5.5型4Kディスプレイが美しすぎる、ドコモ「Xperia Z5 Premium SO-03H」

2015-10-01 20:33

Xperia Z5 Premium

NTTドコモは9月30日、2015-2016冬春モデルとしてソニーモバイル製Androidスマートフォン「Xperia Z5 Premium SO-03H」を発表しました。発売予定日は11月下旬。ソニーでは今期、Z5シリーズ3機種すべて(Z5 Premium、Z5、Z5 Compact)をフラッグシップモデルとして位置づけていますが、その中でも本モデルが最上位機種であることを疑う余地はありません。

Xperia Z5 Premium SO-03H(docomoオンラインショップ)

Xperia Z5 Premium

本モデルの最大の特長は、何と言っても世界で初めて4Kディスプレイ(2160×3840ドット)を搭載したこと。4Kで撮影可能なカメラを搭載する端末は既に存在していましたが、撮影したスマホで4Kの高精細な画像を閲覧できるのは現在、このZ5 Premiumだけです。また4Kアップコンバート機能によって、写真や動画を4K相当にアップスケーリングすることも可能。プリインのアルバムアプリでアップコンバートが機能するところを確認したところ、素材の写真がより緻密な画像に変化したことが明らかに判断できるほどでした。

Xperia Z5 Premium

Xperiaとして初めて導入した指紋センサーも出色の出来。画面ロック解除やオンライン決済などに利用できるのは当然として、気になるのはその使い心地でしょう。この点、手で端末を持ったときに触れやすい右側面中央に配置された電源ボタンが指紋センサーを兼ねているため、自然な動作で指紋認証をおこなうことが可能。また、最も頻繁に利用することになるロック解除では、電源ボタンを押しこむ動作だけでスリープ状態からホーム画面を表示させられます。iPhone 6sの高速化されたTouch IDと比較してみても、ホーム画面表示までのスピードは遜色ないレベルでした。指紋は最大5パターンまで登録することができ、認識精度は特に問題なし。なお、電源ボタンの形状は、指紋センサー搭載の都合上、丸型から丸みを帯びた長方形型に変更されています。

Xperia Z5 Premiumの電源ボタン

端末を見た印象は、ゴージャスの一言。5.5インチディスプレイの大画面に見合うだけの筐体サイズ(約154×76×7.8mm、約181g)に加えて、背面が光沢仕上げのガラス素材で覆われているため、遠目には鏡のように見え、実際に鏡としても使えそうなくらいに反射します。

Xperia Z5 Premium

端末デザインは従来のオムニバランスデザインを踏襲しつつ、Z3/Z4よりも全体的に丸みが減った印象。ボリュームボタンは右側面下部に移動したため、片手操作時に押しづらさを感じるかもしれません。

Xperia Z5 Premium

カラーバリエーションはChromeとBlackの2色。

Xperia Z5 Premium

その他の内部スペックは「Xperia Z5 SO-01H」とほぼ同じ。

プロセッサはSnapdragon 810(2GHz+1.5GHz オクタコア)、RAMは3GB、内蔵ストレージは32GB。外部ストレージはmicroSDHC(最大200GB)を使用可能。下り最大225MbpsのLTE-Advanced「PREMIUM 4G」に対応し、VoLTEも利用できます。バッテリー容量は3430mAh。Z4と同じく端末底面にキャップレスのマイクロUSB端子は採用。IPX5、IPX8、IP6Xの防水防塵性能を備えます。

Xperia Z5 Premium

音楽再生機能では、Z4と同様にハイレゾ音源再生に対応。手持ち音源をアップスケーリングしてハイレゾ相当の音質で聴ける「DSEE HX」や、高品質なワイヤレス再生を可能とする音声圧縮技術LDAC(エルダック)にも対応しています。ノイズキャンセル機能も変わらずサポートします。

カメラは、約2300万画素のイメージセンサー「Exmor RS for mobile」を採用し、0.03秒のフォーカス速度を実現。5倍ズーム使用時でも画質を維持できる機能や手ブレ防止機能などを備えます。

Xperia Z5 Premium

OSはAndroid 5.1 Lollipopを初期搭載しますが、NTTドコモがOSアップデートを迅速化することを明らかにしており、Android 6.0 Marshmallowへのアップデート時期はそう遠くないかもしれません。

Xperia Z5 Premium SO-03H(docomoオンラインショップ)

Xperia Z5 Premium