ツイッター、全ユーザーにパスワード変更を呼びかけ バグでハッシュ化前のPWを内部ログに保存

2018-05-04 8:03
記事タイトルとURLをコピーする

ツイッター、全ユーザーにパスワード変更を呼びかけ バグでハッシュ化前のPWを内部ログに保存

米Twitterは2018年5月4日、全ユーザーに向けてパスワードの変更を呼びかけています。ソフトウェアのバグにより、ハッシュ化処理の完了前にユーザーパスワードが内部ログに保存されていたことが発覚したため。Twitterによれば、すでにバグは修正されており、悪用された兆候はないといいます。

パスワードの変更は、Twitter公式アプリであれば[設定とプライバシー]→[アカウント]→[パスワードを変更する]、ウェブ版Twitterであれば[設定とプライバシー]→[パスワード]からおこなえます。現在、Twitter公式アプリを起動したりウェブ版Twitterにログインしたりすると、「アカウントを安全に保ち続けましょう」と表示され設定画面に誘導されるので、そこからパスワードを変更するとよいでしょう。