LINEにアニ文字風の新機能「キャラクターエフェクト」登場、ユーザーの表情に合わせてキャラの顔や動きも変化

2018-11-06 21:28
記事タイトルとURLをコピーする

LINEにアニ文字風の新機能「キャラクターエフェクト」登場、ユーザーの表情に合わせてキャラの顔が変化

LINEのビデオ通話などで使える新機能「キャラクターエフェクト」がリリースされました。ユーザーの表情に合わせてキャラクターの表情も変化したり、顔の向きに合わせてキャラクターの顔が動いたりするもので、LINEアプリのiOS版バージョン8.16.0、Android版バージョン8.15.0以降で利用できます。

iOSのアニ文字やミー文字を思わせるキャラクターエフェクトには、まずLINEキャラクター「コニー」とオリジナルキャラクター「マンジュウキャット」の2種類が登場。コニーの目がキラキラしたり、マンジュウキャットが背景にいる蝶を追いかけたりと、キャラに自身の表情を託して相手と楽しくコミュニケーションをとることが可能です。

LINE キャラクターエフェクト アニ文字

ビデオ通話中の画面で顔マークのボタンをタップし、表示されるエフェクトのメニューから使えます。また、トークルーム内のカメラでは左下にある顔マークのボタンを、チャットライブではグループトークでLIVE中の画面で顔マークのボタンをそれぞれタップし、キャラクターエフェクトを呼び出せます。

作成したキャラクターは、動画として保存してトークへ投稿したりタイムラインでシェアしたりできるほか、プロフィール画面のアイコンに設定することも可能です。今後はキャラクターエフェクトに新キャラが続々追加される予定となっています。