LINEで友達のアカウントを別の友達に紹介する(教える)方法、IDが使えない時に便利【iPhone/Android】

2017-02-11 23:03

LINE 友達 紹介

「○○のLINEを教えて」──。LINEを使っていて意外と少なくないのが、自分のLINE友だちAに対して、別の友だちBの連絡先(LINEアカウント)を紹介したいというシーンです。

LINEで友達を追加する方法は非常に多く用意されており、このシーンでもLINE IDを教えて検索してもらえば済みそうですが、そもそもIDは本人に訊かなければわかりませんし、人によってはIDによる検索を許可しない設定にしていたり、IDを設定していないこともあります。

「LINE ID」とは──設定・変更・削除の方法や年齢確認、ID検索できないケースなどを解説

では、どうするのが最も手軽でしょうか。案外見落としがちなのが、トーク内のメニューから連絡先を共有するという方法です。

友だちを別の友だちにトーク上で「紹介」する方法

ここでは自分が、今トークしている友だち相手「山本さん」に、別のLINE友達である「佐藤さん」を紹介したいというケースを例に挙げて、共有の手順を紹介します(iPhone/Android共通)。

LINE 友達 紹介

まず、山本さんとのLINEトーク画面を開いたら、メッセージ入力窓の左にある[+]ボタンをタップします。

メニューが表示されるので、スクロールして[連絡先]を選択します。

LINE 友達 紹介

自分のLINE友だちが一覧で表示されます。

(山本さんに)紹介したい人(=佐藤さん)を選んでチェックを入れ、[OK(選択)]ボタンをタップ。なお、複数の友達を選択することはできません。

LINE 友達 紹介

山本さんとのトークルームに、佐藤さんのアイコンと名前で連絡先が送信されます(相手にはLINEの名前で表示されます)。

LINE 友達 紹介

紹介された側(山本さん)がアイコンをタップすると、友だち(佐藤さん)のポップアップが出ます。ここでのユーザー名は、佐藤さん自身が登録している名前が表示されます(当然、本名と異なる場合もあり)。

あとは[追加]をタップするだけで、山本さんは佐藤さんを友達に追加できます。

友達に追加すると相手には通知が届くのか?

結論から言えば、前述のような「紹介」による友達追加では、追加された相手に通知が届くことはありません。ただし、相手の「知り合いかも?」には表示されます。つまり、先ほどの例では佐藤さんの「知り合いかも?」欄に山本さんが表示されるというわけです。

LINE 友達 紹介

通常、「知り合いかも?」には自分が友だちとして追加された理由が表示される仕様ですが、トーク上で紹介されて追加されたケースでは理由は表示されません(理由の欄は空白になります)。

このため、実際に知っている者同士ならよいのですが、事前に紹介することを伝えておかないと、相手は不審に思ってブロックしてしまう可能性があることに注意が必要です。

LINEの「知り合いかも?」とは──表示される/されない理由、消し方、自分を表示させない方法など