グーグル、次期バージョン「Android 9 Pie」を正式発表

2018-08-07 11:00

グーグル、次期バージョン「Android 9 Pie」を正式発表

Googleは次期Androidの最新バージョンとなる「Android 9 Pie」を正式発表しました。毎回アルファベット順(今回はP)にお菓子の名前が付く名称は「Pie(パイ)」となりました。

Googleのスマホ「Pixel」シリーズへのOTAアップデートの提供を開始し、Android Open Source Project(AOSP)にソースコードが公開されました。Android Pベータプログラムに登録済みのXperia XZ2(海外版)やEssential Phoneなどには今秋の終わりまでにアップデートが提供される予定です。

Android 9 Pie

Android10周年のアップデートとなるAndroid 9 Pieでは、新しいシステムナビゲーションへの対応や、AIツールによる快適でパーソナライズされたユーザー体験、ノッチ(画面の切り欠き)のサポートなどが提供されます。

従来、Androidは戻る/ホーム/アプリ履歴(マルチタスク)の画面下3ボタンをタップして操作していましたが、Android 9 Pieではホームボタン1つにまとめられ、それらをiPhone Xのようにジェスチャーで操作できるオプションが加わります。

Android 9 Pie

また「Adaptive Battery」と呼ばれるバッテリー設定機能が導入され、ユーザーがよく使うアプリを見極めて快適に使えるようにする一方、使用頻度の低いアプリのバッテリー消費を抑制します。

ユーザーの好みの明るさを学習して、周囲の環境に合わせ自動的に画面輝度を調整してくれる「Adaptive Brightness」も備わり、AIによってバッテリー持ち向上をはかります。

Android 9 Pie

さらに、ユーザーが次に何をするかを予測して、すばやく機能を提案する「App Actions」も追加されます。

ユーザーの行動予測を元に、次に使うであろうアプリをスイッチャーやランチャーに表示したり、たとえば仕事後にスマホにヘッドホンを接続するとSpotifyのプレイリストが再生されるといった具合に動作します。

App Actionsはホーム画面やGoogle Playストア、Google検索、Googleアシスタントなどで利用できます。