症状から救急車を呼ぶか判定、消防庁公式の救急受診アプリ「Q助」が登場

2017-05-30 19:03

症状から救急車を呼ぶか判定、消防庁公式の救急受診アプリ「Q助」が登場

総務省消防庁は、急な病気や怪我をした時に緊急度に応じた必要な対応をサポートする救急受診アプリ「Q助(きゅーすけ)」をリリースしました。

Q助Q助

Q助アプリを起動し、該当する症状を画面上で選択していくと、緊急度に応じた必要な対応を緊急性をイメージした色とともに表示。

「いますぐ救急車を呼びましょう」「できるだけ早めに医療機関を受診しましょう」「緊急ではありませんが医療機関を受診しましょう」「引き続き、注意して様子をみてください」という4つの緊急度に応じたアドバイスが得られます。

Q助Q助

いますぐ救急車を呼びましょうという結果になった場合、その画面から即座に119番できるほか、電話で伝えるべき症状についても記載されています。また、医療機関の検索や受診手段の検索(「全国タクシーガイド」へのリンク)をおこなうことも可能です。

いざという時のために、インストールしておいて損のないアプリです。

アプリ「全国版救急受診アプリ「Q助」」をダウンロード
全国版救急受診アプリ「Q助」