【保存版】災害時に役立つ防災アプリ・サービス・Twitter/LINEアカウント総まとめ

2017-05-17 17:30

【保存版】災害時に役立つ防災アプリ・サービス・SNSアカウント総まとめ

大地震や津波、豪雨、大規模火災、噴火、弾道ミサイルなど、災害はいつ自分の身に振りかかるかわかりません。災害が発生しても慌てず安全確認や避難ができるように、手元のスマホで情報収集する手段を押さえておきたいものです。本記事では、災害発生時に役立つスマホアプリや各種防災サービス、Twitter/LINEのアカウントなどをまとめました。

いざ災害が発生した際、適切な対処をするためには、事前の準備や訓練が大事です。家族とは、日頃から災害が発生した場合の動き方や連絡手段を確認しておきましょう。災害発生時に必要な物資は、東京FM防災Naviのサイトなどによくまとまっています。また今回紹介するアプリやサービスは、インストールするだけでなく設定などを確認しておき、いざという時に落ち着いて使えるようにしておきたいところです。

入れておきたい、おすすめ防災アプリ・サービス

災害発生の一報をすばやく正確に入手できるアプリ

最初に災害の発生を通知してくれるアプリを紹介します。

NHKニュース・防災

災害 防災 アプリ災害 防災 アプリ

災害発生の一報は、「NHKニュース・防災」で受け取れます。大地震などの速報情報をプッシュ通知機能で受け取ることができます。さらに、自分が住んでいる地域の特別警報や避難指示、土砂災害などの情報もまとめてチェックすることが可能です。速報をキャッチしたら、落ち着いて状況を確認しましょう。

Yahoo!防災速報

災害 防災 アプリ災害 防災 アプリ

「Yahoo!防災速報」でも災害の速報をプッシュ通知を受け取れます。通知を受け取る地域は最大3カ所まで設定できるので、自分以外にも家族や親戚など、大切な人が住んでいる場所を設定しておくといいでしょう。豪雨予報や津波予報、避難情報、土砂災害、河川洪水、火山、Jアラート(弾道ミサイルやテロ等の国民保護情報)など、通知の受信は細かく設定できます。

家族や友人と安否確認する「災害用伝言板」

災害が発生すれば、離れた場所にいる家族や友人の安否がまず気になります。しかし、電話やメールなどは殺到して繋がりにくくなる可能性が非常に高いことが想定されます。そこで、安否確認手段として役立つのが「災害用伝言板」です。

災害用伝言板ダイヤル

災害用伝言板ダイヤル

災害用伝言板ダイヤルの仕組み 引用元:NTT東日本

大規模災害の発生により、電話をかけて音声を録音・再生することで声の伝言板の役割を果たすサービス。被災地の住民は171にダイヤルし、自宅の電話番号などをキーにしてメッセージを録音します。また、被災地以外の人は同じく171に電話し、被災地の相手の電話番号を入力してメッセージを再生する仕組みです。

災害用伝言ダイヤル(171)| NTT東日本

災害用伝言ダイヤル(171)|NTT西日本

災害用伝言板アプリ(キャリア利用)

各キャリア(NTTドコモ・au・ソフトバンク・ワイモバイル)では、電話よりも比較的つながりやすいとされる専用アプリも用意しています。

災害用伝言板 | NTTドコモ

災害用伝言板サービス│au

災害用伝言板 | ソフトバンク

災害用伝言板サービス|Y!mobile(ワイモバイル)

ここでは例としてドコモのアプリを紹介します。ドコモでは「災害用キット」という名前のアプリで利用できます。

最初に自分の安否を登録する方法です。

災害用伝言板 アプリ災害用伝言板 アプリ災害用伝言板 アプリ

「災害時に安否状況の登録と確認ができます」から[登録する]をタップします。自分の状況を4種類のアイコンから選択したり、メッセージを入力したりして伝えることができます。

災害用伝言板 アプリ災害用伝言板 アプリ災害用伝言板 アプリ

自分の電話番号を知っている相手は、登録した状況を確認することができます。他にも音声メッセージを登録して相手に伝えることも可能です。

web171(格安SIMを利用)

災害用伝言板 web171災害用伝言板 web171

格安SIMでスマホを使っている場合、専用のアプリはないので、Webサービスの災害用伝言板(web171)を利用しましょう。メールや電話で伝言を登録することができます。

災害用伝言板(web171)

