iPhoneで邪魔な通知を事前に消す(非表示にする)方法【アプリごと/一部機能ごとにオフ】

2016-10-28 23:31

iPhone 通知センター

最近ではほとんどのアプリがiPhoneで通知を利用します。すべてのアプリで通知をオンにしていると、通知が頻繁に表示されてしまい、かえって使いづらくなります。そこで余計な通知はオフにして、必要な通知だけ表示するように設定を変更する必要があります。通知がうるさいと感じたら、通知の設定を見直してみましょう。

【iOS 10】全部わかる? iPhoneに届いた通知を消す5つの方法

検証端末:iPhone 7(iOS 10.0.2)

アプリごとに通知をオフにする

アプリごとに通知のオン/オフを設定します。通知の設定を表示して、[通知を許可]のオプションをオフにすれば、アプリからの通知をすべて非表示にできます。通知を表示する必要のないアプリや、インストール時に間違えて通知を許可してしまったアプリはすべてオフにしておきましょう。

1「設定」アプリを開く

ホーム画面で「設定」アプリをタップします。iPhone:設定アプリ

2[通知]をタップする

「設定」画面で[通知]をタップします。

iPhone 通知 消す

3アプリをタップする

通知機能を利用可能なアプリの一覧が表示されます。アプリ名の下には、現在の通知の設定が表示されています。通知を消したいアプリをタップします。

iPhone 通知 消す

4[通知を許可]をオフにする

[通知を許可]のスイッチをオフにします。そのアプリからの通知を完全に無効化できました。

iPhone 通知 消すiPhone 通知 消す

通知機能の一部だけオフにする(通知センター/サウンド/ロック画面/バイブレーション)

通知機能を完全にオフにすると、そのアプリからの通知が一切表示されなくなりますが、すべてオフにするとかえって使いづらくなるケースも考えられます(メールやメッセージなど、)。

そこで、アプリごとに通知センターに表示されないようにしたり、サウンド(バイブ)をオフにしたりと、不要な通知機能の一部のみをオフにすることもできます。

  • 「通知センターに表示」:オフにすると通知センターに通知を表示しません
  • 「サウンド」:オフにすると通知の際にサウンドを鳴らしません
  • 「ロック画面に表示」:オフにするとロック画面に通知を表示しません。またロック画面から通知センターを表示したときも非表示になります

iPhone 通知 消す

アプリごとの画面

このほか、通知のバイブレーションのみオフにしたいという場合は、「設定」アプリから[サウンドと触覚]と進んだ画面で、「バイブレーション」の項目にある[着信スイッチ選択時][サイレントスイッチ選択時]をオフにします(電話の着信時にもバイブレーションがオフになります)。

iPhone 通知 消す

iPhoneでバイブレーションを設定・変更・作成する方法

iPhoneの覗き見を防止、ロック画面で通知/通知センター/ウィジェットを非表示にする方法──LINEメッセージやメールの内容を隠してプライバシーを守る