iPhoneの通信量を確認する3つの方法

2018-10-01 20:32
記事タイトルとURLをコピーする

iPhoneの通信量を確認する3つの方法

毎月月末が近づくとスマホの通信速度制限がかかって、動画配信サービスやゲームが楽しめない、SNSやインターネットの表示が遅いといった状態に陥り、ストレスフルになることもしばしば。

そこで本記事では「今月もギガが足りるか心配」という人に向けて、iPhoneのデータ通信量を確認する方法を3つ紹介します。リアルタイムに利用量や残量を知って計画的に使えれば、それだけで通信量の節約につながりますし、速度制限にかかることも少なくなるでしょう。

iPhoneのモバイルデータ通信量を節約する11の方法

1. 通信量を正確に知る方法(キャリアのサービスで確認)

正確な通信量は、各携帯電話会社(キャリア)が提供するサポートサービスで確認できます。ここでは契約内容の確認や変更、利用料金やデータ容量の確認が可能で、NTTドコモでは「My docomo」、au(KDDI)は「My au」、ソフトバンクは「My Softbank」という名称で展開されています。

ブラウザから各サービスサイトにアクセスするほか、アプリも提供されているので、使いやすいほうを選びましょう。キャリアサービスでは利用したデータ容量(残りのデータ容量)はもちろん、繰り越しやシェア、キャンペーン特典分のデータなど、内訳が細かく表示されて便利です。

My docomo(マイドコモ)で確認

ブラウザでMy docomoにアクセスし、dアカウントでログインします。My docomoの画面が表示されたら、[データ量]をタップすると、その月の利用済みデータ量、残データ量のほか、過去3日間の合計、前月データ量を確認できます。

マイドコモで通信量を確認する方法 マイドコモで通信量を確認する方法

詳しい手順や利用方法などについては、下記記事で紹介しています。

【ドコモ】データ通信量や料金、契約内容などを確認・変更する方法【iPhone/Android】

My au(マイエーユー)で確認

ブラウザでMy auにアクセスし、au IDでログインします。ログイン後、My auメインページ画面上[スマートフォン・携帯電話]→[利用状況]→[残データ容量]から確認ができます。

マイエーユーで通信量を確認する方法

今月の残データ量、繰り越しやキャンペーンでの増量分を確認できます。詳しい手順や利用方法などについては、下記記事で紹介しています。

【au】データ通信量や料金、契約内容などを確認・変更する方法【iPhone/Android】

My Softbank(マイソフトバンク)で確認

ブラウザでMy Softbankにアクセスし、会員ログインページから電話番号とパスワードを入力して進みます。My Softbankのページへ遷移後、[データ量]をタップしてください。

マイソフトバンクで通信量を確認する方法 マイソフトバンクで通信量を確認する方法

利用状況の[詳細をみる]から、残量や繰り越し量が確認できる

データ利用状況、前月比やデータ残量などが表示されます。詳しい手順や利用方法などについては、下記記事で紹介しています。

【ソフトバンク】データ通信量や料金、契約内容などを確認・変更する方法【iPhone/Android】

なお、格安SIMを利用している場合でも、キャリアサービスと同じようにデータ通信量や契約内容、利用料金などの確認ができるサービスがあります。

2. iOSの設定でアプリごとの通信量を確認する方法

自分のデータ使用量や残量、前月からの繰り越し分が把握できたら、次はどのアプリが多く通信量を使っているかを調べるのも有効です。使わないアプリが知らないうちに多めのデータ量を占めている可能性もあります。iPhoneでは「設定」アプリから、各アプリの通信量を調べることもできます。

iPhoneから各アプリのデータ通信量を確認する iPhoneから各アプリのデータ通信量を確認する

「設定」アプリを開いたら、[モバイル通信]をタップします。下にスクロールしていくと、各アプリのこれまでのモバイルデータ通信量が一覧できます。数値は概算ではありますが、どのアプリの通信量が多いのかを知るには役立ちます。

