Twitter、リスト追加時の通知を廃止すると発表するも2時間で撤回

2017-02-14 12:17

Twitter

Twitterは2017年2月14日6時2分(日本時間)、自分のアカウントが他のユーザーによってリストに追加されたときに通知する機能を廃止することを発表しましたが、8時18分に撤回しました。

「重要な通知を受け取ってほしい」としてリスト被追加時の通知を廃止すると発表

当初、日本公式アカウント(@TwitterJP)は「皆さんからのご意見をもとに」変更を実施したことを告知していました。ところが、発表から約2時間で新仕様を差し止めると発表。差し止めの原因は、ユーザからの反発の声が大きかったことにあるとみられ、@TwitterJPは「たくさんのご意見をありがとうございます」とツイートしています。

「間違っていた」として変更をロールバックすると発表

公式アカウントは明言していませんが、今回の仕様変更の目的はリスト追加を利用した嫌がらせの阻止にあるものと思われます。しかし、新仕様によってリスト追加が通知されなくなると、嫌がらせのためにリストに追加されたことを被害者側で認識できず、攻撃に対応しづらくなるなど、副作用も発生します。

Twitterは最近、嫌がらせ対策に注力中。直近では、アカウントを永久凍結されたユーザーはアカウントを新規作成できなくしたほか、ブロックないしミュートしたユーザーのツイートを検索結果に表示しないセーフサーチ機能を導入するなどして嫌がらせ対策を進めていたところでした。

Twitter、3つの新機能を発表 嫌がらせアカウント作成の抑止など