iPhone 7でSuicaカードをApple Payに追加する方法と6つの注意点

2016-10-26 19:17

Apple PayにSuicaを追加

Appleの電子決済サービス「Apple Pay」が日本でサービスを開始しました。これによりJR東日本発行の交通系ICカード「Suica」をiPhone 7/7 PlusおよびApple Watch Series 2に追加できるようになっています。

本記事では手持ちのSuicaカードをiPhone 7のApple Payに取り込む方法と6つの注意点を解説します。

検証端末:iPhone 7(iOS 10.1)

Apple Payに追加できるSuicaカードの種別

まず前提条件として、Apple Payに取り込めるSuicaカードを確認しておきます。取り込み可能なのは次の種別のSuicaカードです。

  • Suica(無記名)
  • My Suica(記名式)
  • Suica定期券(通勤・大学相当の通学)

これら以外のSuicaカードは取り込みの対象外とされています。

Suica機能付きクレジットカードや高校生以下の通学定期券、割引定期券(障害者、特定者、普通職業訓練)、Suica以外のICカード、JR東日本以外発行のICカード、Suica付学生証・社員証、ゆうちょICキャッシュカードSuicaなどはSuicaカードとして取り込めないので注意が必要です。

ユーザー数が多いであろうクレジットカード一体型の「ビュー・スイカ」であっても、Apple Payに直接取り込むことはできません。ただし、Suicaアプリ経由でオートチャージ機能を利用するにはビューカードが必須となるので、使い所は十分残されています。

iPhone 7でSuicaカードをApple Payに追加する方法

実際にiPhone 7でSuicaカードをApple Payに追加する手順を説明します。

1「Wallet」アプリでApple Payの[+]をタップする

iPhoneのホーム画面で「Wallet」アプリを起動します。起動直後の画面でApple Payのカード上のブロックの右上にある[+]をタップします。

Apple PayとSuica

Walletアプリ

2右上の[次へ]をタップする

Apple Payの簡単な説明が表示されるので右上の[次へ]をタップします。

Apple PayとSuica

Apple Payの説明

3「カードの種類」でSuicaを選ぶ

「カードの種類」で[Suica]を選択してください。

Apple PayとSuica

カードの種類を選択する

4カード番号を入力する

次にカードの固有番号を入力します。

カードの固有番号はSuicaカード裏面の右下に記載されています。

Suicaカードの裏面

Suicaカードの裏面

JEから始まる番号の下4桁を入力します。

Apple PayとSuica

カード情報の入力画面

無記名式のカードの場合、入力するのはカードの固有番号のみ。他方、My SuicaやSuica定期券のように名前が券面に記載されている記名式カードを取り込む場合は、登録してある生年月日も入力します。

5利用条件に同意する

利用条件が表示されるので、右下の[同意する]をタップします。

Apple PayとSuica

東日本旅客鉄道株式会社ICカード乗車券取扱規則

6Suicaカードを転送する

Suicaカードの情報をiPhoneに転送します。

Apple PayとSuica

転送方法の説明画面

画面に転送方法の説明が表示されるので、そのとおりにiPhoneをSuicaカードの上に置きます。

Apple PayにSuicaを追加する

Suicaカードの下半分を隠すようにiPhone 7を置く

すると、すぐに転送中の画面が表示され、プログレスバーで転送状況が示されます。この時、iPhoneをSuicaカードから離さないようにしてください。

Apple PayとSuica

iPhoneにカード情報が転送される

7カードの追加が完了する

転送が終了すると「カードの追加」画面が表示されます。右上の[次へ]をタップします。

Apple PayとSuica

カードが追加された

最初に取り込んだSuicaカードは自動的にエクスプレスカードに設定されます。エクスプレスカードとはiPhoneの指紋認証機能「Touch ID」を使わずにSuicaを利用できるカードのこと。エクスプレスカードにはSuicaを1枚だけ設定できます。右上の[完了]をタップしてください。

Apple PayとSuica

エクスプレスカード設定

なおエクスプレス設定は、改札機を素早く通過したり、店頭での買い物をスムーズに済ませるために利用できる特別な設定です。そのため、Apple Payに取り込んだ通常のクレジットカードをエクスプレスカードに設定することはできません。セキュリティを低下させるに値するメリットがないからです。

続けてSuicaカードのアクティベートが実行されます。

Apple PayとSuicaApple PayとSuica

Suicaカードのアクティベート

アクティベートが完了すると残高などが表示されます。

Suicaカードを取り込む際の6つの注意点

Suicaカードを取り込む際は、以下の点に注意しておきましょう。

1. Suicaの記念カード・限定カードの絵柄は引き継がれない

「東京駅開業100周年記念Suica」のような絵柄が通常とは異なる限定SuicaをApple Payに取り込むと、Apple Pay上の絵柄は通常のペンギンのものとなります。

2. Suicaカードに戻せなくなる

SuicaをApple Payに取り込む操作を完了すると、その後で再びSuicaカードに戻したいと思っても戻せなくなります。つまり、元々のSuicaカードは無効化され、単なるプラスチックカードになってしまうということです。

無効化されたSuicaカードに再チャージすることはできません。特に保存しておく価値を認めないならば、廃棄しても問題ありません。

3. 500円のデポジットは電子マネーになる

Suicaカードを新規発行したときに預けた500円のデポジットは、取り込まれたSuicaのSF(電子マネー)に加算することで返金されます。どこかに消えてしまうわけではありません。

4. Suicaカードのオートチャージ設定は引き継がれない

Suicaカードを取り込むと、Suicaカードのオートチャージ設定は一旦解除されます。自動的に引き継がれることはありません。

オートチャージ機能を利用するためには、Suicaアプリで再設定する必要があります。

5. Suicaの固有番号が変わる

Suicaカードを取り込むと、Suicaの固有番号が変更されます。Suicaポイントクラブなどのサービス登録をおこなっていた場合は、再登録が必要となります。

6. バッテリー切れ/電源オフ状態だとSuicaを使えない

iPhoneの電源が切れている状態だとApple Payに取り込んだSuicaを使うことはできません。

アプリ「Suica」をダウンロード
Suica