英会話講師がおすすめする英語学習アプリ7選、その正しい活用術【iPhone/Android】

2016-11-08 17:30

英会話講師がおすすめする英語学習アプリ7選、その正しい活用術【iPhone/Android】

スマホで利用できる英語学習アプリは数多くリリースされており、たくさんあり過ぎてどれを選べばよいか迷ってしまいます。そこで、スクールなどで英語を教えている講師の方が実際に使っていて、生徒にもオススメしているアプリを7本教えてもらいました。今回は、英語の勉強に役立つ単語系および辞書系のアプリについて紹介します。

英語リスニング力をアップ、おすすめ学習アプリ9選

おすすめ英単語アプリ

最初に、英単語の学習にオススメのアプリを紹介していただきました。日常英会話からTOEICまで、幅広い目的に適しています。自分のレベルに合わせて使いやすいアプリを試してみてください。

Duolingo

「Duolingo」は、英会話初心者専門マンツーマン英会話のビギンで講師を務めているnaomi先生に教えてもらいました。講師歴は25年になるベテランで、iPod Touchが発売された頃から様々な英語学習アプリを試しているそうです。

英語学習 アプリ Duolingo英語学習 アプリ Duolingo

Duolingoは、イラストが豊富でゲーム感覚で無理なく英単語が習得できるアプリです。英語に苦手意識がある人やこれまで長続きしなかった人でも、取り組みやすいかもしれません。

「学習時のレベルを細かく設定できるので、英語初心者の人や久しぶりに学ぶ人も抵抗なく勉強をスタートできます。単語に関連するフレーズを同時に表示してくれるので、文法や実際の使い方も同時に覚えられます」(naomi先生)。

ゲーム感覚でこれなら続く、完全無料の外国語学習アプリ「Duolingo」──大学の講義より効果的との研究も

パワフル英単語10000(Androidのみ)

「パワフル英単語10000」も、naomi先生イチ押しのアプリです。一問一答形式でどんどん問題を解きながら単語を覚えていける、シンプルで使いやすい構成になっています。

英語学習 アプリ パワフル英単語英語学習 アプリ パワフル英単語

「出てくる単語は受験やTOEIC試験など幅広い用途に対応し、ご自身の目的やレベルに合わせて学習することができます。また、間違えた問題だけをチェックして集中的に学習できるので、効率よく単語を習得することができます」(naomi先生)。

アプリ「パワフル英単語10000」をダウンロード
パワフル英単語10000

どこでもTOEIC

非常勤で英語講師をしている澤田洋子先生は、「どこでもTOEIC」を教えてくれました。TOEICの学習に特化したアプリで、試験の頻出単語が収録されています。このアプリはnaomi先生もおすすめしています。

英語学習 アプリ どこでもTOEIC英語学習 アプリ どこでもTOEIC

「問題では英文が虫食い状態で出題されるので、空欄に当てはまる適切な単語を選んで回答します。実際の試験に出た文章から出題されるので、実践的な学習ができます。間違えた箇所にチェックを入れて繰り返し復習することも可能です」(澤田先生)。

TOEIC重要英単語

naomi先生と同じく、初心者専門マンツーマン英会話ビギンの講師・ひざわ先生は、「TOEIC重要英単語」を紹介してくれました。TOEIC 600点~860点レベルで頻出する2000単語が収録されています。

英語学習 アプリ TOEIC重要英単語英語学習 アプリ TOEIC重要英単語

「TOEIC重要英単語は、600点以上の比較的高いスコアを目指す方に適しており、基本的な単語は収録されていません。それぞれの単語は、例文や発音が付いていてセットで覚えられます」(ひざわ先生)。

English Upgrader

ひざわ先生は、「English Upgrader」もオススメとのこと。前述の「TOEIC重要英単語」と同じく中上級の英語学習者向けで、TOEIC運営団体の一般財団法人国際ビジネスコミュニケーション協会が提供しているアプリです。会議や買い物など様々なシーンの会話を学習しながら、語彙を強化できます。

英語学習 アプリEnglish Upgrader英語学習 アプリEnglish Upgrader

「English Upgraderでは、単語と一緒にビジネスや日常生活などで使える実践的な会話を学べます。電話や家事などのシーン別に英文と日本語訳があり、発音もチェックできます。フレーズで覚えられるため、単語が英文の中でどのように使われているかも理解しやすくなっています。また、フレーズは実際の生活でも使えるので、TOEICのスコアアップを目指す人だけでなく、日常生活や旅行に向けて会話力を上げたい場合にもオススメです」(ひざわ先生)。