LINE上でも安否確認できる「LINE災害連絡サービス」

LINE災害連絡サービス

LINEにも、災害時向けの新機能として「LINE災害連絡サービス」が追加されました。大規模災害が発生すると、LINEの公式アカウントからメッセージが届きます。状況をタップすると、タイムライン上に表示されるので、友人にも自分の状況を伝えることができます。

LINE、災害時でも簡単に互いの安否確認ができる「LINE災害連絡サービス」を提供

避難所がどこかわかる「全国避難所ガイド」

全国避難所ガイド全国避難所ガイド

どこで災害が発生しても大丈夫なように、避難所がわかるアプリも入れておきましょう。

「全国避難所ガイド」は現在地から近い避難所を検索して、道順を案内してくれるアプリです。文字どおり全国の自治体が発表している情報を掲載しているので、出張や旅行の際に被災しても心強い味方です。道順はストリートビューでも表示され、迷う心配もありません。

また自宅や職場のオフィスなど、普段の生活圏に近い場所の避難所はアプリに頼らなくても辿り着けるように準備しておけるとベストですが、「震災時帰宅支援マップ」をはじめ避難ガイド書籍のアプリ版も登場(有料)しているので、インストールしておくと安心です。

怪我などの応急処置を解説するアプリ

災害で負傷してもすぐ治療を受けられない場合に備え、自力で応急手当がおこなえるように準備をしておけると理想的です。

応急手当応急手当

左:「応急手当」の画面右:「救命・応急手当の基礎知識 for ポケットメディカ 2.1」の画面

「応急手当」(iOS向け)や「救命・応急手当の基礎知識 for ポケットメディカ 2.1」(Android向け)の各アプリには、怪我による出血や骨折などの症状別に必要な処置が記載されています。AEDの使用方法など、緊急時にも役立つ情報が掲載されています。

アプリ「応急手当」をダウンロード
応急手当
アプリ「救命・応急手当の基礎知識 for ポケットメディカ」をダウンロード
救命・応急手当の基礎知識forポケットメディカ

災害関連の情報を発信するTwitter/LINEアカウント

東日本大震災では安否確認の電話やメールが殺到して、発生後しばらく通信しづらい状況が続きました。メールを送っても相手に届かないこともしばしば。通信の混雑で必要な情報が受け取れない時には、TwitterやLINEで確認してみましょう。

公的機関や自治体が速報を発信しているほか、災害発生前後の準備や避難生活などに役立つ情報を掲載しているアカウントもあるので、日頃からフォロー・チェックしておくと役立つはずです。

首相官邸(災害・危機管理情報):@Kantei_Saigai

災害関連の情報を発信するTwitter/LINEアカウント

災害が発生した時に、自衛隊の派遣や支援物資の輸送などといった政府の対応がつぶやかれます。首相のコメントを掲載することもあるので、チェックしておきましょう。また、LINEの公式アカウント(@kantei)もあります。

【LINE】おすすめ公式アカウント(bot)の活用術──LINE@、ニュース/天気予報、翻訳、クーポン、LINE Notifyなど

NHK生活・防災:@nhk_seikatsu

災害関連の情報を発信するTwitter/LINEアカウント

NHK生活・防災では、被災地の気温や天候を確認できます。また、家具が倒れないようにする工夫や災害発生時の連絡方法など、日頃の生活で実施できる災害対策情報もツイートしています。

総務省消防庁:@FDMA_JAPAN

災害関連の情報を発信するTwitter/LINEアカウント

総務省消防庁が取りまとめた大規模災害に関する情報や報道資料がつぶやかれます。ふだんは火災予防運動や日常生活での防火対策を紹介しています。

警視庁警備部災害対策課:@MPD_bousai

災害関連の情報を発信するTwitter/LINEアカウント

警視庁警備部災害対策課では、ダンボールでつくる簡易スリッパやペットボトルを使った簡易シャワーの作り方など、避難中のお役立ち情報を多く掲載しています。電気、ガス、水を節約して作るパスタといった災害時以外でも試せるネタをいろいろつぶやいています。

自分が住んでいる自治体のアカウント

災害発生時は、自分が住んでいる自治体のアカウントもチェックしましょう。自治体により情報の充実度は異なりますが、地域の配給場所や避難所などの最新情報は、内閣府防災などでは得にくいので、フォローしておくと安心です。

構成・文:藤原達矢

編集:アプリオ編集部