アップル、iPhone 7が「圏外」になる不具合の無償修理プログラムを提供

2018-02-05 9:03

アップル、iPhone 7が「圏外」になる不具合の無償修理プログラムを提供

Appleは一部の「iPhone 7」において、メインロジックボードのコンポーネントの故障により、モバイルデータ通信のサービスエリア内にもかかわらず「圏外」と表示されてしまう問題について、対象となるモデルを無償で修理するプログラムを提供すると発表しました。

この問題が確認されているのは、2016年9月から2018年2月までの間に製造され、日本や米国、中国、香港、マカオで販売されたiPhone 7。自分が使っているiPhone 7で上記の症状がみられる場合、iPhone 7の背面に印字されているモデル番号を確認しましょう。

日本で購入した場合はモデル番号「A1779」が無償修理プログラムの対象となります。なお修理開始前に、Appleで同プログラムの適用対象かどうかの実機検証をおこなうとしています。

iPhone7 圏外 無償修理プログラム

無償修理の窓口は、Apple Store直営店やApple正規サービスプロバイダとなり、ドコモやau、ソフトバンクなどの事業者では同プログラムは扱われません(修理の申し込み方法などは下記の記事も参照)。

iPhoneが故障した時の修理ガイド──予約から料金、修理期間、代替機、保証範囲の調べ方まで

修理状況によっては本体の交換となる可能性もあり、修理に出す前にiPhoneのバックアップをおこなっておきましょう。画面割れなどがあり修理に支障をきたす時には、そちらを先に修理する必要があります。

iPhoneのデータをバックアップして復元する2つの方法──iTunes/iCloudバックアップの違いと手順まとめ

また、この問題についてすでに有料修理をしたと思われるユーザーには、Appleからメールで連絡が届き、返金手続きがなされるとのこと。2018年3月末までにAppleからメールで連絡がない場合は、Appleに問い合わせが必要となります。

アプリ「Appleサポート」をダウンロード
Appleサポート