LINEの“誤爆”を防止する、トークの「ショートカット」の作り方【iPhone/Android】

2017-07-25 22:58

“誤爆”防止にも効果、LINEトークの「ショートカット」の作り方【iPhone/Android】

家族や恋人、親しい友達・グループなど、LINEでは頻繁にやりとりする相手の「ショートカット」を作っておくと、直接ワンタップでトーク画面を開けて便利。トークリストでの選択ミスを避けられるため、メッセージを誤って別トークに送ってしまう“誤爆”の予防にもなります。

基本的にAndroid版のみに提供されている機能ですが、iPhone版でもウィジェット活用のショートカット(お気に入り)を作成することが可能です。

【アンケート】LINEの「誤爆」経験者は意外と多い?

Android版LINEでショートカットを作る方法

Android版LINEアプリにおけるショートカット作成は簡単です。トークまたは無料通話がすぐに始められるショートカットを作れますが、グループについては、トークのショートカットのみに対応しています。

作成手順

LINE 誤爆 ショートカット 作成

まずは、ショートカットを作りたい相手とのトーク画面を開きます。

トーク画面右上の[V]ボタンをタップしてメニューを表示させ、[トーク設定]を選択します。

LINE 誤爆 ショートカット 作成

ここで、[トークショートカットを作成]または[無料通話ショートカットを作成]をタップすると、トークや無料音声通話のショートカットを設置できます。

LINE 誤爆 ショートカット 作成

ホーム画面にショートカットアイコンが配置されます。

トークのショートカット(左)を押せば直接その相手とのトークルームが、通話のショートカット(右)をタップすれば即、音声通話がかかります。

iPhone版LINEでショートカットを作る方法

iPhone版LINEアプリには、正式にショートカットを作成する機能は提供されていません。しかし、お気に入りとウィジェットを活用することにより、ほぼショートカットと呼べる機能を使うことができます。グループにも対応します。

※過去には、別途アプリを使ってショートカットを作成する方法もありましたが、相手にLINEの友だち追加用URLを教えてもらう必要があったり、当該アプリがアップデートを休止したままであることなど実用面で難があるため、本稿では割愛します。

作成手順(iOS 10)

LINE 誤爆 ショートカット 作成 iPhone

iPhoneのホーム画面の最初のページで、右スワイプします。

ウィジェットの一覧画面になるので、下部にある[編集]ボタンをタップします。

LINE 誤爆 ショートカット 作成 iPhoneLINE 誤爆 ショートカット 作成 iPhone

LINEのウィジェットを設置します。ウィジェット対応アプリの一覧から、[LINE]の横にある[+]ボタンをタップ。

上部にLINEが追加されたら、[完了]ボタンをタップします。

LINE 誤爆 ショートカット 作成 iPhone

LINEのウィジェットが表示されるようになります。

[表示を増やす]をタップすると、「お気に入りが追加されていません。」と表示されるので(友だちやグループをお気に入り追加していない場合)、人型のアイコンボタンをタップします。

LINE 誤爆 ショートカット 作成 iPhoneLINE 誤爆 ショートカット 作成 iPhone

LINEの友だちリスト画面に遷移します。一覧からショートカットを作成したい相手を選択します。

相手のプロフィールポップアップで星ボタンをタップします。星に色が付き、相手が「お気に入り」に追加されます(相手に通知されるといったことはありません)。

LINE 誤爆 ショートカット 作成 iPhone

LINEウィジェットに、お気に入りの相手として表示されるようになります。

吹き出しや電話のアイコンから、それぞれトークルームへの直接アクセス、相手への音声通話の発信がおこなえます。

Androidのようにアイコンは設置できないものの、ショートカット機能として遜色ないウィジェットを通知センターやホーム画面の左ページなどに置いて活用することが可能です。

まとめ

LINEでよくやりとりする相手のトークのショートカットを作っておけば、都度トーク一覧からわざわざ探さずに済むほか、誤って別の相手にメッセージを送ってしまうといった「誤爆」を回避する予防策としても有用です。

ちなみに、誤爆防止に効果的な手段として、相手とのトークルームの背景(壁紙)を個別に変更することも挙げられます。具体的な方法については、下記の特集を参照してください。

LINEでトークルームの壁紙(背景)を変更する方法──相手へ通知されたりタイムラインに流れる?