LINEがアップデート、8つの新機能と変更点(iOS/Android バージョン6.4.0)

2016-06-27 22:06

LINE

LINE(iOS/Android)がバージョン6.4.0にアップデートされました。複数の新機能が追加されたほか、LINE Payのパスワードなどに関する変更が実施されています。Android版LINEは6月23日、iOS版LINEは本日アップデートされました。

iOS版LINEとAndroid版LINEとでは、同一バージョンながらアップデート内容が異なっています。合わせて紹介します。

1. トーク履歴のiCloudバックアップ・復元機能を追加(iOSのみ)

PCでiTunesを使えないというLINEユーザーにとって待望の新機能が、iCloudを利用したトーク履歴のバックアップ・復元機能です。アップルのサーバーにLINEのトーク履歴を保存しておくことで、PCなしでも機種変更時のトーク履歴引き継ぎを可能とします。

また、iPhoneの内部ストレージにトーク履歴をバックアップするわけではないので、端末の紛失・盗難・故障時でも新端末でLINEにログインできれば、従前のトーク履歴を復元できます。

iPhone版LINE:トーク履歴のiCloudバックアップiPhone版LINE:トーク履歴のiCloudバックアップ

[設定(歯車アイコン)]→[トーク・通話]→[トークのバックアップ]→[今すぐバックアップ]

バックアップ手順は非常に簡単。iPhoneの設定でiCloud Driveがオンになっていれば、すぐにバックアップを実行できます。

新しくLINEをインストールした場合にiCloudバックアップからトーク履歴を復元するのも迷うところはありません。メールアドレスとパスワード、電話番号認証などを経てLINEアカウントにログインすれば、トーク履歴を復元するメニューが表示されるようになっています。

機種変更時にLINEのトーク履歴を引き継ぎ、元通りに復元する方法(iPhone・Android対応)

2. 指定したトークをトークリストの最上段に表示するピン機能(iOSのみ)

これまでトークリスト上で個々のトークを並び替えることはでき、その基準は受信時間と未読メッセージ、お気に入りの3パターンでした。しかし、特定のトークを常に最上部に固定表示することはできませんでした。

LINEで便利な3つの並び替えテクニック、トーク・友だちリストとLINEスタンプを使いやすくする

今回追加されたピン機能では、指定したトークをトークリスト最上段に固定して表示可能。ピン留めするには、トークリストでトークを右スワイプすると現れるピンボタンをタップするだけでOKです。

iPhone版LINE:ピン機能iPhone版LINE:ピン機能

また、複数のトークをピン留め可能で、ピン留めした複数トークは選択している並び替え基準に応じて自動的に並び替えられます。

3. トークリスト上で「既読」処理と「通知」のオン/オフが可能に(iOSのみ)

わざわざトークを開かずに各種操作をおこなえる仕様が強化されました。具体的には、トークリスト上で未読メッセージに「既読」をつけられるようになったほか、トーク「通知」のオン/オフを切り替えることも可能になっています。

iPhone版LINE:既読処理iPhone版LINE:通知オン/オフ

左右のスワイプ操作でメニューを表示できる。

既読処理については、読む必要を感じない公式アカウントからの未読メッセージが溜まってきた場合に、トークリスト上で素早く既読処理していくような使い方が想定されます。

LINEで「既読」をつけない8つの方法【iPhone・Android・PC対応】

4. 他のアプリからLINEにオリジナル画質の写真を転送可能に(iOSのみ)

iOS標準の写真アプリなど他のアプリからLINEに写真を共有する際、写真転送時にオリジナル画質のまま写真を送れるようになりました。ただし、20MBを超える写真または非常に高画質の写真は標準画質で送信されます。

iPhone版LINE:外部アプリからオリジナル画質で写真送信

ちなみにLINE内におけるオリジナル画質の写真送信は、先日のアップデートで可能になっています。

LINEで写真を高画質のまま送る方法、受信した画像はオリジナルサイズで保存可能

5. 他のアプリからLINEに転送する動画が圧縮されるように(iOSのみ)

他のアプリからLINEに動画を転送するとき、動画が圧縮されて送信されるようになりました。

iPhone版LINE:外部アプリから転送する動画を圧縮

動画を選択すると「変換中」となる。

6. LINE Payのパスワードを7桁から6桁に変更(iOS/Android共通)

LINEの決済サービス「LINE Pay」のパスワードが7桁から6桁に変更されました。既にLINE Payを利用しているユーザーの場合、設定済みのパスワードを変更するときに6桁への変更が適用されます。

7. アプリ内ブラウザを追加(Androidのみ)

Android版LINEで外部リンクを開く際のブラウザがアプリ内ブラウザに変更されました。これまではChromeなどのブラウザで外部サイトを閲覧する仕組みでした。

アプリ内ブラウザが採用されたことで、ブラウザからLINEへの共有やKeepへの保存などが容易になっています。

Android版LINE:アプリ内ブラウザ

右上のLINEアイコンをタップすれば、トークとタイムラインに共有できる。縦3点のメニューからは、リンクコピーやシェアなどが可能。

8. トークルームとタイムラインにおける動画送信・投稿をLINE内で完結できるように(Androidのみ)

従来、Android版LINEでトークルームとタイムラインに動画を送信・投稿しようとすると、写真送信時と異なり、他のギャラリーアプリなどを利用する必要がありました。これが改められ、写真送信と同様にLINEアプリ内で動画送信・投稿を完結できるようになりました。

Android版LINE:動画送信・投稿

LINEで便利な9つの小技(無料電話・お気に入り順に並び替え・名前変更など)