スマホのGPS(位置情報)精度を最適に設定・改善する方法【iPhone/Android】

2017-08-23 17:15

スマホのGPS(位置情報)精度を最適に改善・設定する方法【iPhone/Android】

地図アプリでのナビからポケモンGOにいたるまで、何かと便利なGPSなどによる位置情報サービス。しかし実際には、まったく違う現在位置が表示されたり、一本向こうの通りにいることになっていたりと、必ずしも精度の高い位置情報が得られると言い切れない場合もあります。

そこで本記事では、スマホの位置情報サービスの精度を上げる設定などを解説。電池を節約しながら、正確な位置情報を得られる手段を紹介します。

GPSなどの位置情報の仕組み

スマホの位置情報を割り出す上で、最も大きな役割を担っているのがGPSです。Global Positioning Systemの略で、宇宙にあるGPS衛星から電波を飛ばし、その発信時刻と受信時刻の差異などによって、位置を割り出すというものです。

ただ、電波は宇宙から飛んできますから、室内やビルの乱立する都心部、木々の立ち並ぶ山林、また悪天候時などにより、正確な位置が判断できないことがあります。さらに、電波の発信時刻と受信時刻の差異を利用するという特性上、端末に誤った時刻が設定されていると、その精度に悪影響を及ぼす恐れもあります。

現在、スマートフォンの位置情報はGPS、Wi-Fi、モバイルネットワーク、Bluetoothから複合的に割り出されるようになっています。あらゆる情報を駆使することで、より正確な測位がおこなえるよう工夫されているというわけです。

スマホ GPS 位置情報 精度 設定

2017年8月19日のみちびき3号機打上げ(©三菱重工

ところで2017年8月19日、日本版GPSとも呼ばれる準天頂衛星システム「みちびき」の3号機がH-IIAロケットによって打ち上げられたのは記憶に新しいところ。みちびきによりGPS衛星が補われ、従来のGPSで約10メートルだった誤差が約6センチメートルに収まるといいます。

近い将来、飛躍的に高精度で安定した位置情報サービスが実現されそうです。

みちびき(準天頂衛星システム:QZSS)公式サイト - 内閣府

注意:NTTドコモの古いスマホではGPS機能が低下

ドコモでは、インターネットにおいて実施している暗号化通信の安全性確保のため、セキュリティレベルの高い方式(SHA-2)への移行を順次進めています。これに伴い、SHA-2方式に対応していない古いドコモスマートフォンでは、アプリやサービスで位置情報を利用する際にGPS測位の精度が下がる場合があると明らかにしています(緊急通報位置通知含む)。

対象機種は、「ドコモスマートフォン」のF-12C、F-03D、F-07D、F-09D、F-11D、L-04C、L-01D、L-06D、N-04C、N-06C、N-01D、N-04D、P-01D、SC-01B、SC-02B、SC-03D、SC-05D、SH-02D、SH-07D、T-01A、T-01B、T-01C。また「ドコモ タブレット」のL-06C、N-06D、SC-01E、および「ドコモらくらくホン」のF-12Dとしています。

セキュリティ方式変更に伴う、ドコモスマートフォンのGPS機能への影響について | NTTドコモ(2017年9月14日)

iPhoneの位置情報精度を上げるには

iPhoneでは、手元でおこなえる位置情報の精度設定は限られます。具体的には、Wi-Fiのオンと正確な時刻の設定ですが、あとはバッテリー消費に関する設定になります。

Wi-Fiをオンにする

iPhoneでも、GPSをはじめWi-Fiやモバイルネットワーク(基地局の距離)などの情報を集めて測位しています。そのため、Wi-Fiをオンにしておくほうが、位置情報の精度が上がります。どこかのWi-Fiスポットに接続するということではなく、設定をオンにしておけばiPhoneが自動的にWi-Fiによる位置情報をつかんでくれます。

スマホ GPS 位置情報 精度 設定

「設定」アプリから[Wi-Fi]を選択し、[Wi-Fi]の項目をオンにするだけ。もちろん、コントロールセンターで有効化することも可能です。

iPhoneをWi-Fi(無線LAN)に接続する設定方法

時刻の設定

まずは、GPSの精度を高めるために日付と時刻を正確に設定します。

スマホ GPS 位置情報 精度 設定

「設定」アプリを開き、[一般]→[日付と時刻]の順で進みます。

手動で時刻を設定してもいいのですが、できれば[自動設定]をオンにしておきましょう。通信ができる環境であれば、常に正確な時刻に設定されます。

位置情報の設定

続いて、位置情報の設定をおこないましょう。

スマホ GPS 位置情報 精度 設定

同じく「設定」アプリから[プライバシー]→[位置情報サービス]とタップ。ここで、位置情報サービスのオン/オフが変更できます。

設定がオンになっているか確認してください。

アプリごとの設定(バッテリー節約)

