iPhoneのキーボードでカーソルを移動させる3つの方法

2017-01-02 10:50

iPhone:カーソル移動

iPhoneiPadでメールやメモを書くとき、テキストの修正は避けられません。ストレスなく編集をおこなうには、カーソル(挿入ポイント=点滅する縦線)の位置をすばやく移動することが不可欠です。

iPhoneやiPadには、カーソルを移動するのにいくつか方法があります。一番かんたんなのは、画面をタップする方法ですが、その際にほかの方法を組み合わせると、位置の微調整がしやすくなり、編集の効率も上がります。

そこで本記事では、iPhone/iPadでキーボードのカーソルを移動させる方法を解説します。

検証端末:iPhone 7(iOS 10.1.1)、iPad(iOS 10.2)

1. 基本:画面をタップする

基本中の基本ですが、カーソルを移動するには画面をタップします。ただ、画面の小さいiPhoneで狙ったところにピンポイントでカーソルを移動させるのは、なかなか難しいはず。

このようなときは、画面を長押しして拡大鏡を表示してから、カーソルを移動したいところまでドラッグします。少し手間はかかりますが、目的の位置まで確実にカーソルを移動できます。

iPhone:画面タップでカーソル移動

拡大鏡を表示した状態でドラッグすると、目的の位置までカーソルを移動できる

iPhone:画面タップでカーソル移動

指を離すと[コピー]や[ペースト]などの編集メニューが表示されるが、そのまま文字を入力すれば編集メニューは非表示になる

2. 横向き:カーソルキーを使える

実はiPhoneでもカーソルキーを使用できます。キーボードを表示した状態で、デバイスを横向きすると、カーソルキーが現れるはずです。ただし、カーソルキーを使えるiPhoneは、iPhone 6/6 Plus以降のデバイスに限られます。

英語キーボードでは右端に、かなキーボードでは中央にカーソルキーが表示され、[<][>]をタップしてカーソルを移動できるようになります。画面をタップしてカーソルを大まかな位置に合わせてから、カーソルキーで微調整をすると、よりスムーズです。

iPhone:横向きでカーソルキーを表示

英語キーボードでは、右端にカーソルキーが表示される

iPhone:横向きでカーソルキーを表示

かなキーボードでは、中央にカーソルキーが表示される

3. 3D Touch:キーボードをトラックパッド化

3DTouch:キーボード

カーソルを自由自在に移動できる

3D Touchを搭載したiPhoneでは、キーボードを軽く押し込むとトラックパッドが利用できます。キーボードがライトグレーに変わり、ドラッグしてカーソルを移動できます。トラックパッドは、iPhoneを横向きにした状態でも利用できます。トラックパッドでカーソルを移動したあと、カーソルキーで微調節という使い方も、もちろん可能です。

iPhone:3D Touchでカーソル移動

キーボードを押し込むとトラックパッド化し、画面から指を離すと元のキーボードに戻る

ちなみにトラックパッドでは、単語や文、段落の選択もできます。トラックパッドに切り替えたあと、指を離さずにもう一度軽く押すと単語を選択。2回押すと一文を、3回押すと段落(パラグラフ)を選択できます。そしてそのまま指をドラッグすると、ほかの段落もまとめて選択できます。

iPhone:3D Touchで範囲選択

軽く押すごとに、単語→文→段落と選択される範囲が拡大する

iPadなら2本指ドラッグでカーソル移動&範囲選択

iPad:ドラッグでカーソル移動

iPadのキーボードをトラックパッド化

iPadならば、iPhoneよりも簡単にカーソルを動かせます。というのも、キーボード上を2本指でドラッグすると、キーボードがトラックパッドに切り替わるからです(iOS 9以上で対応)。その使い勝手はiPhoneの3D Touchを上回り、トラックパッド上で思い通りにカーソルを移動できます。

iPad:ドラッグでカーソル移動

3D Touchのように押し込む必要がないので操作しやすい

さらにiPadでは範囲選択も2本指のドラッグ操作でおこなえます。

方法は簡単。画面上を2本指で触ったあと、すぐに動かさずに0.5秒ほど待ちます。すると範囲選択モードに切り替わるので、そのまま指をスライドさせれば自由自在に範囲を選択できるようになります(範囲選択モードに切り替わったあとは、1本指の操作でも選択可能)。

iPad:ドラッグで範囲選択

iPadだと範囲選択も便利

ダブルタップでも範囲選択モードに移行できますが、カーソル位置を指定したあとに2本指で軽く長押しする前述の方法を使うと、より正確な位置から範囲指定を開始できます。

アプリ「ヒント」をダウンロード
ヒント