「+メッセージ」の使い方、既読オフ機能・豊富な無料スタンプが魅力のLINE風メッセージングサービス

2018-09-02 10:32
記事タイトルとURLをコピーする

「+メッセージ」の使い方、既読オフ機能・豊富な無料スタンプが魅力のLINE風メッセージングサービス

2018年5月、NTTドコモ、au、ソフトバンクの大手キャリア3社が合同で新しいメッセージングサービス「+メッセージ(プラスメッセージ)」を発表しました。電話番号の情報だけでLINEやSMSのように、テキストや写真を送ることができるサービスです。

今回は「+メッセージ」の使い方や、既存のサービスとの違いなどを紹介します。

+メッセージとは

+メッセージ アプリトップ画像

Image:NTTドコモ

「+メッセージ」は、従来のSMSの進化版とも言えるメッセージングサービス。大手キャリア3社が合同でスタートしたこのサービスは、電話番号だけで相手とつながることができ、テキストやスタンプ、写真や動画などをやりとりすることができます。また個人間だけでなく、複数人のグループでメッセージを交わすことも可能です。

ただし利用できるのは、大手キャリアと契約しているユーザー同士のみです。現在、格安SIMのユーザーは使えませんので注意してください。LINEやショートメッセージサービス(SMS)との違いは、以下の通りです。

+メッセージとLINE・SMSとの違い
+メッセージ LINE SMS
最大文字数(1通あたり) 全角2730文字 最大1万文字 全角70文字
スタンプ
写真・動画
ファイル添付
グループメッセージ
既読確認 ◯(オフにすることも可)
メッセージの取り消し機能
料金(一通あたり) パケット代のみ パケット代のみ 3〜30円(文字によって異なる)

もともと携帯電話で利用されていたSMSと比べると、大幅に利便性が向上しています。料金もLINEと同じくパケット代のみ、SMS送信料不要で送受信が可能になりました。

さらにLINEとの大きな違いが、既読確認の機能です。「+メッセージ」では、既読機能をオフにすると、相手のメッセージ欄に既読マークがつかなくなります。これまで既読が相手に伝わることに抵抗があった人にとっては嬉しい機能です。ただし「+メッセージ」には、LINEのような送信メッセージの取り消し機能はありません。

+メッセージを設定する

インストール方法

Android 4.4以上、iOS 9.0以降の端末で利用できますが、各キャリアによって非対応機種があります。また、ソフトバンクやauの2018年6月以前のAndroid向け「+メッセージ」または旧「SMS」アプリは、メッセージデータのバックアップを行った上で新しい「+メッセージ」アプリを再ダウンロード、またはアップデートする必要があるため十分な注意が必要です。

「+メッセージ」は以下、各キャリアの公式サイトからダウンロードできます。

NTTドコモ
au
ソフトバンク

+メッセージの初期設定

「+メッセージ」をインストールしたら、初期設定をおこないます(ここではiOS版の画面で解説しますが、Android版でも基本的に操作は同様です)。

+メッセージ アクセス権限 設定画面+メッセージ Wi-Fi接続 解除画面

連絡先へのアクセスを求められるので、「OK」をタップしてください。

その後、キャリアで利用していることを確認するために、一時的にWi-Fi接続を解除するよう求められます。

+メッセージ 設定完了画面+メッセージ プロフィール画面

「設定が完了しました」という画面が表示されたら[OK]をタップしてください。これで設定は完了です。

続けて、プロフィール画面が表示されます。入力は任意です。そのまま[次へ]をタップしてください。

メッセージを送信する

相手を+メッセージへ招待する

+メッセージ 連絡先 表示画面+メッセージ 連絡先一覧

+メッセージのメイン画面が表示されます。早速メッセージを送ってみましょう。

画面左下の[連絡先]をタップすると、スマホに保存された電話帳の連絡先が表示されます。

+メッセージ 連絡先一覧+メッセージ 招待画面

やりとりをするには、相手も「+メッセージ」をインストールしている必要があります。なお、すでにインストールしている人は、[+メッセージ]をタップすると一覧表示されます。

「+メッセージ」を利用していない人を招待する場合は、電話帳のリストから招待する人を選択し、相手の詳細画面にある[+メッセージに招待する]をタップします。

+メッセージ リンク先 表示画面

SMSが起動し、「+メッセージ」のリンク先が表示されるので、そのまま送信すれば相手に送られます。これで招待は完了です。

相手がインストールしたら、「+メッセージ」でやりとりができるようになります。

相手にメッセージを送る

+メッセージ 連絡先 アイコン+メッセージ 本文入力画面

メッセージを送りたい相手の連絡先画面にある[+メッセージ]をタップします。

メッセージ画面が表示されるので、テキストや写真を送りましょう。

+メッセージ 送信後画面

メッセージが無事に送信されると、吹き出しの左にチェックマークが表示されます。相手がメッセージを読むと(既読)、このチェックマークが2つになります。

+メッセージ スケジュール作成画面

また「明日」や日付など、下線が表示されている単語をタップすると、カレンダーやスケジュールが起動して予定をスムーズに登録できます。

既読機能をオフにする

+メッセージ 設定画面+メッセージ マイページ 設定 プライバシー+メッセージ プライバシー 既読切り替え

既読機能をOFFにしたい場合は、メイン画面左下の[マイページ]→[設定]→[プライバシー]の順にタップし、[メッセージの既読機能]をオフにすれば完了です。

スタンプをダウンロードする

+メッセージ マイページ スタンプストア+メッセージ スタンプ一覧

メッセージのやり取りに使えるスタンプは、メイン画面左下の「マイページ」から[スタンプストア]をタップしてください。

+メッセージ スタンプ ゆるいうさぎらしい

一覧の中からダウンロードしたいスタンプを選んで[ダウンロード]をタップすれば完了です。現在のところ、すべて無料でダウンロードできます。

グループメッセージを利用する

+メッセージ グループメッセージ作成画面

LINEと同じように、複数人で利用できるグループメッセージを作成することもできます。

メイン画面の右上に表示されている[+]から[新しいグループメッセージ]の順にタップします。

+メッセージ 連絡先一覧 +メッセージ グループ名入力画面

グループに加える相手を一覧から選択して、[次へ]→[完了]の順にタップすればグループが作成できます。グループ名の入力は任意です。

+メッセージ グループメッセージ やり取り画面

グループ内でのやりとりは、メンバー全員と同時に行えます。

まとめ

機能面でLINEと大差はなく、LINEでつながっている友達が多い場合や、相手のLINE IDは知っているけれど電話番号は知らない場合など、LINEの利用者が「+メッセージ」へ乗り換えることで感じるメリットは少ないかもしれません。

ただ、普段はSMSをメインにやりとりしている人なら、+メッセージの豊富な無料スタンプやグループメッセージ機能の利便性は十分感じられるはずです。また、前述の通り既読機能がオフにできるのは「+メッセージ」ならではの魅力です。LINEの既読にストレスを感じている人は、一度試してみてもいいかもしれません。

構成・文:藤原達矢

編集:アプリオ編集部

EDITED BY SORA