グーグル、iOSのAirDropに似たファイル共有機能を使える容量節約アプリ「Files Go」を正式リリース

2017-12-06 2:07

Files Go

Googleは2017年12月5日、ファイル管理アプリ「Files Go」を正式にリリースしました。ベータ版が先月に公開済みでした。

Files Goは大まかに分けて、ファイルのクリーンアップ機能とAndroid端末間のファイル共有機能の2機能を備えるアプリです。

Files Go

ファイルなどを削除して容量を確保可能。ファイラーとしても使える

ファイルのクリーンアップ機能はどちらかと言えば低スペック端末向けのもので、不要なファイルや使用していないアプリなどを削除することで、不足しがちな端末ストレージやメモリを解放します。

一方、ファイル共有機能は、Files Goアプリをインストールしている端末間でインターネットを介さずにファイルを送受信できる、iOSのAirDrop類似の機能です。ファイルの送受信は最大125Mbpsでおこなわれ、通信は暗号化されています。

Googleによれば、ベータ版を利用した平均的なユーザーは約1GBの容量を節約できたといいます。Google Playストアでは、従来から多数のクリーナー系アプリが氾濫してきましたが、Google自身が同種のアプリを提供することになったため、サードパーティ製アプリを不要とするユーザーが増えるのかもしれません。

アプリ「Files Go」をダウンロード
Files Go