じわじわ人気の動画配信サービス「FODプレミアム」の魅力と弱点とは

2018-09-05 10:52
記事タイトルとURLをコピーする

じわじわ人気の動画配信サービス「FODプレミアム」の魅力と弱点とは

FOD(フジテレビオンデマンド)は、フジテレビが提供している動画配信サービスです。FODにはいくつかの料金プランがありますが、中でもおすすめしたいのが月額888円(税別)の「FODプレミアム」です。フジテレビで放送されたドラマやバラエティ、アニメのほか、国内外の映画など2万話以上の作品が見放題で楽しめます。

FODは2005年にスタートし、2014年に黒字化を達成。2016年には有料会員数が80万人を突破するなど、右肩上がりの成長が続いています。dTVHuluNetflixAmazonプライム・ビデオなどライバルがひしめく動画配信サービスの中で、FODの強さはどこにあるのでしょうか。FODプレミアムの魅力や、反対に物足りない点についてレビューしていきます。

【魅力1】ドラマを中心としたオリジナル作品が充実

FODはフジテレビという名前が付いているものの、フジテレビのコンテンツだけでなく、海外ドラマや映画も楽しめるのがミソです。現在放送している番組の無料配信や、過去に放送されたドラマや番組、アニメのほか、国内外の映画など2万話以上の作品を楽しむことができます。

FODで主力となっているのは、フジテレビで放送されたドラマなどの人気番組です。80年代、90年代に放送され話題となったメガヒットドラマ(一部未配信)をはじめ、現在放送されている人気ドラマをシーズン1から見ることができます。新作のドラマも放送後その日のうちに配信されます。

話題のドラマを楽しみたいという人はもちろん、懐かしいドラマをもう一度という人に魅力的なラインアップです。

FODプレミアム レビュー

映画が大ヒットしている「コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」も全話配信中(期間限定)

またテレビでは放送されていない、オリジナルの作品も充実しています。2018年8月現在、ドラマとバラエティ番組を中心に70タイトルのラインアップを用意しています。年間で500時間以上の作品が制作、配信されているといいます。

dTVとの共同制作ドラマや、人気のコミックや小説を実写化したドラマなどのほか、『パパ活』のようにネットで評判だったドラマが地上波で放送されたという例もあります。

FODプレミアム レビュー

FODでしか見られない「FODオリジナル」が充実

最近では、多くの動画配信サービスがオリジナルコンテンツに注力しています。そこでしか見られないコンテンツがあるということが、ユーザーを増やす牽引力となるからです。

この点、FODはテレビ局であるという強みを生かして、過去に放送された人気ドラマやバラエティに加え、オリジナルの番組を多数配信することで、ユーザーのニーズをしっかりと掴んでいます。

【魅力2】100誌以上の最新雑誌が読み放題

FODが他の動画配信サービスに勝っているのは、約100誌以上の雑誌が読み放題になる「FODマガジン」サービスが料金内で付帯してくる点です。普段読んでいる雑誌も、追加料金なしで動画と一緒に楽しめるわけです。

FODマガジンは、Webサイトや専用の「FODマガジン」アプリから利用します。アプリはオフライン機能を搭載しており、事前にダウンロードしておけば、どこででもサクサク読むことができます。

雑誌のラインアップが確認したければ、FODマガジンのWebサイトで見ることができます。総合週刊誌からビジネス、ライフスタイル誌と様々なジャンルの雑誌があります。なお配信される雑誌は最新号のみで、バックナンバーを読みたい時は購入が必要です。

FODプレミアム レビュー

「FODマガジン」アプリをインストールして利用可能

また雑誌以外では、15万冊以上のコミックや小説がラインアップされています。こちらは有料ですが、期間限定で無料配信されることもあります。

おすすめはどれ? 雑誌読み放題サービスの比較と選び方

【魅力3】毎月1300円相当のポイントがもらえる

FODプレミアムの3つ目の特徴は、ポイント付与がおトクだという点です。月額コースの登録を継続すると、毎月100ポイントが付与されます。この他に、毎月8の付く日に400ポイントずつ受け取れます。8、18、28日の3回で合計1200ポイントです。月初めにもらえる100ポイントと合わせて、なんと1300ポイントを毎月受け取れるというわけです。

