スマホ版LINEからPDFやExcel等のファイルを送信する方法と注意点【Android】

2017-02-21 18:07

スマホ版LINEからPDFやExcel等のファイル送信が可能に、その方法と注意点【Android】

Android版LINEアプリ(バージョン7.1.0)において、PDFやWord、Exelといった文書ファイルや音楽ファイルなどをトークで送信することが可能になりました。実際にファイルを送る方法や注意点などについて紹介します。

これまでLINEのスマホ版アプリでは、写真や動画を送ることはできましたが、文書などのファイルをトークで送ることはできませんでした。PC(パソコン)版LINEを経由してファイル送信する方法や、クラウドストレージサービスで共有リンクを生成し、それをトークで送るといった手段はありましたが、今回スマホのLINEからファイルを直接送ることが可能になり、利便性が向上しています(送信は現在Andoroid版のみ対応、iPhone版でも受信は可能です)。

LINEのトークでファイルを送信する方法

LINE ファイル送信 エクセル PDFLINE ファイル送信 エクセル PDF

LINEアプリのトークルームで[+]ボタンをタップし、メニューを開きます。

[ファイル]を選択します。

LINE ファイル送信 エクセル PDFLINE ファイル送信 エクセル PDF

ファイルマネージャが表示され、端末内や利用中のクラウドストレージ等からファイルを参照できます。

送りたいファイルが保存されている場所へ進み、ファイルを選択してください。ファイルの複数選択はおこなえません。

LINE ファイル送信 エクセル PDFLINE ファイル送信 エクセル PDF

ファイルを選ぶと確認画面が表示されます。[はい]をタップすれば送信が始まります。

今回はPDFファイルを送信してみましたが、巨大サイズのファイルでなければ圧縮されることはないようです。ただし有効期間が示されており、7日以内に閲覧もしくは保存などをおこなわないとファイルにアクセスできなくなるものとみられます。

受信したファイルは保存できる?

LINE ファイル送信 エクセル PDFLINE ファイル送信 エクセル PDF

送られてきたPDFファイルをタップすると、LINEアプリ上でもすぐに閲覧することが可能です。ただし、ファイルによってはきちんと表示されないものもあります。

その場合、共有メニューからLINE KeepやDropboxなどのクラウドストレージへの保存や、各種アプリにファイルをコピーすることができるので、いったん保存した後に対応アプリ(PDFやOfficeなど)で閲覧したほうがよいでしょう。

LINE ファイル送信 エクセル PDFLINE ファイル送信 エクセル PDF

また、Android版LINEではファイルの閲覧は[ビューワーを起動]からおこなえます。ここで閲覧に対応したアプリを指定できるので便利です。

[Keepに保存]でいったんLINE Keepにアップロードした後、Keepのファイル詳細画面で下向き矢印ボタンをタップすれば、端末内にもファイルを保存できます。

LINEのKeep(キープ)機能の使い方──写真・動画・ファイル等の保存方法と見方、消し方などを解説

音楽ファイルなども送信できるが

文書ファイルだけでなく、音楽ファイルなども送信できるのか、今回mp3形式の楽曲ファイルを試しに送信してみました。

LINE ファイル送信 エクセル PDFLINE ファイル送信 エクセル PDF

ファイル送信の手順は前述とまったく同じ。トークの[+]ボタンから[ファイル]と進み、ファイルマネジャー画面から送りたい音楽ファイルを選択します。

送信確認の画面で[はい]をタップ。

LINE ファイル送信 エクセル PDFLINE ファイル送信 エクセル PDF

こちらも特に圧縮されることなく、ファイルが送信できました。

ただし受信側では、iPhone/Android版ともにLINEアプリ上での再生はおこなえませんでした。文書ファイル同様にクラウドストレージ等への保存は可能なので、一度保存した上で再生アプリを通じて楽しむことはできます。