ただし、この数値はアプリの利用開始時から確認時までの通信量の合計です。毎月の通信量はわからないため、月末などに手動で毎月リセットを行う必要があります。リセット方法は以下の通りです。

モバイル通信の統計をリセットする

データをリセットするには、モバイル通信の画面を一番下までスクロールし、[統計情報のリセット]をタップしてください。現在までの合計時間が「0分」になり、リセット完了します。少し見えにくいですが、一番下には「前回のリセット日時」も記録されてきます。これも目安にすると便利です。

全然開かないアプリなのに通信量を多く使っているなと思ったら、通信をOFFにして解決しましょう。

アプリごとに通信をオフする方法

設定アプリの[モバイルデータ通信]から各アプリの通信をオフにする

3. サードパーティの通信量管理アプリを利用する方法

正確なデータ利用量を知るにはキャリアサービスが一番ですが、アクセスするたびにIDやパスワードを入力したり、目的のページまで何度もページ遷移をしなければならなかったりと、頻繁に確認するには少し面倒です。

そんなときに便利なのが、「通信量チェッカー」や「My Data Manager」といったサードパーティの通信量管理アプリです。面倒な登録や入力が不要で、アプリを立ち上げるだけで通信量が確認できるため、通信量や速度制限が気になる多くの人が活用しているようです。

残量・使用量を確認できる「通信量チェッカー」

ここでは、数あるアプリの中でも人気の高い「通信量チェッカー」の使い方を簡単にご紹介します。

通信量チェッカー メーター表示(データ残量) 通信量チェッカー グラフ表示(1ヵ月分の利用データ量)

左:[メーター]で現段階の残量や使用量を確認できる。右:[グラフ]切り替えは月間の使用量だ

アプリの画面はシンプルです。画面上部の[メーター]では現在のデータ残量が一目でわかる仕様。[グラフ]に切り替えると1カ月分の使用量がグラフになっており、使いすぎた日などが確認できます。

[メーター]のデフォルト表示は残量になっていますが、使用量へ切り替えも可能です。各キャリアごとの細かいプラン、前月繰り越しなどの利用量設定を詳細に行うことでより正確な数値を算出するために、「設定」を行いましょう。

詳細設定でより正確に管理する

通信度チェッカー 詳細設定 通信度チェッカー 詳細設定

画面下にある[歯車]マークから設定ページを開き、キャリアの選択や、メーター表示(アプリトップの画面)を「残量表示」か「使用量表示」にするかなどを決めていきます。

「月」の通信制限量は1〜20GBの範囲内で設定可能です。契約プランによって毎月の通信量は異なるので、[ー][+]で調整しましょう。「3日間」は、目安でどれくらい使うのを目標にするかを設定してください。

アプリの使用開始月なら「今月調整分」を設定するといいでしょう。すでに使用した分のデータ量を[ー]で差し引くことで、月の途中からアプリを使用しても、正確に測ることが可能です。

通信度チェッカー 詳細設定 アラーム

設定画面をさらにスクロールする。アラーム機能を利用して、過度なデータ通信や、通信度チェッカーの起動忘れを防止

設定画面では、1日の通信量が一定を超えた場合に通知をしたり、決まった時間に起動忘れ防止のアラームを鳴らしたりといった設定もできます。

こうしたアプリは起動時に端末からデータを取得するため、高い精度で通信量を知るにはこまめな起動がポイントとなりますから、起動忘れ防止はありがたい機能です。

通信度チェッカー アドバイス画面を見る 通信度チェッカー アドバイス画面を見る

さらに、ホームの電球アイコンをタップすると、データの残量に合わせて簡単なアドバイスがもらえます。

メディアの種類ごとにあとどのくらい利用できるかといった目安もわかるので、通信量の節約には非常に役立ちます。

アプリ「通信量チェッカー」をダウンロード
通信量チェッカー
EDITED BY BOTAN