そら案内:必要な情報が手早く見られる、優れた設計の天気予報アプリ

2016-12-22 17:47

【そら案内】必要な情報が手早く見られる、優れた設計の天気予報アプリ

天気予報アプリをインストールしたけれど、いざ使い始めると情報が多すぎて見づらいという人もいるのではないでしょうか。細かい情報よりも、この日は晴れなのか雨なのか、必要な情報だけでよいので見やすくしてほしい。そんなユーザーには、シンプルなデザインで使いやすさを重視したアプリ「そら案内」がおすすめです。

そら案内の特徴

そら案内は日本気象協会が提供する情報を元に、全国各地の天気予報を表示するアプリ。市区町村を登録するだけで使い始めることができ、他の天気予報アプリよりもシンプルで見やすい設計が魅力です。

梅や桜など植物の開花情報、セミやアキアカネなど虫の初鳴・初見情報といった「生物季節情報」を提供している点もユニーク。毎日の天気をさっと確認しながら、季節も感じられる遊び心のあるアプリになっています。

主な機能

そら案内そら案内

前述のとおり最初に現在地や市区町村を登録すると、そのエリアの今日から1週間先までの天気情報と、同じく1週間先までの概況が表示されます。一つの画面に情報が収まっており、スクロールするだけで必要な情報が得られます。

今日・明日の天気情報では、3時間ごと(長押しで1時間ごと)の気温、降水量、湿度、風向きなどが表示されます。気温の高低はグラフで表示され(前日との比較も可能)、視覚的にもわかりやすいよう工夫されています。概況では天気について文章で解説。大まかな傾向もつかめます。

生物季節情報

そら案内そら案内

メニューを開いて「生物季節情報」をタップすると、そのネーミングどおり植生物の季節ネタが見られます。桜の開花情報など代表的なものはよく目にしますが、その他の植物の開花情報や、昆虫の初見情報などもここで入手できます。

こうした情報は観光に役立つのはもちろん、お客様相手の営業職の人などにとっても話しのきっかけになりそうです。

投稿機能

左上のアイコンからは、投稿に関するメニューが表示されます。日付や場所、天気、気温といった気象情報を好きな画像やこれから撮る写真、予報画面のスクリーンショットなどに重ね、TwitterやFacebook、Evernoteに投稿できます。

そら案内そら案内

重ねる気象情報には、イラストをあしらったものや、くまモンなどのキャラクター入りテンプレートフレームも用意されています。個性的な天気情報付き写真で、その日の出来事などを日記風に残すのにも一役買ってくれそうです。

なお、この投稿機能はAndriod版には実装されておらず、Evernoteへの投稿は拡張パックの購入が必要になります。

まとめ

天気予報は必要な情報のみあれば十分という向きにはぴったりのアプリです。シンプルゆえに、実際に使ってみると物足りないと感じる人もいるかもしれませんが、少し操作すれば1時間ごとの予報や天気図、アメダスなど詳細情報も得られます。

また、生物季節情報や投稿機能といった遊び機能は話しのきっかけや、毎日のミニ知識としても活用できそうです。Android版は投稿やウィジェットが利用できないなど、iOS版に比べて若干使い勝手が劣る印象ですが、メイン機能については便利に使えるでしょう。