毎月8枚まで無料、正方形の写真プリントを注文できるアプリ「ALBUS」の魅力とは

2018-01-24 17:37
記事タイトルとURLをコピーする

ALBUS

古くはポラロイドカメラや中判カメラ、最近では「Instagram」や富士フイルムの「instax SQUARE SQ10」 に代表されるように、正方形の写真に魅せられる人は大勢います。長方形の写真に比べて、正方形の写真は味わい深く見え、若者からマニアまで幅広い層に人気があります。

今回紹介する「ALBUS(アルバス)」は、"ましかく写真"のプリント注文ができるアプリ。毎月8枚まで無料で注文でき、銀塩プリントならではの長期保存にも向いています。スマホやクラウド上のデータとしてではなく、モノとして写真を手元に置いておきたいというニーズに応えてくれるほか、毎月ちょっとずつ写真を注文していくことで大した手間をかけずに年間のフォトアルバムを完成させられます。

毎月8枚まで無料、正方形の光沢プリントを手軽に注文できる

ALBUS

Image:ALBUS

ALBUSは、毎月8枚のましかく写真をプリントできるアプリです。写真の仕上がりサイズは8.9cm四方で、ネットのプリントサービスなどで増えている「ましかく」サイズと同じです。

ALBUS ALBUS

アプリを起動したら画面をタップして写真を8枚選びます。ALBUSのユニークなところは、前の月の写真を選ぶことでしょう。新しい写真や古い写真を注文しても構いませんが、マンスリーカードが同封されるので、アルバムを作りたいときは注文ごとに撮影月を統一したほうがまとめやすくなります。

無料になるのは先月分の注文のみ。また、無料枠の注文は毎月1日にリセットされます。

ALBUS ALBUS

画面をタップして写真を追加します。写真はカメラロールやInstagramから写真を取り込めます。今回は写真を8枚選びました。「白フチ」をオンにすると白フチのありなしが切り替わります。

ALBUS

写真をタップすると切り抜き位置を調整できる

写真をタップすると、写真の切り取り範囲を変更できます。サムネイルは小さめなので、トリミング位置を確認したほうが安心です。写真が小さすぎたり、拡大しすぎたりして、一辺が1080ピクセル以下になると、「写真の大きさが足りません」と表示されます。

ALBUS ALBUS

左:届け先を指定する右:ユーザー登録のあと支払い方法を選択。クレジットカードはVISA、MasterCard、JCB、American Expressに対応している

最後に届け先を指定して注文します。8枚までは無料ですが、送料(税込216円)が必要です。計算すると1枚あたり27円で、店頭でプリントしてもらうよりもお得です。しかも家まで届けてくれるので手間がかかりません。

9枚目からは1枚20円で注文できる。最大50枚まで注文可能。

ALBUS

初回注文時に紹介コードが発行される。友人を1人招待するごとに無料で印刷できる写真が1枚増える(最大で毎月15枚まで無料)。

写真仕上げならではの美しいプリント

ALBUS

プラスチック製のボックスに8枚のましかく写真とマンスリーカードが同封されている

注文をして2~7営業日程度で発送されます。今回は発送まで4日、そこから届くのに5日かかりました。写真はプラスチック製のボックスに収められ、ゆうメールで届きました。

ALBUS

今回は白フチを付けて注文。マンスリーカードも印画紙にプリントされていた

写真は手のひらサイズです。光沢感のある写真仕上げで、格安のフォトブックにはない美しさ。写真には自動補正が入るようで、彩度が上がっています。人の肌はより赤みが増し、風景などはより鮮やかに見えます。

面倒くさがり屋でも安心、いつのまにかフォトアルバムを作れてしまう

ALBUS

アルバムは初回のみ1800円(税抜)で購入可能。表紙カラーが7色用意されている

ALBUSアプリからは、ALBUSBOOKという専用のアルバムも注文できます。1冊で120枚、約1年分の写真を収納できるアルバムです。11枚の写真を注文すれば、見開きでちょうど1カ月分の写真が収まるようになっています。ALBUSBOOKの価格は初回のみ1800円で、通常価格は2400円です。送料は1冊の注文で300円別途かかり、写真とは別に発送されます。アルバムに差し込むリフィル(10枚入りで850円)や、デコレーションに使えるシールセット(1セット650円)も販売されています。

ふつうフォトブックを作る場合、最低でも20枚程度の写真を用意する必要があります。最初のうちはよくても、1年、2年と続けるのはなかなか大変です。この点、ALBUSの無料枠(8枚)なら選ぶのも苦にならず、続けやすいと思いました。毎月プッシュ通知でお知らせしてくれるので、うっかり注文を忘れる心配がないのも助かります。同封のマンスリーカードとセットでアルバムに収めていけば、1年間の記録を綴ったイヤーブックもかんたんにできあがりそう。アルバムをコツコツ作る楽しさを味わえるのがALBUSの醍醐味と言えそうです。

ちなみにALBUSの運営会社がリリースしているアプリ「レター」もおすすめ。筆者はここ数年、この「レター」を愛用しつづけています。

すごいアプリ100選・レター:極度の面倒くさがりでも手軽に親孝行できる写真付きカレンダー便り