LINEの無料グループ通話のやり方まとめ【iPhone/Android/PC対応】

2018-11-19 18:37
記事タイトルとURLをコピーする

LINE グループ 通話

LINEで最大200人と同時に話すことができる「グループ通話」機能。顔を見ながらのビデオ通話も利用でき、通話中の会話にも気軽に途中参加できます。本記事ではグループ通話のはじめ方や注意点について詳しく解説します。

LINEのグループ通話機能とは

グループ通話機能は、LINEのグループトークまたは複数人のトークルーム上で無料の音声通話ができる機能です。参加できる人数が最大200人に上る点が大きな特徴となっており、画面には自分を含めて最大4人の顔が映し出されます。iPhoneおよびAndroidのスマホ版に加えてPC版LINEにも対応しているため、複数人で通話をしながら別の作業を並行することもできます。

グループトーク/複数人トーク | LINEの使い方 完全ガイド

LINEでグループ通話をはじめる方法

グループトーク トークルーム無料通話 ビデオ通話

グループトークもしくは複数人のトークルームを開き、電話ボタンをタップします。

次の画面で、[音声通話]または[ビデオ通話]をタップします。

音声通話 通知

そのトークルームに参加している全メンバーに対して、「グループ音声通話が開始されました。」という通知がなされます。

このメッセージには既読の表示が付きません。このため、通話が開始されたのがわかっているのに応答しない、拒否しているというようなことを招待者に知られる心配はなく、気兼ねなく通話に参加またはスルーすることができます。

通話参加確認

通話に入りたい時には、参加の可否を確認するポップで[OK]をタップします。

グループ通話中の操作方法

通話画面の見方と基本機能

音声通話の画面ビデオ通話の画面

左:音声通話の画面右:ビデオ通話の画面

音声通話の場合は、グループメンバー全員(通話への参加を呼びかけたユーザー)のアイコンが、ビデオ通話の場合はそれぞれの顔が画面上に表れます。

発言中のメンバーのアイコン上にはマークが表示されるため、誰が発言しているのかが視覚的にわかります。

また、画面下部のマイクボタンを押すとマイクオフに、右下のスピーカーボタンを押すとハンズフリーモードになります。

まだ通話に参加していないメンバーに個別で招待通知する方法

未参加メンバー招待タブメンバーを個別招待

グループ通話画面上に未参加メンバーがいる場合、最初の通話開始通知に気が付いていない可能性もあります。

まだ通話に参加していないメンバーに対して個別に招待通知を送りたい場合、画面上部にある人型に矢印の付いたボタンをタップします。

未参加メンバーと参加中のメンバーがひと目で分かります。未参加メンバーの名前横にある[招待]タブをタップします。

招待通知招待されたメンバーのトーク画面 通話参加確認

すると、そのメンバーとの1対1トークの画面に招待通知が送られます(ただし、招待した側のトーク画面には反映されず、招待された側だけがメッセージを確認できます)。

右上は招待された側のトークリスト画面ですが、グループトークとは別のところで個別に招待が送られています。この招待に関しても、招待者のトークに既読が付くことはありません。

グループ通話を終了する方法

トーク画面 通話終了表示

グループ通話からは、通話画面の赤い終話ボタンを押せば離脱できます。

参加しているメンバー全員が通話を止めた時点で、グループ通話が完全に終了してグループトークにも表示が付きます。

PC版LINEでグループ通話をはじめる方法

PC版およびMac版のLINEアプリにも、グループ通話機能が実装されています。

PC版LINE グループトークの画面

グループ通話のはじめ方は簡単です。該当するグループまたは複数人トークを開き、メッセージ入力欄の右下にある電話ボタン/ビデオ通話ボタンをクリックします。

通話中のポップアップ

グループ通話画面の構成や操作については、スマホ版LINEとほぼ同一です。

通話中のメンバーの名前が表示される

画面中央に今話しているメンバーの名前が表れます。

検証したLINEのバージョン:iOS版8.16.1、Android版8.16.3

EDITED BY SORA