iTunesカード(コード)の使い方まとめ、割引で購入する方法も紹介

2017-01-09 15:09

今さら訊けない「iTunesカード(コード)」の使い方まとめ、割引で購入する方法も紹介

コンビニなどで当たり前に見かけるようになっている数々のプリペイドカード。Google PlayギフトカードLINEプリペイドカードなど多くの種類がありますが、今回はAppleが提供する様々なサービスで使える「iTunesカード(コード)」について、主にiPhoneにおける利用方法を解説。少しおトクに購入できる方法も紹介します。

iTunesカード(コード)とは

iTunesカードはプリペイド(前払い方式)カードの一種です。裏面に記載されたコードを入力することでカードの種類に応じた金額がApple IDにチャージされ、iTunes Store(音楽・動画)、App Store(アプリ・ゲーム)、iBook Store(電子書籍)などアップルが提供している各種サービスの料金、コンテンツ購入などに使用できるようになります。パズドラの魔法石やポケモンGOのポケコインといったアプリ内のアイテム、ガチャなどの購入にも利用可能です。

携帯電話会社の利用料金と合わせて払うキャリア決済や、クレジットカードによる決済ができなくても課金できるのに加え、チャージ(購入)した金額分しか使えないので、知らず知らずのうちに使いすぎてしまったということがないのが、こうしたプリペイドカードを使う大きな利点といえるでしょう。

iTunesカード(コード)はどこで買える? 種類は?

iTunesカードは直営のApple Storeのほか、家電量販店、携帯電話ショップ、コンビニ、大手スーパーなどで入手できます。基本的に1500円、3000円、5000円、1万円の4種類が販売されています。カードは非課税なので、額面ぴったりのお金をレジで払えば購入できます。

また、レジを通して決済しなければコードが有効(アクティベーション)にならない仕組みになっています。一部キャンペーンなどでは、500円や1000円分のカードもあるようです。

iTunesカード

ドコモやau、ソフトバンクの各キャリアのオンラインショップでは、カードではなく「iTunesコード」のみを販売していますが、使い方はiTunesカードと同じです。

ドコモオンラインショップ

au オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

ちなみに、ネットオークションやフリマアプリなどでiTunesカードが出品されていることがあります。しかし、アクティベーションされていない、あるいは使用済みのカードが出回っている場合もあるので、割安でも購入は避けたほうがよいでしょう。

バリアブルiTunesカード(コード)とは

iTunesカードには、「バリアブルiTunesカード(コード)」というものもあります。これは、1500~5万円の間で、自由に金額を決めて購入できるというもの。額面の決まったカードではたとえば1550円分購入したいと思ってもできず、半端にクレジットが余ってしまうことがありますが、1円単位で指定できるバリアブルなら、そうした場合にも柔軟に対応できるというわけです。

購入時はバリアブルカードをレジに持っていき、チャージしたい金額を店員に伝えて支払いをします。

iTunesカード(コード)でできること

iTunes Storeで音楽や映画を購入・レンタルする

iTunesカード

「iTunesカード」の名のとおり、最もオーソドックスな使い道です。当然、金額には幅がありますが、音楽はシングルなら250円、フルアルバムなら2200円ほど、映画はレンタルが500円、購入なら2500円ほどのものが多いようです。

App Storeで有料アプリを購入する

iTunesカード

懐かしのあのゲームや大手ゲーム会社の制作したハイクオリティのゲームなど、有料アプリの購入もできます。無料版と有料版のあるアプリでは、広告が表示されなくなる、機能が拡張されるなど、有料版ならではの特典があります。

アプリ内課金・機能拡張

iTunesカード

前述のように、「App内課金有り」と表示されているアプリでは、その課金にiTunesカードを利用できます。ガチャのチケットや魔法石、ポケコインといったゲーム内アイテムの購入、持ち物の上限増加などの機能拡張ができます。

iBooks Storeで電子書籍を購入する

iTunesカード

iBooksはアップルが提供する電子書籍リーダーです。ストアには、ベストセラーや人気ドラマの原作、漫画などが充実しています。

Apple Musicを利用する

iTunesカード

アップルが提供する定額制の音楽配信サービス「Apple Music」。個人プランなら月額980円、6人まで登録できるファミリープランなら月額1480円で音楽が聴き放題になります。

ただし、Apple Musicの利用には、別途「Apple Musicギフトカード」も用意されており、長期で利用するならこちらを使ったほうがおトクです(詳細は下記特集を参照)。

