ようやくTwitterアプリでキャッシュ削除が可能に iOS版にストレージ設定を追加

2017-03-09 7:00

ようやくTwitterアプリでキャッシュ削除が可能に iOS版にストレージ設定を追加

iOS版Twitterアプリがアップデートされ、新たにストレージ設定が追加されています。これにより、iOS版Twitterアプリが蓄積したキャッシュを削除することがようやく可能となり、iPhoneのストレージ容量を節約しやすくなりました。今回のキャッシュ削除機能の追加により、キャッシュ削除のためだけにアプリ本体をアンインストールする必要がなくなったわけです。

iPhoneの容量が不足した時、空きを効果的に増やす方法

Twitter:ストレージ設定でキャッシュ削除

「データ利用の設定」に「ストレージ」の項目が追加された

ストレージ設定は、[プロフィール]→[設定(歯車アイコン)]→[設定]→[データ利用の設定]から変更できます。ストレージから削除できるキャッシュは、大きく分けて「メディアストレージ」と「ウェブサイトストレージ」の2種類。「データ利用の設定」画面では、各保存データのサイズを確認でき、[メディアストレージ]か[ウェブサイトストレージ]をタップすると、それぞれのキャッシュデータを削除できる画面に移動します。

Twitter:ストレージ設定でキャッシュ削除Twitter:ストレージ設定でキャッシュ削除

左:メディアストレージ右:ウェブサイトストレージ

「メディアストレージ」画面では、画像やGIF画像、Vine動画などのデータを削除できます。[メディアストレージを削除]をタップして、もう一度[メディアストレージを削除]をタップすれば、保存データが削除されます。

「ウェブサイトストレージ」画面では、[ウェブページストレージを削除]か、Cookieや保存済みのログイン情報なども削除できる[すべてのウェブサイトストレージを削除]のいずれかを選択可能。メニューでは明示されていませんが、おそらく前者の[ウェブページストレージを削除]では、ユーザーのデバイスにキャッシュされている画像やCSSファイル、JSファイルなどを削除できるものと思われます。

最新バージョン(6.73.1)にアップデート当初、筆者の環境では、設定画面が下記画像のように表示されていました。記事執筆時点では前述したUIにサーバーサイドで変更されています。

Twitter:ストレージ設定でキャッシュ削除

Twitter:ストレージ設定でキャッシュ削除Twitter:ストレージ設定でキャッシュ削除

なお、記事掲載時点ではAndroid版に同様のアップデートは配信されていません。

追記(2017年3月9日10時48分):Android OSではアプリごとにキャッシュを削除する方法が利用できます。

Androidスマホの空き容量不足を解消する基本テク──キャッシュ消去、アプリ・写真・動画・音楽の移動・削除、SDカード追加などで内部ストレージを空ける方法