FODプレミアム レビュー

毎月8の付く日に通知を受け取れるように設定しておくのがおすすめ

このポイントは、見放題の対象から外れているコンテンツのレンタルや、コミック、雑誌のバックナンバーの購入に充てることができます。しかも、ポイントを使って電子書籍を購入した場合、一律20%分のポイント還元が受けられます。ポイントは繰越もできます。

月888円で1300円相当のポイントを受け取り可能で、映画でもコミックでも、好きな商品を購入できるため、非常におトクに感じる人も多いのではないでしょうか。

ただ注意したいのは、ポイントの受け取り方法です。8の付く日に、Webサイトの会員特典のページを開いて、ボタンを押します。この操作をしないと、ポイントを受け取ることができません。忘れっぽい人は通知やリマインダーを利用するなど、工夫が必要でしょう。

FODプレミアム レビュー

ボタンを押してポイントを受け取る。スマートフォンでは毎回ログインが必要で少し面倒だ

【魅力4】テレビでも快適に視聴が可能

FODはパソコン(PCブラウザ)のほか、iOS、Andoroid、Fire OSに対応しています。iPhone・iPadやAndroidスマートフォン・タブレット、Fireはもちろん、テレビに映して楽しむことも可能です。

テレビで利用する時は、アマゾンのFire TV(Stick)やApple TV、またはソニーの「ブラビア」のようなAndroid TVを用意します。Android TV以外は「FOD」アプリをインストールし、アプリ専用のIDでログインします。

7個の視点で「Fire TV Stick」と「Amazon Fire TV」の違いを徹底比較、プライムビデオ・動画をテレビで観るならどっちがオススメ?

FODプレミアム レビュー

Fire TVでは「FOD」アプリも公開されている

ただ残念ながら、家庭用ゲーム機はサポートしていません。またChromecast(クロームキャスト)を使う場合、FODアプリからキャストすることはできませんが、ミラーリング機能(Android端末が必要)を使ってテレビに出力することが可能です。

【弱点1】ダウンロード(オフライン再生)機能がない

スマートフォンやタブレットを利用する時に注意したいのは、動画のダウンロード機能がないという点です。常にストリーミングでの視聴が必要です。1時間の番組で150〜400MBのデータ転送が発生します。アプリ側の設定で画質調整できますが、なるべくWi-Fi環境下で視聴するのがおすすめです。

FODプレミアム レビュー

アプリでは「動画視聴設定」で動画の品質を150MBの「軽量版」(SD相当と推測)に固定することもできる

【弱点2】映画や海外ドラマが物足りない

FODで主流なのは、フジテレビが制作したコンテンツです。FODでしか見られない独占タイトルにはめっぽう強いのですが、海外の映画やドラマといったコンテンツは物足りない印象です。せっかくポイントを受け取っても、見たいコンテンツがないと余らせてしまうことになります。このあたりは、無料体験中に確認しておくとよいでしょう。

ちなみにレンタルした作品は、FODアプリで見ることができません。ブラウザでWebサイトへ移動して、再生する必要があるのも面倒です。

【弱点3】自動の連続再生がない

細かいことですが、シリーズもので次の話を自動再生できないのは少し不便です。ドラマやアニメを見る時に、1話、2話と続けて見たいことがよくあります。こんな時にFODは、Webサイトでもアプリ(iOS版)でも次のエピソードを自動で再生してくれません。

まとめ

FODプレミアムではドラマやバラエティ、アニメ、映画などが見放題になり、かつフジテレビで放送中の番組やオリジナルの作品を楽しむことができます。さらに毎月もらえる1300円相当のポイントや、100誌以上の雑誌が読み放題となる「FODマガジン」が付帯しているなど、888円の月額料金を考えるとおトクに感じるところが多くあります。

見たい、読みたいと思うコンテンツがあれば、迷わず無料のお試しを体験してみることをおすすめします。FODプレミアムを利用するには、フジテレビIDのほか、Amazon.co.jpやYahoo! Japan、楽天のアカウント、さらに契約しているキャリアのID(docomo ID、au ID、My Softbank)を使って登録できます。気に入らなければ解約・退会も簡単です。

FODプレミアム レビュー

無料お試しをするなら[Amazonアカウントで今すぐ無料おためし]をタップ

ただし、31日間の無料お試しを利用するなら、Amazonアカウント(Amazon Pay)を利用するのが条件です。FODを利用する時に[Amazonアカウントで今すぐ無料おためし]を選択し、AmazonアカウントでログインすればOKです。登録の際はクレジットカードまたはデビットカードが必要です。

FODプレミアムに無料で登録・入会する方法