「dTV」を退会(解約)する方法 気をつけたい注意点とは?

2017-11-18 18:18

「dTV」を退会(解約)する方法 気をつけたい注意点とは?

月額500円、約12万本の充実したコンテンツなどで人気のdTV。しかし、31日のお試し期間が終わりそうだったり、契約してみたけどあまり視聴する機会がなかったりしたというユーザーも少なくないでしょう。たいして利用しないサービスにお金を支払い続けるのは無駄だと考えるのであれば、退会を検討すべきでしょう。

もっとも、dTVを退会するとしても、dTVを退会すると何か不利なことはないのかを事前に把握しておきたいところです。また、アプリに退会メニューが見当たらないので、退会の方法が分かりづらくなっています。

そこで本記事では、dTVを退会する際の注意点を紹介した上で、dTVをさくっと解約する方法を解説します。

「dTV」に無料で登録・加入する方法

アプリからだと退会できない? dTVを解約する際の注意点

サービス解約の場面でよくあるケースですが、dTVもご多分に漏れず、解約手続きにたどり着きづらくなっています。というのも、iPhone版のdTVアプリ内には退会メニューが用意されておらず、退会にはウェブ版を利用しなければならないからです(退会手順は後述)。他方、Android版アプリには退会メニューが存在します(メニューの[アカウント]→[退会])。

dTVアプリのアカウント画面

dTVアプリには退会メニューが存在しない

また、dTVを解約すると、解約した時点で全コンテンツが視聴できなくなります。本契約中の場合、月の途中で解約しても1カ月分の料金はかかってしまいますし、お試し期間中の場合であっても残りの期間が無駄になってしまいます。月末もしくはお試し期間の最終日に解約するのが最も賢いといえるでしょう。

そのほか、レンタルに使えるポイントやダウンロード済みのコンテンツ、お試し期間などは解約によって全て消滅してしまいます。再び同じアカウントで入会しても、これらは復活しません。

毎週火曜日の22時30分から翌日の7時まではシステムメンテナンスのため、サービスの解約等の手続きを利用できない点にも注意が必要です。

dTVを解約する方法

ウェブ版で手続きをおこなうのが汎用性のある手順なので、ここではウェブ版から解約する方法を解説します。

前述したとおり、iPhone版アプリには退会手続きのメニューが存在しません。もちろん、アプリを削除しただけでは解約したことにはならないので注意しましょう。

NTTドコモ回線を契約中のユーザーは、ドコモショップやドコモインフォメーションセンター(ドコモの携帯電話から151にかける)からでも退会の手続きをおこなえます。

dTV:解約(退会)

まずは、ブラウザでdTV公式サイトにアクセスし、dアカウントとパスワードでログイン。右上のメニューボタンをタップします。

dTV

dTV:解約(退会)

メニューの[アカウント]をタップし、[退会]を選択します。PCの場合も同様です。

dTV:解約(退会)

あの手この手で引きとめようとしてきますが、無視して下にスクロールします。メールマガジンの配信を停止するために2つのチェックを外し、[利用規約に同意し、解約する]をタップします。

なお、この画面で解約理由を選ぶ欄はタップしないようにしましょう。選択肢をタップすると、退会を引き止めるためのサービス紹介ページに飛んでしまうので要注意です(例:[見たい動画がない]をタップすると、作品紹介ページに飛ぶ)。

dTV:解約(退会)dTV:解約(退会)

あとは、指示にしたがって進めていくだけです。[dTVを解約する]にチェックが付いていることを確認したら、[dTV 注意事項]をタップします。

dTV:解約(退会)dTV:解約(退会)

注意事項が表示されるので、目を通したら[閉じる]をタップ。

dTV:解約(退会)

これで、[dTVの注意事項に同意する]がチェックできるようになるので、チェックを付けます。

dTV:解約(退会)

受付確認メールの送信先を選択したら、[次へ]をタップします。

dTV:解約(退会)

本契約の場合、解約手続きの日付に関わらず1カ月分の定額料金が請求されることを確認する画面が表示されるので、[はい]をタップ。

dTV:解約(退会)dTV:解約(退会)

DAZN for docomoとのセット割引が適用になっている場合、dTVを解約すると翌月分から通常料金になる旨が説明されています。[次へ]をタップして進みます。

dTV:解約(退会)dTV:解約(退会)

最後に、手続きの内容を確認して[手続きを完了する]をタップ。

dTV:解約(退会)

「お手続きが完了しました」と表示されれば、退会完了です。

動画配信サービス

無料で視聴できるお試し期間が設けられている動画配信サービスは、dTV以外にも多数あります。日テレ系のHulu(フールー)やアダルトコンテンツも取り揃える「U-NEXT」、海外オリジナルドラマが強力な「Netflix(ネットフリックス)」などを試してみると、新たな発見があるかもしれません。

どれがいい? 定額制の動画配信(見放題)サービスの比較と選び方