おすすめ英語辞書アプリ

英語の学習に欠かせない、おすすめの辞書アプリも教えてもらいました。紙の辞書のように持ち歩くのに負担がないので、1本インストールしておけばいつでもどこでも単語が調べられます。

Weblio英和辞典

「Weblio英和辞典」は、naomi先生おすすめのアプリです。約80冊分の辞書から約990万の単語を収録。ビジネス英語やコンピューターなど幅広いジャンルを網羅しています。気になった単語を登録して、オリジナルの単語帳を作ることも可能です。

英語学習 アプリWeblio英和辞典英語学習 アプリWeblio英和辞典

「調べたい単語を入力すると、いくつかの辞書から説明を抜き出してくれるので、単語の様々な利用シーンや例文がチェックできます。表示スピードも速いので、ストレスなくサッと確認できます」(naomi先生)。

ロングマン英和辞典(iOSのみ)

前出ビギンのただお先生は、「ロングマン英和辞典」を愛用しているそうです。有料アプリですが、それぞれの単語に同意語や反意語、例文が豊富に収録されています。単語によってはイラストや動画もあり、より理解しやすくなっています。

ロングマン英和辞典ロングマン英和辞典

「ロングマンは、ネイティブが作った辞書を日本語に訳して出版しています。解説が細すぎず、雑すぎず、ちょうどよい内容なので、どなたでも理解しやすいです。他の無料アプリに比べて高価ですが、TOEICや英会話などジャンルやレベルを問わずに使い続けられるので、持っていて損はありません。メモも記入できるブックマーク機能が付いており、オリジナルの単語帳が作れます」(ただお先生)。

アプリ「ロングマン英和辞典」をダウンロード
ロングマン英和辞典

スマホアプリで英語を学習する際のポイント

今や重い単語帳や辞書を持ち歩く必要はなく、スマートフォン一つにすべての情報が収まってしまいます。取材をした先生方も積極的にアプリを活用しており、勉強の方法は随分変わったそうです。スマホアプリを使って勉強するメリットや注意点をあらためて教えてもらいました。

アプリによる英語学習のメリット

スマホアプリで学習するメリットは多くあります。一つは学習のしやすさです。

「片手で操作できるので、外出先や通勤中などスキマ時間を効率的に活用して学習できる」(naomi先生)、「パラパラめくる紙の本と比べて、目的の単語を素早く検索できる」(ただお先生)など、空いた時間を使ってサッと勉強や調べ物ができます。さらに、「音声が収録されているので、発音も一緒にチェックできる」(ひざわ先生)、「同意語や反意語、例文が豊富に収録されている」(澤田先生)など、アプリには様々な関連情報が詰め込まれています。

英語学習アプリ7選

アプリは学習の進め方もサポートしてくれます。「学習をスタートする前に自分の単語力をチェックができる」(naomi先生)、「レベルが細かく設定されていて自分に合った勉強できる」(ただお先生)、「オリジナルの単語帳を作れる」(ひざわ先生)、「間違えた単語だけを抜き出して復習できる」(澤田先生)、「学習の記録が残ってモチベーションがアップする」(naomi先生)といったように、自分のレベルがわかる機能や、効率よく勉強・復習ができる機能も用意されています。

最近は、生徒もスマホを活用している人が増えているようです。教室では黒板をカメラで撮影し、わからない単語を後で調べるという人も。なかなか勉強する時間がない学生や社会人でもアプリを上手に活用し、空いた時間に効率的に英単語を習得できそうです。

アプリによる英語学習の注意点

英語学習に有用なスマホアプリですが、注意点もあります。naomi先生は、単語をしっかり覚えているか確認が必要だと話します。「アプリは検索したい単語のスペルを一部入れるだけで、自動的に予測変換してくれます。さらに、アプリ内のテストなどでは単語の意味を選んで回答するものが多く、書き取りのように細かいスペルを確認する機能が少ないのです」

テストに正解しただけで覚えた気にならず、スペルが頭に定着したか、書き取りなどで定期的にチェックしましょう。

まとめ

今回、様々な英語学習アプリを紹介しましたが、先生方からは「最初から1本に絞らず、いろいろ試して長く使い続けられそうなアプリを選んでください」とアドバイスをいただきました。

機能が充実していることはもちろんですが、まずは継続できそうかで判断すると、楽しく英語学習を続けられるでしょう。

構成・文:藤原達矢

編集:アプリオ編集部

取材協力:英会話初心者専門マンツーマンレッスン:英会話ビギン

英語学習アプリ7選