Apple Musicの使い方──料金プランから基本機能、歌詞表示、オフライン再生、ギフトカード、退会方法まで

iTunes Matchを利用する

iTunes Matchは、年額3980円でiTunesライブラリをiCloudに保存してくれるサービス。これを利用すれば、手持ちのCDから取り込んだ曲をiPhoneやiPodに同期していなくても、いつでもストリーミング再生できるようになります。

iCloudミュージックライブラリとは──Apple MusicやiTunes Matchで音楽を管理する時の注意点まとめ

iTunesカード(コード)をプレゼントする

iTunesカードそのもの、もしくはiTunesコードをプレゼントするというのも一つの使い道です。バリアブルiTunesカードで、記念日や語呂合わせ、ラッキーセブンの「7777円」といった金額を購入してプレゼントするのも面白いかもしれません。

iTunesカード(コード)の使い方

クレジット(残高)をチャージする

iTunesカードiTunesカード

まず、カードを台紙からはがして裏面の銀色スクラッチ部分を取り除きます。

テープになっているのでそのままはがすこともできますし、10円玉などで削り取ることも可能。あまり鋭いものでこするとコードごと削れてしまう恐れがあるので注意が必要です。

iPhoneの場合

iPhoneで「iTunes Store」「App Store」「iBooks Store」のいずれかを起動して開きます。

iTunesカードiTunesカード

iTunes Storeでは「ミュージック」「映画」「トーン」のいずれかを、App Store、iBooks Storeでは「おすすめ」セクションを開いて画面を一番下までスクロールし、「コードを使う」をタップします。

パスワードを入力し、Apple IDでサインインします。

iTunesカードiTunesカード

[コードはキーボードでも入力できます。]をタップしてカード裏面のコードを入力します。コードが四角い枠で囲まれているカードの場合、[カメラで読み取る]をタップして自動読み取りすることもできます。

[完了]をタップすれば、チャージが完了します。

Androidの場合

Android端末でも「Apple Music」のメンバーシップ登録などにiTunesカードを使えますが、その他は対応しているサービスが限られるため、あまり現実的ではないかもしれません。

iTunesカードiTunesカード

「Apple Music」アプリを開いて、左上のハンバーガーボタンをタップします。

続いて、ユーザー名の部分をタップします。

iTunesカードiTunesカード

少しのタイムラグ後、[コードを使う]が表示されるのでタップ。カード裏面に記載されたコードを入力し、[コードを使う]をタップします。

Apple IDにログインしていない場合はここでパスワードを求められるので、正しく入力します。これで、チャージは完了です。

チャージしたクレジット(残高)で支払いをする

iTunesカードでチャージしたら、早速使ってみましょう。ここでは有料アプリを購入してみます。

iTunesカードiTunesカード

iPhoneでApp Storeを起動し、アプリを選択して[購入]をタップします。あとはApple IDのパスワードを入力すれば、購入完了です。アプリ以外のコンテンツでも、これとほぼ同じ方法で購入できます。

Apple Musicなど定額サービスの支払いにiTunesカードを使う場合、常に十分な金額をチャージしておく必要があります。チャージが切れると次回更新がされずに契約が切れる、もしくは他に登録しているクレジットカードなどの決済方法に自動的に切り替わります。

支払い方法の切り替え

他の決済方法とiTunesカードを併用する場合、iTunesカードでチャージした分が優先的に使われます。それが尽きたら、自動的に他の決済方法に切り替わります。利用金額を正確に把握したいなどiTunesカードのみで利用したいという場合は、支払い方法を切り替えておくと確実です。

iTunesカード

iPhoneの「設定」アプリから[iTunes StoreとApp Store]→[Apple ID]→「Apple IDを表示」の順で進み、パスワードを入力します。

iTunesカードiTunesカード

続いて[お支払い情報]をタップして、支払い方法の中から[なし]を選択。右上の[終了]をタップすれば変更完了です。

これで、iTunesカードでチャージしたクレジットがない場合はアプリなどの購入ができなくなります。

iPhoneでApple IDの支払情報を変更する方法──クレジットカードや請求先住所を修正・削除する

チャージ残高を確認する方法

残高を簡単に確認するには、iTunes Store、App Store、iBooks Storeのいずれかを開き、「おすすめ」セクションで画面を下までスクロールします。

iTunesカード

チャージ金額が残っている場合、Apple IDの下部に残高が表示されています。

「設定」からも確認できます。支払い方法を確認する時と同様に、[iTunes StoreとApp Store]→[Apple ID]→[Apple IDを表示]の順で進み、パスワードを入力。Apple IDにサインインすると、残高が表示されます。

iTunesカード(コード)を割引で購入するには

iTunesカード

ドコモオンラインショップで実施されたiTunesコード割引キャンペーンの一例

キャリアやコンビニ、家電量販店などでは、iTunesカードの割引やポイント増量キャンペーンが不定期でおこなわれています。また、ポイントカードのある店で購入すればポイントが付きますから、ちょっとだけお得になります。

割引キャンペーンを自動で通知してくれるアプリもあるので、インストールしておけばキャンペーンを見逃さずにより安くiTunesカードが購入できます。

アプリ「割引キャンペーンチェッカー for iTunesカード」をダウンロード
割引キャンペーンチェッカー for iTunesカード