au、2016年秋冬スマホ「Xperia XZ」など5機種の特長・発売日・価格まとめ

2016-10-18 17:00

au、2016年冬スマホ「Xperia XZ」「isai Beat」を11月上旬より発売

Xperia XZ SOV34

KDDIは、auスマホ(タブレット)2016年秋冬モデルとして「Xperia XZ」「isai Beat」「URBANO」「AQUOS U」「Qua tab PZ」の5機種を11月上旬より順次発売します。

Xperia XZ SOV34

ソニーモバイル製のAndroidスマホ「Xperia XZ SOV34」は、約2300万画素のCMOSイメージセンサーおよびレーザーAFセンサー、RGBC-IRセンサーからなるトリプルセンサーを搭載した高性能カメラが特長です。うす暗い場所でもすばやくフォーカスしたり、自然な色合いの表現が可能になっています。

au Xperia XZ SOV34

13段階のシャッタースピードを選択可能なほか、動画撮影時にスマホでは初となる5軸手ブレ補正を搭載。アップで撮る時にも縦横の手ブレを抑えた録画がおこなえます。フロントカメラは1320万画素で、手を広げるだけで自動でシャッターを切る「ハンドシャッター」機能なども備えます。

ディスプレイ面から側面、背面へと滑らかにつながっていく一体感のあるデザインを採用し、透明感と奥行き感のある高輝度・高純度のメタル素材ALKALEIDO(神戸製鋼)のボディ。その素材感を活かし、カラーはミネラルブラック、プラチナ、フォレストブルー、ディープピンクの4色展開となります。

バッテリー容量は2900mAh。Quick Charge 3.0の急速充電に対応しつつ、充電速度を調節する「いたわり充電」など充電最適化技術も採用。2年経っても劣化しにくい長寿命バッテリーで、長く使える端末をアピールします。このほか、サウンド面でハイレゾ音源の再生、デジタルノイズキャンセリングに対応しています。

au Xperia XZ SOV34

ディスプレイは5.2インチフルHD(1920×1080ピクセル)TFT液晶。プロセッサはSnapdragon 820(MSM8996)クアッドコア(2.2GHzデュアルコア+1.6GHzデュアルコア)で3GB RAMを搭載します。内蔵ストレージは32GBで、最大256GBのmicroSDXCカードに対応します。

このほか防水(IPX5/IPX8)・防塵(IP6X)、フルセグ、NFC、おサイフケータイ、USB Type-Cなど対応。OSはAndroid 6.0 Marshmallowを搭載し、Android 7.0へのアップデートも予定されています。通信では下り最大370Mbpsの高速通信(4G LTEとWiMAX 2+のキャリアアグリゲーション対応)が可能です。

サイズは72×146×8.1mm、重さは約161g。au Online Shopでの端末価格は7万3440円(一括)で、毎月割を適用した実質負担額は新規・機種変更で3万7800円、MNPでは1万6200円となっています。発売日は2016年11月2日です。

Xperia XZ SOV34 | au オンラインショップ

isai Beat LGV34

isaiシリーズの5代目となるLGエレクトロニクス製の「isai Beat LGV34」は、オーディオテクノロジーにこだわったAndroidスマホです。最新OSのAndroid 7.0 Nougatを搭載します。

au isai Beat LGV34

サウンドチューニングは、ハイエンドのAV製品を供給するデンマークの「Bang & Olufsen」の「B&O PLAY」ブランドとコラボ。ナチュラルでバランスのとれた音質を実現するとしています。接続するイヤホンやヘッドホンに合わせて音声出力を最適化し、左右の音量バランスの細かい設定も可能です。

幅広いハイレゾ音源規格に対応し、多くの音源配信サイトで採用されている再生フォーマットのFLACやALAC、WAVやAIFFに加え、より高音質なDSD再生もサポート。DAコンバータにノイズを50%低減できる「Quad DAC」を搭載し、イヤホン・ヘッドホンの性能や音楽ファイルの種類にかかわらず高音質な音楽が楽しめるといいます。

背面カメラは、約1600万画素の標準カメラと約800万画素の135度の広角レンズカメラのデュアルカメラ構成。フロントカメラは500万画素です。

au isai Beat LGV34

ディスプレイ右上に「セカンドスクリーン」(いわゆるサブディスプレイ)を備え、使用頻度の高いアプリへのアクセス、通知や時刻などの確認をメインスクリーンをオン・オフすることなくおこなえます。なお、メインディスプレイは5.2インチWQHD(2560×1440ピクセル)液晶です。

プロセッサはSnapdragon 820(MSM8996)2.2GHzデュアルコア+1.6GHzデュアルコアで、メモリは4GB RAMと高性能。内蔵ストレージは32GB、最大256GBのmicroSDXCカードに対応します。バッテリー容量は3000mAh。

防水(IPX5/IPX7)・防塵(IP6X)、フルセグ、NFC、おサイフケータイ、USB Type Cなどに対応。下り最大370Mbpsの高速通信(4G LTEとWiMAX 2+のキャリアアグリゲーション対応)が可能です。

サイズは72×149×8.0mm、重さは約146g。au Online Shopでの端末価格は6万9120円(一括)で、毎月割を適用した実質負担額は新規・機種変更で3万7800円、MNPでは1万6200円となっています。発売日は2016年11月18日です。

isai Beat LGV34 | au オンラインショップ

AQUOS U SHV37

AQUOS U SHV37

シャープ製の「AQUOS U SHV37」は、5.0インチIGZO液晶ディスプレイや省エネ技術を搭載し、長時間のバッテリー持ちを実現するスマホです。防水・防塵にも対応します。

シーンに応じてタイミングよく話しかけてくれる人工知能(AI)「エモパー」も進化しており、たとえば音声でアラームなどを設定できるだけでなく、いつものアラーム時刻を覚えてアラームをセットしてくれます。

カラーはライム×ゴールド、プラチナ×ホワイト、ピンク×パウダー、メタル×ブラックの4色展開。サイズは71×143×8.3mm、重さは137g。2016年11月下旬の発売となっています。

AQUOS U SHV37 | au オンラインショップ

URBANO V03

URBANO V03

ガラケーから初めてスマホに移行するユーザーの定番となっている京セラ製「URBANO」シリーズからは、新モデルとして5.0インチの「URBANO V03」が登場しました。

従来シリーズの防水・防塵・耐衝撃・耐振動・温度耐久性能などはそのままに、着信時の応答専用ボタン「電話ボタン」や、ケータイの待ち受け/メニュー画面のような慣れ親しんだUIを採用した「エントリーホーム」などを搭載。画面スライドや文字入力といったスマホ特有の操作に不慣れな人でも使いやすい機能を追加しています。

カラーはブリティッシュグリーン、ローズピンク、ロイヤルブラックの3色展開。サイズは72×145×8.9mm、重さは約137g。2016年12月上旬の発売予定となっています。

URBANO V03 | au オンラインショップ

Qua tab PZ

Qua tab PZ

「Qua tab」シリーズ4代目となる「Qua tab PZ」は、シリーズとして初のワンセグ/フルセグ搭載する10インチタブレットです。製造はLGが担当しています。

7000mAhの大容量バッテリーを搭載し、防水・防塵にも対応。充電中は置時計表示になったり、天気やニュースなどにすばやくアクセスできたりする機能を備えるなど、生活の幅広いシーンで家族みんなが使える端末になっています。

カラーはホワイト、ネイビー、ピンクの3色展開で、サイズは258×164×7.9mm、重さは486gです。2016年12月上旬の発売予定となっています。

Qua tab PZ | au オンラインショップ