iPhoneで未読メールをまとめて既読にする方法

2017-04-04 12:18

iPhoneで未読メールをまとめて既読にする方法

「きっと読むことはないであろうメールが日常的に届く」という状態に陥っているiPhoneユーザーは少なくないはず。メールマガジンやSNSからの通知、ショップからのお知らせなどを放置していると、未読メールがどんどんたまってしまいます。ホーム画面のアイコンには未読メールの件数が表示されますが、常に未読メールがあると、あまり意味をなさなくなってしまいます。だからといって、メールをいちいち既読にするのも面倒です。

iPhoneでアプリアイコン右上の赤いバッジ(数字)を消す方法

こんなとき、iPhoneで未読メールをまとめて既読にする方法を知っていると便利です。複数のアカウントを登録している場合は、アカウントごとにメールの既読・未読を管理することもできます。

検証端末:iPhone 7(iOS 10.3)

未読メールをまとめて既読にする

未読メールが10通、100通……とたまってしまったときは、1通ずつ開いて既読にするのではなく、次の方法でまとめて既読にするとスッキリします。

1[編集]をタップする

iPhone:未読メールを既読にする

「メール」を起動してメールの一覧を表示します。画面右上にある[編集]をタップします。

2[すべてマーク]をタップする

iPhone:未読メールを既読にする

編集画面になるので、左下にある[すべてマーク]をタップします。

3[開封済みにする]をタップする

iPhone:未読メールを既読にする

メニューが表示されるので、[開封済みにする]をタップします。

4メールが既読になる

iPhone:未読メールを既読にする

これで未読メールを一括して既読にできました。

なお、まとめて既読にした状態であれば、[すべてマーク]すると[未開封にする]というメニューが表示されるようになります。よって、一括既読処理の直後であれば既読処理をまとめて取り消すことは可能です。

未読メールだけを確認するには

すべてのメールを既読にする前にメールの内容をざっと確認したいときは、左下のフィルタボタンをタップします。未読メールだけ表示されるので、件名や概要を見てメールをすばやくチェックできます。

iPhone:未読メールをフィルタする

左下にあるフィルタボタンをタップすると未読メールだけ抽出できる

ちなみにフィルタを適用中に[適用中のフィルタ:未開封]をタップすると、適用するフィルタを[未開封]から[フラグ付き]に変更したり、宛先や添付ファイルの有無などで更にフィルタを絞ったりすることもできます。

アカウント別に既読にする

iPhoneに複数のアカウントを登録している場合は、既読・未読の状態をアカウント別に管理できます。

iPhone:未読メールを既読にする

GmailアカウントやiCloudアカウントを選べば、そのアカウントのメールだけをまとめて既読にできる

「メールボックス」画面でアカウントを選んでから、まとめて既読にするだけです。この方法を使えば、たとえばサブで使っているアカウントのメールだけをまとめて既読にすることもできます。

番外編:1通ずつ既読にするには

当然のことながらメールを個別に開けば1通ずつ既読にできますが、メールを開かずとも既読することができます。やり方は簡単。一覧画面でメールを右方向にスライドすると表示される[開封]をタップするか、タップせずにそのまま画面の中ほどまでスライドするだけです。

iPhone:未読メールを既読にする

未読メールが少ないときはこの方法で既読にしてもOK。既読メールを未読に戻すこともできる

また、メールを開いた画面の右上に表示される[<]や[>]をタップしてメールを切り替えていく方法でも、1通ずつの既読処理が可能です。
iPhone:未読メールを既読にする

[<]や[>]をタップする間隔が短すぎると既読にならないので要注意

アプリ「ヒント」をダウンロード
ヒント