アプリ「Pixlr Express」レタッチ機能もエフェクトも充実した高品質な総合写真編集アプリ #Android

2012-11-21 23:35

Pixlr Express

おすすめのポイント

  • トリミングや回転、サイズ変更などが自在に行える
  • 色相、彩度、コントラストなどの多彩な調節機能
  • ブラーをかけてティルトシフト風のぼかしも可能
  • 600以上のエフェクトやフレーム、オーバーレイが用意
  • 仕上がりも高品質、1本でたいていの写真編集が事足りる

Androidアプリ レビュー

だいたいの写真編集はこれ一本で事足りる

Pixlr Express

プロ仕様のCADアプリ「AutoCAD」やフィルタ編集アプリ「Pixlr-o-matic」など、数々のセンスのよい高品質アプリをリリースしてきたAutodeskが、新たな写真編集アプリ「Pixlr Express」をリリースした。

トリミングや回転、サイズ変更等に加え、色相、明度、彩度などの調整、ぼかしをかけたりといったレタッチ機能に加え、600を超えるオシャレ系のエフェクトやフレームなどフィルタ機能を備える。スマホでの一般的な写真編集は、およそこれ一本で済む「全部入り」だ。

[Adjustment]でレタッチ

Pixlr Express

カメラ起動で撮影するか、ギャラリーから呼び出すかで写真を開くと、右のような編集画面となる。クールなインターフェイスも印象的だ。

左下の[Adjustment]をタップすると、格納されている前述のようなレタッチ機能のメニューが表示される。

カラー調整系からトリミング・回転、赤目補正、ホワイトニングまで、非常に豊富。いずれかの機能を選んで、数値をスライダーで動かす操作で調整を行える。

Pixlr Express

たとえば[Focal Blur]などは、ぼかしを部分的にかけてティルトシフト的な雰囲気に加工したり、一眼レフ風の効果を出したりすることも可能だ。

実線はブラーをかけない範囲、点線はブラーを弱くかける範囲を示す。これらの幅をドラッグして調整できる。

[Effect][Overlay][Border]でInstagram風に

Pixlr Express

センスのいいフィルタが満載なのが[Effect]メニューだ。カテゴリーを選んだうえで、そこに属するフィルタを選ぶ形式。

右の画面では、[Too Old]の中にある「Agnes」フィルタを適用している。

なお、[Fade]という欄の数値を減らすと、フィルタの強度を弱めることが可能だ。

Pixlr Express

[Overlay][Border]は、写真の上に特定のフレームなどのパターンを覆いかぶせる機能。適用方法は[Effect]とほぼ同様となっている。

加工がすべて済んだら、右上のメニュー[Save]をタップし、保存や共有を行えばよい。