グーグルのスマホ電子決済「Android Pay」が今秋にも日本で提供へ

2016-08-31 17:17

グーグルのスマホ電子決済「Android Pay」が今秋にも日本で提供へ

Googleが海外で2015年から展開しているスマホ決済サービス「Android Pay」(アンドロイドペイ)が今秋にも日本に上陸すると、日本経済新聞が報じています。

複数の関係者の話として、Googleが三菱UFJフィナンシャルグループ(MUFG)と組んで国内でのサービス提供をおこなう予定であることが伝えられており、まずは三菱東京UFJ銀行が発行するデビットカードに対応します。Googleは他の金融機関にも採用を呼びかけるほか、JR東日本(Suica)やNTTドコモ(iD)、楽天(Edy)らと読み取り機などのシステムの相互利用について協議中としています。

Android PayはAndroidプラットフォーム向けのNFC決済サービスで、NFCを搭載したAndroidスマホなどを店頭に設置された端末にかざして決済します。クレジット/デビットカードのほかにもストアカードやギフトカードにも対応し、、ポイントカードとして使うことも可能です。対応機種はAndroid 4.4以上を搭載したスマートフォンです。

スマホ決済を巡っては、アップルのApple Payも日本でのサービス開始の準備を進めているとみられており、国内勢とも合わせて、一気に競争が加速することになりそうです。

アプリ「Android Pay」をダウンロード
Android Pay