スマートニュース:幅広いチャンネルから情報を収集できる人気のニュースアプリ

2017-01-21 11:43

スマートニュース:幅広いチャンネルから情報を収集できる人気のニュースアプリ

「スマートニュース(SmartNews)」は、さまざまなニュースサイトなどからニュースを集めて配信する、いわゆるニュースキュレーションアプリです。2016年12月時点で2000万ダウンロードを達成しており、ユーザーの評価もApp StoreとGoogle Playで4.0以上と、高い評価を得ています。

記事はニュースチャンネルごとに集められ、その中からユーザーは選んで読むスタイルになります。チャンネルには経済や国内外ニュースといった硬めのものから、ファッションやエンタメ、コラムなどの柔らかめのもの、そして各メディアの単独チャンネルまで多数あり、幅広くカバーしています。

また、「Smartモード」という機能を搭載しており、これを使えば圏外でも読み込みに時間がかからず、さくさくニュースをチェックできます。

「スマートニュース」の使い方

アプリを初めて立ち上げると、性別と年齢の入力画面が開きます。必ずしも登録しなくともよいのですが、登録したデータによって表示されるニュースが最適化されるようになっているので、登録した方が使い勝手がよくなるようです。

ニュース画面はいたってシンプル。画面を左右にスワイプするとジャンル切り替え、気になるニュースをタップすればそのニュースの本文を閲覧できます。元のサイトを参照したい場合は、記事末尾のリンクをタップするだけでOK。

スマートニュース アプリスマートニュース アプリ

気になったニュースをタップすると記事ページへ

「編集」タブで要らないチャンネルを消したり、タブの順番を入れ替えたりもできます。自分に合わせたカスタマイズで、情報収集がよりスムーズになるというわけです。

スマートニュース アプリ

表示するジャンルの編集も簡単

「スマートニュース」の特徴の一つである「Smartモード」は、画面上部の[Smart]ボタンをタップすると、主要な画像とテキストのみのシンプルな画面に切り替わる機能です。

電波がない状態でも、読み込みはあっという間。これなら読み込みにイライラすることもなく、多くのニュースを効率よく閲覧できます。

スマートニュース アプリスマートニュース アプリ

右の画像が「Smartモード」

まとめ

「スマートニュース」はチャンネルのカスタマイズなど、その人に合わせたニュースを表示することができるので、いつでも知りたい情報が手に入ります。

一方で、ジャンルを問わずとにかく話題になっていることを知りたい、トップニュースなどをチェックしたいというときには不便さを感じることもあるかもしれません。

そうはいっても、圏外でも簡単にさくさくニュースチェックができるのは大きなメリット。広告も記事の最下部など邪魔にならない位置に表示されるので、わずらわしさを感じさせません。

忙しいビジネスパーソンや、いつでもどこでもニュースをチェックしたいという人にはぴったりのアプリだといえるでしょう。