ランニングを分析したい人におすすめ、設定したコースごとに走りを記録できるアプリ「Runkeeper」

2017-03-12 21:36

ランニングを分析したい人におすすめ、設定したコースごとに走りを記録できるアプリ「Runkeeper」

走りを記録してくれるアプリは数多ありますが、その中でも定番のひとつとなっている「Runkeeper」を紹介します。

「Runkeeper」とは

GPSを利用して運動記録を保存するという機能自体は珍しいものではありませんが、「Runkeeper」は世界に2500万人以上のユーザーがおり、App StoreでもGoogle Playでも4.5以上の高い評価を獲得している人気のアプリです。

その秘密は、走ったコースごとに自分の走りを記録できるランキング機能にあります。類似のアプリでは、走行距離やタイム、消費カロリーなどは記録してくれますが、コースの判別まで及んでいるものはなかなかありません。そもそも、街中を走るランニングは、距離が同じでも起伏や交通状況によってタイムは変わるもの。

その点、「Runkeeper」ではコースごとのタイムを記録、つまり、同じコースでタイムを比較できるのです。自分の走りがどのくらい向上したかがすぐわかる、あるいはペースが落ちたときにその原因を考えるきっかけになるなど、ストイックに走りを極めたい人にはオススメのアプリと言えるでしょう。

「Runkeeper」の基本機能

トレーニングを記録する

Facebookアカウントかメールアドレスでサインインして、アプリをスタートします。「スタート」タブでは、トレーニングの記録ができます。

左上の人アイコンをタップすれば、トレーニングの種類が変更可能。[ランニングを開始]をタップすれば記録が開始されます。

Runkeeper

記録中の画面は至ってシンプル。画面を左右にスワイプすると地図などを参照できます。[ストップ]をタップすれば、トレーニングが終了します。

Runkeeper アプリ

基本的なトレーニング情報のほかに、5段階での評価や写真も登録できます。また、走ったルートのマップを他のユーザーに向けて表示したり、一緒に走った人を登録できたりと、人とつながりながら記録が可能です。

Runkeeper アプリRunkeeper アプリ

ルートを登録してトレーニング

「Runkeeper」は、その名が表すように、自分の最高の走りをキープするのを助けてくれるアプリ。最大の特長は、設定したコースごとに走りを記録ができることです。

コースを登録するにはPCサイトへのアクセスが必要ですが、一度登録すれば、以降はスマホからアクセスできます。

Runkeeper(公式サイト)

アプリにサインインしたときと同様、まずはFacebookアカウントかメールアドレスでPC版にログイン。左上の[ME]をクリックし、[ROUTES]タブを開きます。初めてルートを作成する場合は[Create a new route]を、ルートを追加する場合は[+]が表示されるので、それをクリックします。

Runkeeper パソコン

その後は地図上に線を引きながら、ルートを描いていきます。地図をクリックすると「◎」マークが置かれるので、移動したい場合は[円のふち]を、そこからルートを伸ばしたい場合は[円の中央]をクリックし、ドラッグしていきます。はじめはシビアな操作のように感じられますが、慣れると簡単に作成できます。

ルートが完成したら、名前を決めて[Save]をクリック。これでルートが登録されます。

Runkeeper パソコン

登録したルートでトレーニングするには、メイン画面の地図の左上にある[地図マーク]をタップ。ルート一覧からルートを選択して、[ランニングを開始]をタップすればOKです。

Runkeeper パソコンRunkeeper パソコン

ランキングは、サイトにアクセスすることで確認できます。ルートを登録したときと同じように[ME]をクリックして[ROUTES]タブを選択。参照したいルートをクリックすれば、そのコースでのランキングが表示されます。

Runkeeper パソコン

もちろん、ランキングはスマホでも確認可能。定期的にチェックすることで、自分の走りを改善したり、さらに上の目標を立てたりといったことに活用できます。

Runkeeper アプリ

まとめ

自分の走りを徹底的に分析したい、過去の自分に勝ちたいとストイックに走りを極めたい人には絶対オススメの「Runkeeper」。とりあえず日々の記録をとりたい、運動を習慣にしたいというユーザーにとっては持て余してしまいそうな印象を受けますが、毎日決まったルートを走るという場合にはそのルート登録しておいて損はないでしょう。

有料版では月額1200円、もしくは年額4800円で、トレーニングプランを利用したり、ログをグラフ化したりといった機能が利用可能になりますが、類似アプリと比較すると少し高額。無料版でもルートランキング機能は利用できるので、まずは無料版で試してみるのがいいでしょう。