【Google翻訳アプリ】カメラをかざして日本語・英語間でリアルタイム翻訳する方法

2017-01-25 17:40

「Google翻訳」アプリ、カメラをかざして日本語と英語でのリアルタイム翻訳が可能に

「Google翻訳」アプリ(iOS版バージョン5.5.0/Android版バージョン5.7.0以降)では、リアルタイムのカメラ翻訳で英語と日本語の間の翻訳がおこなえるようになっています。

海外旅行に必携、「Google翻訳」アプリの使い方──音声入力から画像、手書き、リアルタイムのカメラ翻訳まで

リアルタイムカメラ翻訳は、カメラで写したテキストを認識して瞬時に画面上で翻訳してくれる機能です。2015年1月に実装され、当初は英語とフランス語・ドイツ語・イタリア語・ポルトガル語・ロシア語・スペイン語との間でのみ利用可能でしたが、ついに日本語と英語の間の翻訳にも対応しました。

Google リアルタイムカメラ翻訳 日本語 英語Google リアルタイムカメラ翻訳 日本語 英語

利用にはまず、Google翻訳アプリで日本語データをダウンロードします。

その後、翻訳画面の左下にあるカメラアイコンをタップし、起動したカメラ画面上で目のアイコン(インスタント設定)をオンにします。オンになるとアイコンが緑色になります。

Google リアルタイムカメラ翻訳 日本語 英語Google リアルタイムカメラ翻訳 日本語 英語

[ここにテキストを合わせます]という表示に翻訳したい部分を合わせると、英語から日本語へ、または日本語から英語へと、カメラ上でどちらも即時の翻訳がおこなわれます。

翻訳スピードは非常に速いものの、その精度はまだそれほど高いとはいえない印象ですが、長めの文章より看板や標識、メニューなどの単語や短文を翻訳したい場合、たとえば海外旅行などでは大いに役立ちそうです。

Google翻訳アプリには日本語でもニューラルネットワークに基づくニューラル機械翻訳(Neural Machine Translation:NMT)が採用されていますが、リアルタイムカメラ翻訳に現時点で適用されているかは不明です。