位置情報を更新するたびに通信がおこなわれますから、それだけ早くiPhoneのバッテリーが消耗することになります。電池を節約したい場合には、アプリごとの設定をおこないましょう。

スマホ GPS 位置情報 精度 設定スマホ GPS 位置情報 精度 設定

「設定」アプリから[プライバシー]→[位置情報サービス]と進んだ画面では、位置情報サービスを利用できるアプリの一覧が確認できます。設定を変更したいアプリをタップし、3つの中から設定を選びます。

[このAppの使用中のみ許可]にしておくと、常に位置情報を更新する必要がなく、バッテリーの節約につながります。

スマホ GPS 位置情報 精度 設定スマホ GPS 位置情報 精度 設定

また、アプリ一覧の最下部にある[システムサービス]をタップすると、位置情報を利用したサービス一覧が表示されます。[コンパスの調整]や[位置情報に基づく通知]など、使っていないサービスがあればオフにしてしまいましょう。

ボタン横の矢のアイコンは、最近位置情報を利用した項目に表示されます。何のためのサービスなのかよくわからないという時はこれを参考に、めったに表示されていない、つまり利用頻度の低いものからオフにするとよいでしょう。

iPhoneバッテリーの減りが早い時、電池を節約して駆動時間を長持ちさせる19の方法

Androidスマホの位置情報精度を上げるには

Android端末では、位置情報の精度を3段階から選べる設定が用意されています。基本的にはバッテリー消費が多くても、GPS、Wi-Fi、モバイルネットワークで現在地を特定する「高精度」を選択したほうが快適に利用できます。Android 7.0をメインに解説します。

時刻の設定

GPSの精度を上げるため、Androidスマホでもまずは時刻の設定を確認します。

スマホ GPS 位置情報 精度 設定スマホ GPS 位置情報 精度 設定

スマホ本体の「設定」を開いて、一般設定から[日付と時刻]を選択します。ここで日付や時刻、タイムゾーンが正しく設定されているかチェックしましょう。

できれば[日付と時刻を自動設定](端末により[自動日時設定]などの名称も)をオンにしておきましょう。これで通信環境があれば、自動的に日付や時刻を修正してくれるようになります。

Wi-Fiをオンにする

Androidスマホでは、GPSやWi-Fi、モバイルネットワーク(基地局の距離)などの情報を集めて測位しています。後述する「高精度」モードなどではWi-Fiを利用しますから、やはりWi-Fiをオンにしておくほうが、位置情報の精度が上がります。

スマホ GPS 位置情報 精度 設定

スマホ本体の「設定」から[Wi-Fi]を選択し、[Wi-Fi]の項目をオンにすればOK。ステータスバーなどから有効にすることも可能です。

AndroidスマホをWi-Fi(無線LAN)に接続する方法

位置情報の設定

続いて、位置情報の設定をおこないます。

スマホ GPS 位置情報 精度 設定

本体の「設定」から[位置情報]の項目へと進みます。ここで[位置情報]をオンにし、続いて[位置情報の検出方法](端末により[モード]などの名称も)をタップします。

スマホ GPS 位置情報 精度 設定

Androidの場合、位置情報のモードが「高精度」「バッテリー(電池)節約」「端末(GPS)のみ」の3パターンに分かれています。名前のとおり、最も精度が高いのは「高精度」ですが、様々な情報を取得して測位するため電池が一番消耗するモードです。逆に「端末のみ」は、消耗は抑えられますが、そのぶん精度が落ちます。

一般的に位置情報を利用したアプリは、「高精度」に設定しなければきちんと動作しない傾向があるようです。必要な時だけ「高精度」にし、それ以外は「電池節約」にするなど、場合によってモードを使い分けるのも一考です。

アプリごとの設定(電池の節約)

位置情報を利用しているアプリが多いと、それだけバックグラウンドでの動作がおこなわれ、電池の消費も早くなります。必要ならばアプリごとの設定もしましょう。

スマホ GPS 位置情報 精度 設定

スマホ本体の「設定」から[アプリ]を選択して一覧を開き、設定したいアプリを選択します。

スマホ GPS 位置情報 精度 設定スマホ GPS 位置情報 精度 設定

続いて[権限]([許可]などの名称も)をタップします。

ここで位置情報のオン/オフが切り替えられるので、不要なものはオフにしてしまいましょう。