【iPhone】忘れたApple IDのメールアドレスを確認できる4つの方法

2017-02-16 15:46

Apple ID

iPhoneユーザーもしくはiPadユーザーであれば、ほとんどの人がApple IDを作成しているはず。Apple IDとは、要はAppleのアカウントとして登録したメールアドレスのことで、自分の名前・生年月日と紐付けられており、設定したパスワードで保護されています。Appleのサービスを利用する上で必須と言ってよいほど重要なID(アカウント)です。

iPhoneでApple IDのパスワード・セキュリティ質問・修復用メールアドレスを変更する方法

しかし、この大事なApple IDをうっかり忘れてしまったり、そもそもApple IDを持っているのか不明になったりすることがあります。

そこで、この記事では、Apple IDを忘れたときやApple IDの有無がわからなくなったときに、Apple IDとして登録してあるメールアドレスをiPhoneで確認する方法を解説します。

検証端末:iPhone 7(iOS 10.2.1)

1. iPhoneでApple IDを確認する基本的な方法

iPhoneを探す」機能などを利用する上で必須となるiCloudにサインインしていたり、普段からアプリのダウンロードや楽曲の購入をおこなっていたりするならば、iPhoneでApple IDを簡単に確認できます。

iCloudかStoreアプリにサインイン済みのiPhoneが手元にあるという条件付きですが、記憶が曖昧でちょっと確認したいようなときにオススメの方法です。本格的に忘れてしまった場合の対処法は後述します。

設定アプリ内の[iCloud]で確認する

設定アプリを起動し、「設定」画面で[iCloud]の項目を探してください。iCloudにサインインしている状態であれば、Apple IDとして登録してあるメールアドレスが表示されているはずです。

iPhone :Apple IDを確認

iCloudはApple IDでサインインしている

iTunes Store/App Storeで確認する

設定アプリを起動し、「設定」画面で[iTunes StoreとApp Store]をタップします。これらのStoreアプリにサインインしているならば、「iTunes StoreとApp Store」画面最上部でApple IDとして登録してあるメールアドレスを確認できます。

iPhone :Apple IDを確認

「iTunes StoreとApp Store」画面

また、iTunes StoreアプリやApp Storeアプリの「おすすめ」タブ最下部にもサインインしているApple IDが表示されています。

iPhone :Apple IDを確認iPhone :Apple IDを確認

左:iTunes Store右:App Store

2. Apple IDを忘れたときの対策A─Apple公式サイトで検索する

Appleでは、Apple IDの情報を管理するための「Apple IDアカウント管理ページ」を用意しています。このページでメールアドレスなどを入力すると、そのメールアドレスがApple IDとして使われているかどうかを検索できます。

Apple IDが見つかりました

Apple IDを検索できる

ほとんどの場合、Apple IDは自分が現時点でよく使っているメールアドレスか、過去に使ったことのあるメールアドレスです。「Apple IDを忘れた」というとき、頻繁に使っているメールアドレスを失念したことが原因であるケースは稀でしょう(そもそもApple IDを忘れる以前の問題です)。したがって、Apple IDを忘れてしまったという場合は、過去に利用したことのあるメールアドレスを入力し、有効なApple IDかどうか確認してみるとよいでしょう。

1Apple公式サイトで[Apple ID またはパスワードをお忘れですか?]をタップする

Apple ID 管理

Safariなどのブラウザで「Apple ID を管理」ページ(https://appleid.apple.com)を開き、[Apple ID またはパスワードをお忘れですか?]をタップします。

2[Apple ID をお忘れですか?]をタップする

Apple ID をお忘れですか?

「サインインできませんか?」と尋ねられるページに移動したら、下部にある[Apple ID をお忘れですか?]をタップします。

このアカウント管理ページでは、Apple IDのパスワードを調べることもできます。

3必要な情報を入力する

Apple IDを検索

Apple IDに登録したと思われる名前(姓と名)およびメールアドレス、画像内の文字コードを入力して、右上の[次へ]をタップします。

結婚・離婚や養子縁組などにより、Apple ID登録時点と現在で名前が変わっていることがある点に注意してください。

間違いのある情報を入力した場合は、「Apple ID が見つかりません」と表示されます。

Apple IDが見つかりません

入力された情報に一致するApple IDが見つからない

[もう一度試す]をタップして、Apple IDが見つかるまで別のメールアドレスを入力してみましょう。

3. Apple IDを忘れたときの対策B─他のデバイスで確かめる

他のiOS端末やMac、Windows PCを持っているなら、探しているApple IDでサインインしている端末があるかもしれません。iOS端末であれば、前述した方法でApple IDを確認できる可能性があります。

Macでは[システム環境設定]→[iCloud]で、iCloudにサインインしているApple IDを確認できます。

MacでiCloudにサインインしているApple IDを確認

MacでiCloudにサインインしているApple IDを確認

MacでiTunesにサインインしている状態なら、iTunesの[アカウント]などからでもApple IDをチェック可能です。

Windows PCの場合、iTunesにサインインしている状態であれば、Macと同様に[アカウント]などからApple IDを確認できます。

4. Apple IDを忘れたときの対策C─iTunesで調べる

iTunes Storeで楽曲などを購入したことがあるなら、パソコンのiTunesを使って購入時のApple IDを調べられます。

iTunesのプレイリストなどから購入したアイテムを表示し、右クリックして[情報を見る](Mac)/[プロパティ](Windows)をクリックします。

iTunesでApple IDを確認する

Mac版iTunes

別ウィンドウが開いたら、「ファイル」タブの「購入者」の項目にアイテムを購入したApple IDが表示されます。

「購入者」に楽曲を購入したユーザー名とApple IDが表示されている(Mac版iTunes)

「購入者」に楽曲を購入したユーザー名とApple IDが表示されている(Mac版iTunes)

アプリ「ヒント」をダウンロード
ヒント