LINE、グループでビデオ通話が可能に 一度に4人まで顔を映して話せる

2016-12-14 16:15

LINE、グループでビデオ通話が可能に 4人まで顔を映して話せる

LINEではグループトークや複数人トークのメンバーと同時に話すことができる無料の「グループ通話」がおこなえますが、これに相手の顔を見ながら話せる「グループビデオ通話」機能が追加されました。LINEアプリのバージョン6.9.1以降で利用でき、12月14日から15日かけて全ユーザーへ順次提供されていきます。

グループビデオ通話には最大200人まで同時に参加でき、画面には自分を含めて一度に最大4人までの顔を映しながら会話できます。通話中は6種類の顔認識エフェクトで喜怒哀楽を表現できたり、カメラアプリのような4種類のフィルター機能で画面の雰囲気を変えたりすることも可能。利用は無料です。

LINE グループビデオ通話LINE グループビデオ通話

グループビデオ通話のかけ方は、LINEのグループトークないし複数人トーク画面上部にある電話ボタンをタップするとメニューが表示されるので、[ビデオ通話]をタップするだけです。

友だちが電話に応答するごとに、映像が画面上に表示されていきます。5人目からは右側に丸いアイコンでプロフィール写真が表示されるので、大きく表示させたい場合はこれをドラッグ・ドロップすることで入れ替えることも可能です。

LINE グループビデオ通話

グループビデオ通話中に画面下部にある顔アイコンをタップすると、6種類のエフェクトが選択できるようになります。いずれかをタップすれば自分の顔が認識され、汗をかいたり涙が流れたりといったように感情を表現することができます。

便利な機能ですが通信量はそれなりに消費しそうなので、Wi-Fi接続による利用がおすすめです。グループビデオ通話は、今後PC(パソコン)版LINEにも対応する予定となっています。