LINEでカバー画像(ホーム写真)を変更する方法──タイムラインで変更を通知しないテクニックも解説

2017-01-18 22:04

LINEでカバー画像(ホーム写真)を変更する方法──タイムラインで変更を通知しないテクニックも解説

LINEでは、ホーム画面のカバー画像(ホーム写真)を好きな画像に変更できます。ただし、少しやり方が分かりづらいのが難点で、変更したことがタイムライン上で友だちに通知されてしまうのを嫌がるユーザーも少なくありません。

ここではホーム画面のカバー画像を変更する方法と、タイムラインで変更を通知しないテクニックを解説します。Android版で説明していますが、iPhone版でもほとんど変わりありません。

ホーム画面のカバー画像を変更する方法

カバー画像(ホーム写真)とは、ホーム画面の最上部やプロフィールのポップアップなどで表示される写真のこと。カバー写真やトップ画像(トプ画)、ホーム画像(ホム画)などと呼ばれることもあります。スマホの画面に占める面積が大きいので、小さなプロフィール画像(アイコン画像)では表現しきれない自分らしさをアピールできる場所になっています。

このカバー画像を変更する手順は以下のとおり。

  1. プロフィール画像をタップして[ホーム]を選択し、ホーム画面に移動する([その他]→[設定]→[プロフィール設定]→[ホーム]などでも可)。
  2. カバー画像を長押しする(プロフィール画像近くに表示されている歯車アイコンをタップしてもよい)。
    LINE:カバー画像の変更
  3. メニューが表示されるので、[ホーム写真を撮影]か[ホーム写真を選択]のいずれかを選ぶ。ここでは後者の方法でカバー画像を設定してみることにする。
    LINE:カバー画像の変更
  4. iPhone版LINEの場合、端末内に保存されている写真を1枚選択する。Android版LINEでは、各種アプリなどから画像を開くことになる。
  5. 画像を選択後、適当なサイズに画像をトリミングできる(縦横比は一定)。矢印ボタンをドラッグすればサイズを変更可能。変更を終えたら[確認]をタップする。
    LINE:カバー画像の変更
  6. 画像にフィルターをかける画面に移動する。好きなフィルターを適用したら、[送信]をタップする。
    LINE:カバー画像の変更

これでカバー画像の変更が完了しました。

カバー画像の解像度は1280×1040。できるだけ綺麗なカバー画像にしたければ、それ以上のサイズの画像を用意しておきましょう。

タイムラインでカバー画像の変更を通知しないテクニック

LINEでは、カバー画像やプロフィール画像を変更すると、「カバー画像を変更しました!」「プロフィール画像を変更しました!」といった内容がタイムラインに投稿される仕組みになっています。これによって友だちにカバー画像などの変更を知らせることができるわけです。

この点、変更した事実をタイムライン上で非公開にする設定が2つ存在します。わざわざ友だちに教えたくないような場合に便利です。

カバー画像の変更を完全に非公開にする

まず、完全に非公開にする方法ですが、友だちが多いユーザーにとっては面倒な手順を踏まなければなりません。というのも、カバー画像変更前にタイムラインを友だち全員に「非公開」にする必要があるからです。この際、タイムラインを一括で非公開にすることができず、友だちごとに「公開」を「非公開」に変更しなければならないため、友だちの数が数十名、数百名になってくると手間が膨大になってしまいます。

とりあえず、この方法の手順は次のとおりです。ひとつの参考にしてください。

  1. [その他]→[設定]→[タイムライン]→[友だちの公開設定]と進み、[公開]タブの中でカバー画像の変更を非公開にしたい友だちの設定を[非公開]にする。
    LINE:非公開
  2. カバー画像を変更する。この時、自分のタイムラインには変更を知らせる投稿がなされるが、非公開設定の友だちのタイムラインには投稿が表示されない。
  3. 変更を知らせる投稿を削除する。削除は右上のメニューから実行できる。
    LINE:タイムライン投稿の削除
  4. [友だちの公開設定]に移動し、非公開にしていた友だちの設定を[公開]に戻す。

このようにすれば、友だちのタイムラインに投稿が表示されることなく、投稿を削除できます。よって、誰にも変更が通知されずに済むことになります。

カバー画像の変更を非公開にする現実的な方法

上記の方法はユーザーによっては非現実的な手法でしょう。そこで現実的な代替案として提案したいのが、カバー画像変更の直後にタイムライン上の投稿を削除する方法です。

この場合、投稿が表示されてしまう相手は、カバー画像の変更から投稿の削除までの僅かな時間にタイムラインをたまたま閲覧していた友だちに限られます。それ以外の友だちのタイムラインには、削除済みの投稿が表示されることはありません。

完全に非公開にしなくても構わないなら、この方法がオススメです。

非公開にできたと勘違いしやすい設定に注意

カバー画像変更を非公開にできたと勘違いしやすい上、公開されてしまっていることに気づきにくい設定が、「プロフィール設定」内に存在しています。それは[画像の変更を公開]設定です。

LINE:画像の変更を公開

この[画像の変更を公開]設定は、「プロフィール画像」の変更の公開・非公開を設定するメニューであり、この設定をオフにしても「カバー画像」の変更は非公開になりません。

また、非公開になっていると一度思い込んでしまうと、タイムラインにカバー画像の変更が投稿されていても非公開になっていると考えてしまいやすいはず。実は公開されているわけですが、それに気づきにくい構造になっていると言えます。

どうしてもカバー画像の変更を公開したくないユーザーは注意しましょう。

カバー画像の削除や初期化は可能か?

カバー画像を削除したり初期化したりする方法は、現時点では提供されていません。

どうしても初期画像に戻したければ、アカウントの新規登録が必要です。もっとも、新規アカウントにおけるカバー画像が以前のものと同じ画像になる保証はありません。

LINEを退会(アカウント削除)する方法──後で復活できるのか、通知の有無、相手にはどう見えるのかも解説