は、iPhone 6以降の大型化した4.7インチ/5.5インチ型iPhoneでは右側面、iPhone SEおよびiPhone 5s/5c以前の4インチ型iPhoneでは上面です。

2アップルの林檎マークが表示される

iPhone:林檎マーク

林檎マークが数秒間表示され続ける

電源が入ってiPhoneが起動すると、アップルの林檎マークが表示されます。

3ロック画面が表示される

iPhone:ロック画面

iPhone 6sのロック画面

しばらくすると、ロック画面が表示されます。ロック解除の手順(右にスライドしてパスコードを入力して解除など)を踏んで、ロックを解除し、ホーム画面を表示します。

起動直後だと、Touch IDの指紋認証によってロックを解除することはできません。パスコードを入力しましょう。

4ホーム画面が表示される

iPhone:ホーム画面

iPhone 6sのホーム画面

ロックが解除されると、ホーム画面が表示されます。

iPhoneの電源の切り方(オフにする)

iPhoneの電源を切ります。iPadでも同様の操作手順です。

1スリープ/スリープ解除ボタン(電源ボタン)を長押しする

iPhone:スリープ/スリープ解除ボタン(電源ボタン)

iPhone 6s

iPhoneの電源を入れるには、電源が入っている状態でスリープ/スリープ解除ボタン(電源ボタン)を長押しします。

電源ボタンの位置は、iPhone 6以降の大型化した4.7インチ/5.5インチ型iPhoneでは右側面、iPhone SEおよびiPhone 5s/5c以前の4インチ型iPhoneでは上面です。

2パワーボタンをスライドして電源オフ

iPhone:スライドで電源をオフ

パワーボタンを右にスライドすれば電源が切れる

パワーボタンを右にスライドして電源をオフにします。

電源オフをキャンセルしたい場合は、下のキャンセルボタンをタップ。スライドせずに放置していると、数秒で電源オフ画面から通常のホーム画面に戻ります。

スリープボタンを使わず電源オフする方法(iOS 11)

iPhone 電源オフ iOS 11iPhone 電源オフ iOS 11

iOS 11では、「設定」アプリから[一般]へと進んだ画面の最下部にある[システム終了]をタップすると、スリープボタンを長押しした時と同じシステム終了画面が表示されるようになりました。

何らかの事情で物理キーを押せない場合でも、システムを安全に終了させることが可能です。

iPhoneを電源オン/オフで再起動する方法

iPhoneを再起動したい場合、電源オフ後、改めて電源をオンにします。

iPhoneの画面がフリーズして通常の再起動をおこなえなくなった場合、別の方法で強制的に再起動することも可能です。

iPhoneを強制的に再起動する方法