格安SIM/スマホの顧客満足度、mineoとDMMがトップ J.D.パワー調査

2017-05-25 20:27

格安SIM/スマホの顧客満足度、mineoとDMMがトップ J.D.パワー調査

J.D.パワー アジア・パシフィックは、格安スマホ格安SIMのサービス利用者を対象に、顧客満足度調査の結果を発表しました。

契約先の事業者から端末も一緒に購入したユーザー(格安スマホ利用者)と、SIMカードのみを購入(契約)してスマホを利用しているユーザー(格安SIM利用者)に分けて調査をおこない、それぞれ4000人(総計8000人)から回答を得ています。

格安スマホの顧客満足度

格安SIM/スマホ 顧客満足度

格安スマホにおける顧客満足度は、対象7サービス中「mineo」が総合満足度で第1位となりました(622ポイント)。mineoは「通信品質」「各種費用」「サービスメニュー」「手続き・サポート対応」の4項目すべてで全体平均以上の評価を得ており、とりわけ「手続き・サポート対応」で最も高いスコアを獲得しています。

総合満足度の第2位は「UQ mobile」で(618ポイント)、特に「通信品質」の満足度が高く、トップスコアを得ています。また、総合満足度の第3位は「FREETEL」となり(615ポイント)、中でも「各種費用」の項目で最高点を獲得しました。

格安SIMの顧客満足度

格安SIM/スマホ 顧客満足度

また、格安SIMカード(単体購入)における顧客満足度は、対象10サービス中で「DMM mobile」が総合満足度第1位でした(652ポイント)。DMM mobileも前述の4項目において平均以上のスコアとなったほか、各種費用の項目でトップ評価を得ています。手続き・サポート対応に関しても、平均を大きく上回る評価となりました。

なお、総合満足度の第2位はmineo(647ポイント)、第3位はUQ mobile(641ポイント)という結果でした。

格安SIM/スマホともに総じて高い顧客満足度

J.D.パワーでは、格安SIM/スマホサービスの顧客満足度は、別途実施の大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)のサービス満足度調査結果と比べても総合評価が高いと指摘。多くのユーザーが特に費用面に関して、切り替えたことに満足している様子がうかがえると分析しています。

また、直前に加入していた大手3キャリアでは、フィーチャーフォン(ガラケー)を利用していたユーザーも多く、SIMカード単体購入者では約3割、スマホ端末セット購入者では約半数に上っているといいます。

格安SIM/スマホ利用者のデータ通信容量の契約内容は、全体として1~3GBまでのプランへの加入が約7割を占めました。

大手キャリアからの切り替えの特徴として、以前の契約では1~2GBまでといった小容量プランを利用していたユーザーは、その半数が1~2GBほど契約容量を増加させて格安SIM/スマホを利用。反対に5GB以上などの比較的データ容量の大きいプランで利用していたユーザーは、その大多数が3GBまでといったプランに契約内容をダウンサイズしているとのこと。

一方で、通信品質と手続き・サポート対応については、切り替えて「悪くなった」という回答も上がっています。通信品質は利用者の2割程度が悪くなったとしているほか、手続き・サポート対応面については、スマホもセット購入する傾向の強いシニア層で「悪くなった」という回答が目立つといいます。